開星SSHとは

キミのヒラメキで未来を開け!

開星では科学を通じて、社会の発展に役立つ子どもたちを
育てていきたいと考えています。

宇宙のこと、生命のこと、すべてを創り出す原子のこと、
生活を支える情報科学のことなどをより深くそして楽しく学び、
理解する場を提供します。

こうしたことを学びながら、たくさんの発見をし、
新たなチャレンジをしてみませんか?

開星独自の教育プログラムでキミの発見をサポートします!
さあ、キミのヒラメキで未来を開け!

道徳観を育てる

開星では、道徳をすべての教育の基本だと考えています。

21世紀を生きるキミたちには、科学技術をより良い方向へ導く道徳観が、なくてはならないものなのです。

開星の「7つの習慣J(中1〜中3)」と「チャートK(中3〜高1)」の授業で、キミたちの未来がかがやきます。

より良い人生を目指しましょう!

(中高一貫コースのみの授業です)

新しい形の授業「科学探究」

つくる力、つながる力、もちこたえる力、この3つの力すべてを育てる、全く新しい形の挑戦。

教科書はありません。テストもありません(高1の各学期の期末のみ実施)。
キミたちに必要なのは「好奇心」と「向上心」だけ。

高校2年生からは「課題研究」が始まるよ。キミたちだけが興味を持ち、キミたちだけが考えて、キミたちだけが発見する、まったく新しいこと。

さあ、いっしょに新しい何かを見つけ出そう。すばらしい何かを創り出そう。

(中高一貫コースと特別進学コースの授業です。「課題研究」は理系選択者のみが実施する予定です)

社会科と科学のコラボレーション

「ものづくり」では、本気の失敗が体験できる。
「ものづくり」から、社会貢献が見えてくる。
「ものづくり」には、たくさんのたくさんの大切な学びがある。

開星中学校の生徒が一致団結して起業(会社をつくる!)します。そして、「ものづくり」をテーマに、お金をもらうことの意味を考えます。

開星で「道徳」と「科学(ものづくり)」と「企業活動」がひとつになった授業を体験しよう。

さあ、キミたちだけの商品を創り出そう。

(開星中学校の企画です。中高一貫コース高校1年生は単独で起業します)

コミュニケーションは、学べる「CM」

新しいことを見つけることと同じくらい大切なこと、それはその発見を「伝える」こと。

相手に自分の意見を届ける「方法(メソッド)」があります。それを勉強するのがコミュニケーションメソッドの授業。

自分の意見を、会話して、書いて、発表して相手に伝えます。それも日本語と英語で。

さあ、伝え合おう。

(中高一貫コースの授業です。特別進学コースは高校1年次に受講します)

いろいろな所へ行ってみよう

科学って自然界の法則を見つけ出すこと。
だったら教室だけで勉強してちゃダメだよね。

大自然の中へ、最先端の研究施設へ、大学へ行って科学の現場を見てみよう。

開星では本物に出会うことができる。

さあ、教室を飛び出そう!

学んだことを役立てよう

開星では、このSSH事業で得られた経験を積極的に地域の小中学生、一般の方々に伝えていこうと思います。

科学技術は誰にも等しく平等です。
すべての人に、科学技術へ触れる機会を作ります。

開星の生徒にとっても、自分の学んでいることを伝えるチャンスです。

さあ、科学への好奇心でつながろう!

(サマーチャレンジ、宇宙教室 in KAISEI、生徒研究発表会等を企画しています)