KAISEIブログ - 20210614のエントリ


昨日、梅雨の天候らしく朝から雨交じりでしたが、本校で今年度は初めてとなる中学校説明会を実施し、多くの児童と保護の皆さまをお迎えいたしました。演台から皆様の様子を拝見して、本当に熱心に聴いてくださったのが印象に残りました。


とくに今回、強調したのが開星中学・高校で展開している「探究」の授業と活動について。「世の中にはたった一つの答しかない問題と、多様な答えがありより良い回答を求めて探究するべき問題がある」という理屈っぽい説明で、開星中学の入試のことと、歴史の事例を例にとってみました。「なぜ、開星中学には入試があるの?」というのは、実際に先週、私が生徒たちから質問を受けた問いになります。また歴史については江戸幕府を例にとって。こうした問いから、社会や歴史への興味や関心が広がっていくと良いですね。


続いて今回は、今年度から本校が導入を検討している「探究型入試」の模擬試験を実施しました。田中先生が用意した「謎の黒い箱の中身?」を尋ねる演習問題では、皆さん一生懸命に取り組んでいました。箱の中に球が1個入っていて、転がしながら中の形状を突き止めるというもの。アンケートにも、多くの人が「入試が興味深かった、箱の中身を知りたかった」と書いてくれていましたので、実際の入試ではこうした楽しめる問題を用意したいと思います。


田中先生による「開星中学は23の小学校から41人の生徒が来ていて、さらに高校は日本中から集まってくる多様性が特徴です」という説明を聞いて、私もなるほどと感じ入りました。パンフレットを手にしながら「みんなが一番多くの時間を過ごす授業で、教科の枠を超えた豊かな知見を広げる体験をしてほしい」ということ。「一緒に授業を開発している、島根大学や島根県立大学の先生からも、メッセージが書かれているので読んでください」とも話していましたが、皆さんの開星中学に対する興味が深まったことを願っています。

※「江戸幕府をだれが作ったのか?」という問題では、徳川家康と答えたいところですが、もう少し別の答えもありそうですね。一人の力で幕府を作ることはできませんから。さあ、どんな答えがあるでしょうか?

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1146)

一昨日の中学校説明会で、中学校の生徒会が活気があるとお話しました。そこで先月開かれた、中学校と高校それぞれの生徒総会の様子をご紹介します。本校の生徒総会は、私自身が初めてだったので、たいへん興味深かったのですが、残念ながら高校の時間帯には来客と重なって見られません。しかし中学校の総会は、参観することができました。恩田先生が撮影してくれた写真をもとに、こちらで再現いたします。どうですか、生徒諸君の白熱した雰囲気が伝わってきませんか?


会合は数人単位のグループに分かれて、学校に対する要望を話し合います。そして代表者がチームの意見を伝え、生徒会役員が答えていくという形式。「休み時間を長くしてほしい」というのは「さもありなん」ですが「ご飯を食べる時間と、昼休みの時間を区別してほしい」とは、なかなかの作戦。一見、まっとうな要求に見えますが、めいっぱい時間をかけて食事する生徒があらわれそうですね。実は私が高校時代、誰よりも時間をかけてご飯を食べるクチで、気がついたら休み時間が終わるという毎日でした〜食が細いのではなく、友だちと食べる時間が楽しかったのです。また、購買で売ってほしいものとしては「文房具やCD、スマホ、カレーパン、バナナ、アイスクリーム」など、一貫性はありませんね。本校では「起業家スクール」を行っているので、いっそのこと校内マーケティングをして開業してみては? 数年前、勤務していた千葉県の公立中学校の生徒総会と比較すると、かなり自由に意見が取り交わされていたように感じました。これからも生徒会が中心になって、元気に学校を盛りあげていってください。。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1092)

ブログ カレンダー

« « 2021 6月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

カテゴリ一覧

アーカイブ