開星高等学校同窓会会則(松江洋裁女学校・松江高等実践女学校・松江家政高等学校・松江第一高等学校)

第一条
本会は、開星高等学校卒業生及び修了生をもって組織し、同校職員及び旧職員を客員とする。

第二条
本会は、開星高等学校同窓会と称し、事務所を校内に置く。

第三条
本会は、会員の希望により地区別に支部を置くことが出来る。

第四条
本会は、母校を中心として会員相互の親睦を深め知徳の修練につとめ、母校の発展に寄与することを以って目的とする。

第五条
前条の目的の下に次の事業を行う。

  1. 母校の教育活動に対する協力援助
  2. 研究会
  3. その他の必要事業

第六条
本会に、次の役員を置き、会務を処理する。

  1. 会長1名・副会長2・理事長1名・理事若干名・監事2名
    委員(以前の各地区別代表・各学級別代表)各学級毎 若干名
    会計 2名・書記 2名
  2. 役員の任期は三カ年とする。
  3. 役員会において承認された場合は顧問を置くことができる。

第七条
会長は、本会を代表し、一切の会務を総括する。

第八条
会長、副会長、理事長は役員会で選挙し、理事、監事、会計、書記は会員中より選出し、会長之を委託し、委員会並びに総会に報告して承認を得るものとする。

第九条
本会は、次の会議をもつ。
総会、役員会、委員会

第十条
総会は、全会員をもって構成し、三年に一回開催する。
下記の事項を審議し、会合の議決は出席会員の過半数を以って之を決める。

  1. 会則の改正及び変更
  2. 役員会及び委員会からの報告事項

会則による役員の選出

第十一条
役員会は一年に一回会長之を召集する。

第十二条
理事会は、会長、副会長、理事を以って構成し、役員会で決定した事項及び第五条に定めた事業を企画執行する。

第十三条
本会の経費は下記を以って充てる。

  1. 正会員入会費……千円
  2. 寄付金
  3. その他の収入

第十四条
会計は役員会及び総会に報告し、承認を得るものとする。
(平成6年4月1日 改正)

同窓会に戻る >>

開星ブログ