KAISEIブログ - 202102のエントリ


卒業式が今週末と迫ってきて、高校3年生にとってはいよいよカウントダウンに入った感じでしょうか。このところ、入試の合格発表が伝わってきたり、今日は直接、報告に来てくれる生徒もいました。それぞれ、新しい目標に向けての歩みを始めながら、最後の締めくくりの時を待っているといったところでしょうか。


さて先日、主がいなくなった北校舎に足を踏み入れた時、見慣れないポスターが掲示されているのに気づきました。近寄ってみると「投票をお願いします」との呼びかけとともに、投票袋も設置されています。どうやら掲示されている作品の評価をして、順位を決めるのでしょう。さっそく作品を読み込み、職員室で投票カードをもらって、私も一票を投じてきました。


そして私が写真を撮っている時、通りかかったK先生が目を細めて、次のような話を聞かせてくれました。「この作品のここ、ご覧ください。私が1年生の時に道徳の授業で話した”杉原千畝”について書かれているのです。その授業を覚えていてくれたのかどうかはわかりませんが、嬉しいですね」と。さて、先生の喜びがさらに高まる投票結果となるでしょうか。また先日お伝えした俳画作品・後半の部の評価も終わりましたので、こちらも卒業式前に表彰したいと思います。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1027)

昨日は 臨時PTA理事会を行いました。 今年度はコロナ禍のために、PTAの皆様にお集まりいただく機会を、作ることができませんでした。しかし先般、永原会長と打ち合わせをした際に、一度はお顔合わせをさせていただきたいということで、卒業式前に開催する運びとなったのです。せっかくおいでいただくのですから、何か思い出に残ることはできないだろうか、と思い企画したのが吹奏楽部の歓迎演奏。顧問の松浦教頭が快く部員の気持ちをまとめ、生徒たちの演奏を聴くことができました。


前日までは学年末試験。練習する時間がごく限られていたのですが、朝早くからリハーサルをするなど、一生懸命取り組んでくれました。ブランクを感じさせない息の合ったアンサンブルに、PTA理事の皆さまも、うっとりと聴き入られたのではないでしょうか。次は卒業式での演奏披露となりますが、頑張ってください。


総会では私の方から、昨年末に実施したスマホアンケートの結果と、高校3年生と1年生対象に行った研修を再現し、 お聞きいただきました。皆さま、お子様のスマホに活用については関心があるということでしたので、これからのご家庭での向き合い方にお役立ていただければ幸いです。


また最後に、1月から本校で勤務している塚田 先生から、中学校硬式野球部の発足および100周年記念事業の委員長としての挨拶をさせていただきました。たまたま、野球部に入部を予定している小学生の皆さんが、練習のために来ていましたが、きっと4月の入学を待ち望んでいることでしょう。本年度の締めくくりと共に来年度以降へに向けた息遣いをお伝えする、良い機会になったと思います。今年度の活動は少なかったのですがどうもありがとうございました。また来年度もよろしくお願い申し上げます。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1113)

昨日で学年末テストが終わりました。放課後、生徒の様子を見ると、解放感が伝わってきます。1年の締めくくり、特別な思いもあることでしょう。新年度はコロナ問題も落ち着いて、日常が戻ってくると良いですね。

試験が終わった午後には、理科の伊藤先生と武道館を訪ねました。実は来年の4月から、伊藤先生が弓道同好会を立ち上げる準備をしているのです。ただ在校生をはじめ、来年度の入学希望者の方々にはまだご案内をしてきていません。そこで最初は同好会の形でスタートし、まずは入会希望者を募って、やがて部として発展させていくのが伊藤先生の計画です。


