KAISEIブログ - 202012のエントリ


年も押し詰まりましたが、昨日は本校公式の説明会としては最後の「高校説明会」を開催いたしました。ちょうど冬休みに入ったところでしょうが、熱心な中学生がたくさん来校くださり、嬉しく思っています。これから受験勉強の追い込みに入る時期でしょうが、とりわけ今年は体調管理には気をつけて、万全の体調で試験に臨んでください。


そしてその後、来年4月から始まる中学校の硬式野球部の説明をさせていただく機会を持ちました。部を開設する公式発表をしたのが10月のことですので、こうして何度か個別にご説明する機会も設けています。今回は塚田新監督ともオンラインでつなぎ、監督としてチーム作りの考え方も話してもらいました。印象に残ったのは、まずは硬式ボールに慣れて、対応するための身体づくりを最優先するということ。決して焦ったりせず、ケガの防止を最優先にするという考えのようです。


さらに3年先とともに、高校卒業後の6年先を見ての育成方法。より上を目指すプレーヤーの心構えなど、私自身も詳しく聞きたい内容ばかりでした。1月10日の講演会では、アスリートにとっての貴重な助言がたくさん聞けるでしょうから、ふるってご参加ください。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2585)

昨日から学校は冬休みに入り、校内も閑散としています。そうした中、今日は最後の高校説明会。中学生の皆さんをお迎えして、活動している部などは、また違った活気が流れることでしょう。


さて一昨日の終業式の日、校内を歩いて回りましたが、2学期の終業式の日は1年でも特別な空気が流れているように思います。クリスマスイブの前でもあり、年末年始に向けての高揚感とでもいうのでしょうか。1学期の終業式は、多くの部活動にとって3年生最後の大会やコンクールを控え、張り詰めた緊張感。3学期は新学期に向けた躍動感があり、全く異なる感じがするのです。もちろん、不在だった部の中で、例えば柔道部などは全国予選を控えて別の場で練習に打ち込んでいるのでしょう。それぞれの次の目標に向けて、着々と準備が進んでいることは疑いありません。


そうした中、特別感が漂っていたのが、新体操部でした。たまたま教室の前を通りかかった時、伊藤先生から「新体操部のクリスマス会が始まりますよ!」と声をかけられ、遠慮しながら扉を開けてみたのです。すると千葉先生と平野コーチから優しく迎えられ、中高(小も)入り混じっての演芸合戦? を見せてもらう幸運に恵まれたのです。写真掲載は最小限に留めますが、本職とは打って変わった爆笑演技の連続。楽しい年の締めくくりができました。「来年は新体操の演技を!」という言葉、心から楽しみにしています。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2815)

2学期の終業式、今年はコロナの問題で学校も特別な1年となりました。最後の行事にあたる終業式も、ABCホールに集合した高校1年生以外はYou tubeで各クラスに配信。全く体験したことがない年の締めくくりです。そんな異例づくめの年でしたが、各部活動が成果をあげたり、音楽祭や球技大会など心に残る学校行事も執り行われました。いろいろと不自由はあったことでしょうが、幸いにも大きな事故もなく年末を迎えられたのは、生徒諸君の努力と先生方の指導の賜物です。


終業式では、こちらのブログのスライドを使いながら、2学期の活動を振り返りました。私にとっても忘れられない場面も少なくなく、改めて学校は日々、生徒の未来に向けて息づいている場であることを思います。終業式の後、校内を歩きながら活動風景を見て回りました。貴重な映像も収めましたので、またご紹介いたします。明日は最後の高校説明会がありますが、今後とも本校を目指す小中学生にアピールできる話題を、どんどん提供してください!

