• カテゴリ 水野校長ブログ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

KAISEIブログ - 水野校長ブログカテゴリのエントリ


本校では毎朝、校舎内に設(しつら)えてある天籟(てんらい)の鐘の音とともに、1日が始まります。ゴ〜ンという鐘の音に続き、昨年度までは大多和理事長の講話。今年度からは、私が月曜日、大多和理事長が火曜日、水曜日は教室、木曜日は日替わりで生徒または教員、金曜日は浜屋副校長と松浦校長が交代で、という役割分担で1分間講話をしています。今週の月曜日は、本日の開校記念日を控えて、私は次のような話をいたしま



●一昨日の朝礼より

おはようございます、校長の水野です。明後日は本校の開校記念日です。生活信条に「先人の知恵と伝統を敬い」とありますが、この機会に開星の先輩が築いた伝統を意識してみてはいかがでしょうか。では開星の伝統とは何か。一昨日、柔道の大会会場で監督の下田先生から「あと9勝で創部以来、県で100勝です。1年に4回の大会があるので、再来年に達成したいです」と言われ一歩近づきました。一方で「全然勝てない時期があって、苦しい思いをしました」と、苦笑いをされましたが、開星の柔道部でも悔しさに涙する時期があったというのは驚きでした。そこから苦しい努力の日々を重ね、再び最強軍団になったのですね。この負けても跳ね返す不屈の心は、受け継ぐべき開星の伝統の一つかもしれません。あなたの目の前にも「乗り越えたら良い山」というものが立ち現われるでしょう。それは部活に限らず、勉強や日常の生活の中で日々、出会うはずです。安きに流れると、その山はだんだん低くなっていくに違いありません。伝統は受け継ぐだけでなく、新たに作るものでもあります。柔道部が守り繋いできた伝統の力を、一人一人が自分の山登りにつなげましょう。新しい伝統を作るのは、あなた自身です。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2086)

明後日は、本校の創立記念日になります。昨年はコロナ禍のために、11月に実施いたしました。今年も引き続き感染に気を配りながら、学年を分割しての実施になります。私自身も、開星の歴史を知る機会になりましたので、中高の新入生諸君も、間もなく100年に及ぶ母校の理解を深めてください。


下の写真は、団体戦の星取表です。一回戦、準決勝と試合が終わるたび、下田先生から送っていただいていました。


柔道部の長い歴史の中で、一つひとつ着実に勝利を重ね、もうすぐ県大会100勝を達成しようというのが、昨日ご紹介した柔道部です。多くの柔道家を育ててきたと伺っていますし、たとえば県警などで私たちの暮らしを守ってくださっているOBの方々にも、お目にかかりました。そうした卒業生の実績に支えられ、新入生も含めた部員が伝統をつないでいます。


昨日は前日の団体戦に続き、開星柔道部員が個人戦で活躍しました。1年生ながら決勝に進出して、自分の倍ほどの体重の選手と引き分けた田窪剛共くんと、やはり1年生の森崎くんが優勝。その他、1年生では田添くんと井野川くんが入賞しました。下田先生から速報をいただいたので、結果をご紹介いたします。

◆下田先生より 〜 個人戦の結果

60kg 優勝 田窪(剛) 2位 畝本  3位 富田

66kg 2位 福間

73kg 優勝 森崎    2位 柿木  3位 田添 4位 布野

81kg 優勝 南波    2位 船越        4位 木村

90kg 2位  藤田

100kg 1位 田窪(育) 2位 井野川

以上の結果でした。6階級に20人エントリーして10人が決勝戦(開星同士が4階級)に上がり、4回級優勝でした。中国大会は、団体戦と個人戦14人が出場します。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2171)

昨日、島根県立武道館で開催された「中国高等学校柔道大会島根県予選」の観戦をいたしました。今大会、私は大会役員として役をいただいていたので、開会式に参加をして挨拶をさせていただきました。と言っても、私に柔道の心得があるわけではありません。松江で行われる大会ということで、会場校の代表としての役回りです。


挨拶でも話したのですが、私自身が勤務した5校の高校には、柔道部がありませんでした。 したがって、高校柔道の試合を見るのも実は初めての経験となります。下田先生からは、開星が柔道部を立ち上げて以来29年、毎年ほぼ4回の大会があり、なんと92回の 優勝をしてきたと伺いました。 それほど伝統のある本校の柔道部ですので、とても楽しみにしていたのですが、期待通り決勝まで1試合も落とすことなく、 優勝を果たしました。遠く徳島から来たばかりの1年生、森崎くんも団体戦で頑張っていました。