同好会の練習場としてお世話になる武道館では、下諸館長にご挨拶をしてまいりました。実は伊藤先生とは旧知の間柄。伊藤先生の弟さんが中学校時代、剣道部の顧問を努めていらしたのが、下諸館長なのです。剣道の達人であられる下諸館長は、武道愛好者が増えることをたいへん喜んでくださり、伊藤先生を励ましてくださいました。館長が鹿児島ご出身と伺ったので、思わず私の口をついたのが「『薩南示現流』の本を読みました!」という言葉。すると下諸館長は、奥の本棚から1冊を抜き取られ「この本ですね、津本陽が書いた小説は、ほとんど読んでいます。この人も、剣の達人なのですよね」と、話が盛り上がりました。こうして準備段階で、すでに温かい協力もいただき、幸先の良いスタート。ほとんどの生徒が、同じスタートラインから始められる同好会です。関心がある人は、ぜひ、伊藤先生に話を聞いてみてください。きっと、優しく教えてくれますよ。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1107)

昨朝の大雪には、生徒だけでなく教員も交通渋滞に巻き込まれるなど、多少の混乱が見られました。それでも9時過ぎには「全員がそろいました!」ということで、学年末試験も無事に進められてひと安心。追試などの不規則対応になると、生徒もたいへんですから何よりでした。時には雪が激しく降りしきる時間帯もあった中、遅れてはいけないと学校を目指して登校してきたのでしょう。そうした努力も、結果につながることを願っています。


さて、生徒の登校を案じて教員が校舎の内外を行ったり来たりする中、凍(い)てつく空気が緩む場面がありました。それはある男性からいただいた感謝の気持ち。「通勤途上、車が雪に埋まって立ち往生して困っていたところ、こちらの生徒さんたちが後ろから押して脱出できました。本当にありがとうございました。お礼をお伝えください」ということで、雪が降りしきる中、大きなお菓子の包みを手に、わざわざ来てくださったのです。ほどなく当該生徒がわかったので、終礼後に集まってもらいました。


1年生と2年生の男女数名、浜屋先生が男性に成り代わってお礼の気持ちを伝えます。「私自身もドライバーだからわかりますが、こうした困った時に手を差し伸べてもらえると、本当に嬉しいものです」と。この場に同席した倉掛先生も、深くうなずいていました。そして奥ゆかしいのは男子生徒たち。一つふたつ、お菓子を手に教室を退出すると、箱にはまだたくさん残っています。そこへ現れたのは、2人の女子生徒の担任をしている古津先生。「先生もどうぞ〜」と気前よくお裾分けをしていましたが、どこまでも心優しい生徒たちでした。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1003)
昨日から降り続いた雪は夜中も止まず、私が住む松江市の橋北も、深い積雪になっています。今日も朝から、雪が降り続く予報が出ており、昨朝のようにJRの運行などにも影響が出るのでしょうか。明日まで学年末試験がありますので、登下校に不自由が出ている生徒には、本当に気の毒です。何かあれば学校ホームページで連絡をしますので、確認をしてください。そのテスト勉強について、昨日ご紹介したスマホアンケートの中にあった、印象的な記述を再び紹介します。「今はテスト期間中なのであまり使わないようにしているけれど、テストが終わったらまずは1日3時間にして、どんどん下げていきたい」。あるいは「スマホがなければ、僕は今とどれだけ成績が違ったのかをたまに想像することがあるが、そんなことを考えるよりも、自分の使用時間、内容を見直す必要があると強く感じた。他人事だと思わずに、自分とスマホとの向き合い方を考えていきたい」。


いずれも、私は書いた男子生徒のことを知りませんが、今回のテストではどうだったのかな? と思っていたところに、田中先生から「生徒台帳」の存在を知らされました。私が以前、こちらのブログで「前任校では、写真付きの台帳で生徒の顔を確認しながら、諸活動を見ていた」ということを、覚えていてくれたのです。こうした”虎の巻”があると、ぐっと親近感がわいてきますね。2人の悩みが、いっそう現実感と切実感を伴って伝わってきて「がんばれよ!」と、思わず写真に向かって声をかけたくなります。大人でも、油断すると依存症の危険があるほど、取り扱いが難しいスマホのこと。自分なりの工夫と、意志の力をもって、本来の目標に向かってほしいです。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1081)

ブログ カレンダー

« « 2021 2月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 1 2 3 4 5 6

カテゴリ一覧

アーカイブ