KAISEIブログ - 20210424のエントリ


昨日、鹿島体育館で行われた女子バレーボール・春季大会の応援に行ってまいりました。私が体育館に着いたときは第2セットが始まった直後、スコアは2対2となっています。「どちらが第1セットを取ったのかな?」と考える間もなく、 今年から、バレー部のコーチを務めてる森山さんが駆けつけてくれました。


「第1セット取りました。とても良いゲームをしています!」と、森山さんは声を弾ませます。残念ながら、第1試合に敗れたことは、顧問の三島先生からメールを受けていました。「前の試合も、シード校相手に、一方的な試合ではなかったです。つないで守る、開星の特徴を生かした粘り強い守りも見られて、とても いいゲームでした」と、森山さんは新チームのポテンシャルを感じている様子。


何しろ森山さんは、本校バレー部OGにして、全国大会の「春高バレー」にエースアタッカーとして出場経験があるのです。開星部員がコートで弾む姿をスタンドで見守っていましたが、ご自身の高校時代を重ね合わせていたでしょうか。ぜひとも、開星バレーの強力なDNAを後輩に授けてください。その森山さんを育てた監督の井上先生は、三島先生と藤沢先生ともどもベンチで声をあげていたので、部員たちも心強かったことでしょう。


私が見始めてからは、激しい点の取り合いになりましたが、徐々に開星が優位に立ちます。中盤からは、攻守に新入生も含めた開星シックスの歯車がかみ合い始め、そのまま見事にストレート勝ちを収めました。3年生最後の総体に向けて、この勝利は貴重な1勝になったのではないでしょうか。三島先生から「校長先生が来られた時はいつも勝ちますね!」と喜んでもらいましたが、そうです。これで、秋に続いて2連勝! 部員たちとともに、連勝街道を走りたいと思います。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (843)

ブログ カレンダー

« « 2021 4月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

カテゴリ一覧

アーカイブ