年間 4回の大会を、あと2年間勝ち続ければ100勝という一つの区切りを迎えます。結果ばかりが全てではないのでしょうが、 部員の皆さんは一つの目標として頑張ってください。おめでとうございました。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2126)

昨日、鹿島体育館で行われた女子バレーボール・春季大会の応援に行ってまいりました。私が体育館に着いたときは第2セットが始まった直後、スコアは2対2となっています。「どちらが第1セットを取ったのかな?」と考える間もなく、 今年から、バレー部のコーチを務めてる森山さんが駆けつけてくれました。


「第1セット取りました。とても良いゲームをしています!」と、森山さんは声を弾ませます。残念ながら、第1試合に敗れたことは、顧問の三島先生からメールを受けていました。「前の試合も、シード校相手に、一方的な試合ではなかったです。つないで守る、開星の特徴を生かした粘り強い守りも見られて、とても いいゲームでした」と、森山さんは新チームのポテンシャルを感じている様子。


何しろ森山さんは、本校バレー部OGにして、全国大会の「春高バレー」にエースアタッカーとして出場経験があるのです。開星部員がコートで弾む姿をスタンドで見守っていましたが、ご自身の高校時代を重ね合わせていたでしょうか。ぜひとも、開星バレーの強力なDNAを後輩に授けてください。その森山さんを育てた監督の井上先生は、三島先生と藤沢先生ともどもベンチで声をあげていたので、部員たちも心強かったことでしょう。


私が見始めてからは、激しい点の取り合いになりましたが、徐々に開星が優位に立ちます。中盤からは、攻守に新入生も含めた開星シックスの歯車がかみ合い始め、そのまま見事にストレート勝ちを収めました。3年生最後の総体に向けて、この勝利は貴重な1勝になったのではないでしょうか。三島先生から「校長先生が来られた時はいつも勝ちますね!」と喜んでもらいましたが、そうです。これで、秋に続いて2連勝! 部員たちとともに、連勝街道を走りたいと思います。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2203)

昨日ご紹介した「花回廊」の写真があまりに美しかったので、今日もカバーに使わせてもらいました。この写真は理科の恩田先生が撮影したもので、私が参加できない活動の時など、いつも恩田先生から借用しています。花の「美」とともに、生徒への「愛」を感じますね。昨日は、この「花回廊」がある鳥取県との県境、安来地区の中学校を陶山先生と回りました。


安来地区の中学校は、私自身は初めての訪問でしたので、とても新鮮です。海岸の原風景を残す島根半島に続き、里山の魅力を伝える風光明媚な地を回り、心が洗われるようでした。校長先生にご挨拶をしながら、各中学出身の卒業生や、4月に迎えた新入生の名簿をお見せします。直近で送り出した生徒のことはもちろん覚えられていますが、校長先生方は異動が多いので「この生徒は前任校で活躍していた子です!」と目を細められる場面も何度かありました。


また今回、訪問の中でご紹介しているのが、この4月に発足した同好会のこと。生徒たちの学校生活の充実に向けて、弓道、卓球、ボードゲーム、女子サッカー、軽音楽など、新しく活動のメニューを広げたことをお伝えしています。各高校の校長先生方からも、興味をもって受け止めていただいていますが、とくにボードゲームに熱い視線を注がれたのが、伯太中学校の田中校長先生と神谷先生。「これはご存知ですか?」と、逆提案をいただいたのが「FORTY ONE GAME」です。2200円という正札が貼ってありましたので、さっそく顧問の田中先生に導入の検討をしてもらいましょう。


昨日の陶山先生とのお弁当スポットは、伯太町近くの風車小屋。ベンチとトイレ以外には何もない、正体不明の小屋でしたが、田中校長先生から詳しい解説を聞いてびっくり。その周辺がチューリップ畑になっていて、つい先日まで花々に包まれていたというのです。「ぜひ、花の時期にいらしてください」とは、この写真を見る限り、来るしかありませんね。


中学校の中には、延期されていた修学旅行をつい先日、県西部の旅行に切り替えた学校などもありました。しかし、これから計画している学校もあり、ここ2日間のコロナ感染者数の増加には、眉を曇らせられます。「ひとたび学校に入ってくると、広がりが早いですから」とは、まったく私たちの心配していることそのもの。みんなで注意しながら、感染の収まりとワクチンの普及を待つしかないのでしょうか。やはり花の季節を終えた、伯太川の桜を見ながら、桜に染まった土手の風景を思い描きました。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2152)

ブログ カレンダー

« « 2021 9月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

カテゴリ一覧

アーカイブ