KAISEIブログ - 201111のエントリ

高3だらけの球技大会

カテゴリ : 
夢実現計画
 
2011/11/30 7:00
12月に校内球技大会が予定されています。競技はバスケットボールです。

いよいよ受験シーズン真っ只中の高校3年生が、その構内球技大会に先駆けて学年球技大会を行いました。

高校3年生だけで、日頃の勉強のストレスや運動不足を解消しました。
そして、受験に向けてクラス一丸となれるようにクラスの団結も強まりました。


楽しそう。


本当に楽しそう。


男子も。


運営は生徒たちが中心で。


応援。
クラスで参加する行事は、次の校内球技大会が高校生活最後。


開星ルール。
「チームファールが一定数を超えると相手の得点」。
フェアプレーが大事。


バスケットボール部員さん、ありがとうございます。


ありがとうございます。


さあ、気持ちを切り替えて、この受験シーズンをクラス全員で、


最後の最後まで自分の夢を諦めずに、がんばってください。


全員が笑って卒業できますように。
悔いを残さず卒業できますように。

高校3年生のみなさん、最後の最後の最後まで、がんばれ。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (13703)
前回の記事はこちら
ブログ記事「ついにきました中学校音楽祭 その1」(Click!)

前回までのあらすじ
「ついに音楽祭シーズンをむかえ、各クラスとも放課後の練習に励んだ。そして本番当日。プラバホールでのリハーサルが始まった!」



リハーサル2組目。
3年生からリハーサル。
入場も美しくするべき。


まっすぐに並ぶべき。
歌う姿勢は揃える方が良い。


すでにリハーサルを終えた3年生のもう一つのクラスが、余裕の見学。
すでに戦い(?)は始まっていた。


中2。
ギターを持つのは担任(中学生ではありません)。
担任の力を借りるのはOK。


なぜ2人?
答えは本番の写真で。


2年生の2クラス目。
服装は揃えるべき。
まさか忘れてないよね、ブレザー。


自由曲の伴奏は生徒。
指揮者と伴奏も表彰されます。


1年生のリハーサル開始。


緊張中。
がんばれ。


中1の2クラス目。


ここも伴奏は生徒。
がんばれ。


1年生がんばれ。


自由曲は各クラスとも工夫をしてもOK。


受付の練習。


最後の打ち合わせ。


司会や裏方を担当するのは生徒会のメンバ。
ありがとう。


いよいよ会場。
緊張! しているのか?

その3に続きます。
その4までの予定。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (13203)
今回のドリカム講話の紹介

昭栄出報 高田 慶 先生に講演をして頂きました。
   
先生は現在の会社に就職するまでの経緯をお話し頂き、自分の経験から進路決定の重要性を教えて頂きました。進路を安易に決めず、よく考えて決めて欲しい。とりあえず入りやすいということだけで学校を選び進学しても、就職する時に困る。将来やりたい事を見つけることも重要だが、自分に何ができるか考えなければいけないとご講演頂きました。

2年生は本格的に進路を決めなければいけない時期に入ってきました。まだまだ将来のことを考えていない生徒も中にはいるかもしれません。先生が言われたように、自分に何ができるか考え、後悔のない進路選びをしてほしいものです。



次は、走るメガネ店 ひらの・松江出雲掃除に学ぶ会 世話人 平野 武志先生です。
   
先生は掃除に学ぶ会に所属。当会ではトイレ掃除に力を入れておられます。なぜ、トイレ掃除なのか、人の嫌がるトイレをきれいにすると、心も美しくなる。人は、いつも見ているものに心も似てくるということで活動をしておられます。そして、今回はトイレ掃除ではありませんが、普段お世話になっている先生の椅子を磨きました。

   
全員外へ出て、椅子磨きスタート!

   
所属している部活の先生の椅子です。力の入れようが違いますね〜。

   
とても光っています。ありがとう。
椅子磨きをしたことで、心磨きもできたのではないでしょうか。


  
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (15109)
今回の生活教養は、でんぷんの濃度と凝固に関する実験。でんぷんの種類による流動性の違いを知ることを目的に行ないました。



実験の内容は
片栗粉・コーンスターチ・水を小鍋に入れ、しゃもじでかき混ぜながら煮て、ガラス容器に移します。でんぷん濃度がそれぞれ1%・5%の条件で作りました。そして、流動性・透明度・舌ざわりの違いを観察しました。


これがサンプルです。透明度がある左2つが片栗粉です。


これは生徒が作ったサンプルです。お湯に粉を入れたため、だまが出来てしまいました。



片栗粉の特性を利用してみたらし団子を作りました。
意外と簡単にできそうな気がしますが、いろんなみたらしができました。


鍋に集まるくらいの濃度



「ミッキーにしてみました!でもかえるみたい」 確かに。


これは餡が流れる瞬間ではありません。これで固まっています。

寒くなったこの時期、あんかけ料理が大活躍しますね。おいしい餡になるように濃度にはご注意を!
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (13897)

高2 模擬裁判始まりました

カテゴリ : 
夢実現計画
 
2011/11/24 7:00
本校の建学の精神は「品性の向上をはかり、社会の発展に役立つ有望な人材を育成する」です。

この具現化のために「ドリカムプラン」があります。

このドリカムプランには、社会構造や社会制度の変化により臨機応変に変化していく企画もあります。

今日からご紹介する「模擬裁判」もそのひとつです。
平成21年度5月より裁判員制度がスタート致しました。20歳以上の日本国民であれば誰でも選ばれる可能性があります。
その裁判員制度についてよく学び、社会人となったときに社会の一員としてしっかりとお役に立てるように学ぶ必要があります。

この企画の最後は「教員が寸劇で模擬裁判を行い、生徒が裁判員となり判決を決める」です。

まずは、裁判員制度と裁判そのもののお勉強。

【問題】次の(  )を埋めなさい。
裁判員候補者になると、指定された日に最寄りの(   )裁判所に行きます。


裁判員制度の啓発用のDVDで勉強します。

【問題】
裁判には、個々の事件について抽選や面接で選ばれた(  )人の裁判員が参加します。


今後の予定。

【問題】
裁判終了後、裁判員は(   )室で話し合いをします。


昨年の模擬裁判のようすをご紹介します。
体育館で教員が寸劇。
これは「罪状認否」の場面。

【最終問題】
裁判員には(   )義務があります。裁判の内容を家族にも話すことはできません。


昨年の生徒の様子。いまの高校3年生。
体育館はちょっと寒い。


弁護士さんにアドバイスして頂きます。


生徒による判決。
自分の考える判決の場所に移動。
けっこう皆厳しい判決。

本日の問題の答えの掲載予定はありません。
がんばって調べてください。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (13224)

ブログ カレンダー

« « 2011 11月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

カテゴリ一覧

アーカイブ