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2700)

いよいよ今日は2学期終業式。「もう…」「やっと…」と、時間の感覚は人それぞれでしょう。私としては、前者の「もう…」。9月末に松江に来て以来、目まぐるしく日々が過ぎ、新しい場所への訪問。そして新しい人との出会いと、新鮮な感激の連続です。部活の大会は制限があるものの、生徒の活動に触れる機会も増える中、今日は初めて中学・高校の全校生徒に対して話をいたします。大多和理事長・校長が不在のため、終業式の挨拶をすることになりました。とはいえ、対面するのは高校1年生。あとはオンラインで配信ということで不自由は続きますが、学校としての2020年を締めくくりたいと思います。


そして新年早々、本校卒業生で4月から開星中学野球部の監督を務める塚田氏による講演会を企画しました。大学野球、プロ野球の世界で豊富な経験を積んできた塚田氏のお話は、野球だけでなく、あらゆるスポーツに取り組む少年少女に役に立つことでしょう。ぜひとも、ふるってご参加ください。

●本校広報の発表内容

本校卒業生(平成6年卒)で、甲子園にも出場した経験を持つ、塚田秀典が開星中学校硬式野球部の監督就任が決定しました。塚田監督は、大阪体育大学卒業後、近鉄バファローズと楽天イーグルスでブルペン捕手を20年近く勤めた実績を持ちます。
プロ野球の世界で多くの選手たちと関わってきた経験を活かし、来年1月から母校開星で中学校硬式野球部の指導に関わります。

この塚田氏の講演会を企画いたしました。
タイトル:お正月特別企画松江の少年アスリートに贈る〜上原投手(元巨人)、則本投手(現楽天)のボールを受けてきた男が語る、伸びる選手の心構え〜
日時:1月10日(日)10:00〜12:00
場所:ABCホール
定員100名・先着順
※保護者、指導者は引率者に限らせていただきます。
※親子でのご参加の場合は、隣席にさせ頂き2名で1名とカウントさせていただきます。
少年アスリートのために、なるべく多くの座席を確保したいと思います。ご協力よろしくお願いします。
申し込み締め切り:1月7日(木)

お申込みはこちらから。
申込みフォーム(クリック!)

【重要】感染症の拡大状況によっては、『中止』の判断をする場合もございます。ご了承ください。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2743)

柔道部の活躍について、下田先生から試合結果の知らせを受けました。以下、転載いたします。

●12月19日
第33回全国高校選手権島根県予選個人戦が有りました。
60kg 優勝🏆 富田 兆(1年)
73kg 優勝🏆 柿木雄翔(1年)
81kg 優勝🏆 南波 魁(1年)
無差別 優勝🏆 藤田拓夢(2年)
5回級に4名が優勝しました。
 その他入賞者は有りました(66kg 3位寺田、73kg 3位布野、81kg 2位船越、3位木村、無差別 2位田窪)
 全国大会はコロナ禍の東京で開催されるので個人戦のみとなります。
現状で本当に開催されるのか?心配ですが、しっかり準備をして臨みたいと思います。
 明日は、団体戦が有りますので未だ喜ぶわけにはいきません。
全国大会は個人戦だけですが、私は明日の団体戦が本命だと思っています。
チーム一丸となって戦いたいと思っています。


●12月20日(日)
第43回全国高校柔道選手権島根県予選団体戦が浜田市の石見武道館で行われました。

 昨日の個人戦に続き、団体戦も当たり前のように勝つ事が使命でした。
 2回戦は、5人残し(明誠)
 準決勝は、4人残し(益田東)
 決勝戦は、2人
残し(平田)
 3年連続 23回目の優勝🏆
最優秀選手は、藤田拓夢(下田が決定)
稽古では目立たないが、試合になると何が違う匂いがする選手です。いつもマイペースでノソノソして良く叱りますが、試合になると別人が降りて来る。多重人格⁉️的な力を出します。
 決勝戦の作戦は、先鋒がミスをして早々と崩れましたが、藤田が焦らず慌てず冷静に最後まで勝ち片付けました。
 全国大会は団体戦は有りませんが、チーム戦は勝っておかないと、来年の春夏に響きます。
 選手に選ばれなかった者、個人戦で力を出し切れなかった者、自己分析できるなかなぁ。
 これからが楽しみです。負けて学ぶものは沢山あります。勝っても もっと上を目指して欲しい。満足したらお終いだ。

 全国高校選手権3月には、4回級に島根県代表として出場します。
また報告します。(吉報だと良いのですけど)頑張ろう!
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2702)

ブログ カレンダー

« « 2020 12月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

カテゴリ一覧

アーカイブ