• カテゴリ ドリカム講話 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

KAISEIブログ - ドリカム講話カテゴリのエントリ

ここまでドリカム講話にお越しいただいた方々の記事はこちらから
ドリカム講話 校長先生(Click!)
塾長 ストリンガー 美容室マネージャー のお話を聴きました(Click!)
スサノオマジック社長 松江駅長 そして真打登場 前半(Click!)
スサノオマジック社長 松江駅長 そして真打登場 後半(Click!)
教頭先生 期待の若手社員 船頭さん 前編(Click!)
教頭先生 期待の若手社員 船頭さん 後編(Click!)
日本を愛するアメリカ人高校教師(Click!)
さつまいも研究家 & オーナーシェフ(Click!)


開星高校の総合コースオリジナル授業「ドリカム講話」。

次に来ていただいた先生は…、
内科医院の院長先生「佐藤哲也」先生です。


佐藤先生は松江市内の「佐藤内科医院」の院長先生です。


「”とても医者は無理だ”と言われました。勉強はあまりしていません。そして、大学は自分の実力で入れるところに入りました。」
「自分が入れる大学、自分の夢を叶えてくれる大学が自分にとっての良い大学です。」


「そして、大学に入って勉強したら、おどろくほど頭に入った。もっと勉強うしたくなって、また4年間大学院に行きました。どうせ勉強するならもっと上に行こうと思った。」


「医学博士になりたくて、盆も正月も関係なく365日毎日休まず4年間大学に行っていた。自分が一番しんどいと思っていたんだけど、他の人のほうがもっともっと苦労していた。」
「努力している人間は、いっぱいいるよ。」


「”逃げないで”、逃げなければ筋道が見えてきます。」
「”兆(ちょう、きざし)”何かに向かって行くとき、この”きざし”を逃さず大事にして欲しい。きざしを感じたらなにもかも面白くなってくるよ。」


「目の前に何かが見えてきたら、逃げずに何かをしよう。」


「自慢はしなくていい、自分で自分に満足しよう。」


「何でもかっこ良く、楽しくしてみよう。」
「どうせなるなら、みんなに愛されるかっこいい保育士、夢をあたえる話ができるかっこいい先生。」


生徒の感想より
高校時代は勉強はあんまりせずに、担任の先生に「医者になるのは無理だ」と言われた佐藤さんが今は有名な病院の院長先生をされていることに、正直最初は驚きました。
しかし、大学に入って勉強したら驚くほど頭に入り、どうせ勉強するならもっと上に行こうと大学院進学を決意され、努力されたからこそ今の佐藤さんがあるのだとわかりました。
佐藤さんはすごく楽しそうで、私もそんなふうになりたいなと思いました。そのために、今日聞いた”目の前に何かが見えてきたら、逃げずに何かをしていく”ことをしようと思いました。




次に来ていただいた先生は…、
産婦人科医院の院長先生「森本紀彦」先生。


森本先生も、この松江市内で森本産婦人科医院を開いておられます。
たぶん、生徒の中にもこの病院で生まれた人がいると思います。


特別に、医療系大学への進学を志す3年生も聴講しました。

ひとしきり、「命の誕生」の感動的な瞬間の話をされました。そして、


「お母さんがどんな思いで生んでくれたのか。父母の思いは”とにかく生まれて来て欲しい”です。」
「そこに立ち返れば何だってできるでしょう。何度失敗したってやり直せますよ、だから何だってしよう。」


「命を大事にしましょう。」


「昔のお父さんは、生まれたら”握手”をして来た。今のお父さんは”ハイタッチ”です。」


鳥なら 飛べよ
花なら 咲けよ
鉱石(いし)なら 光れよ


「夢はどんどん変われます。いつだって間に合う。」
「小さい頃から一つのことをやり続けるもの素晴らしいが、我々のような平凡な人生はいろんなことをすれば良い。」


「どんなつらいことがあってもできる。できないことを嘆くより、できたことを喜べばいい。」


「生まれた瞬間に立ち返ってみれば、何だってできるよ。」

生徒の感想より
生命の大切さを改めて感じました。今の世の中、いじめなどで自ら命を絶ってしまう若者がいる中、とにかく生まれて来て欲しいという両親の熱い思い、お母さんがどんなに苦しい思い出生んでくれたのかを考えると絶対に命を無駄にしてはいけないと思いました。
「感謝の言葉が聞きたくて一生懸命頑張っている」という言葉が心に残りました。感謝の言葉でどんな疲れも吹き飛ぶと言われて、やりがいのある仕事なんだなと思いました。私も将来やりがいの持てる仕事に就きたいです。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (15598)
ここまでドリカム講話にお越しいただいた方々の記事はこちらから
ドリカム講話 校長先生(Click!)
塾長 ストリンガー 美容室マネージャー のお話を聴きました(Click!)
スサノオマジック社長 松江駅長 そして真打登場 前半(Click!)
スサノオマジック社長 松江駅長 そして真打登場 後半(Click!)
教頭先生 期待の若手社員 船頭さん 前編(Click!)
教頭先生 期待の若手社員 船頭さん 後編(Click!)
日本を愛するアメリカ人高校教師(Click!)

本校の「建学の精神」は「品性の向上をはかり、社会の発展に役立つ有望な人材を育成する」です。

本校の総合コースでは、この建学の精神を具現化するために「ドリカム講話」を行なっています。
すでに社会で活躍されているさまざまな職種の方々にお越しいただき、ご自身のこれまでの人生や、高校生に伝えたいことを語って頂きます。

ドリカム講話の11人目の先生は、
さつまいも研究家「福田 豊」さんです。


福田先生は高校教師として努められ、昨年の3月に定年退職されました。
教師をされているときから、さつまいもの研究を続けてこられました。
今では、さつまいもを利用し環境問題にも取り組んでおられます。


”自分のなりたいもの、好きなものが夢”
「仕事を探すとき、人が困っていることや悲しんでいることを解決してあげようとすると、いろんな仕事が生まれてきます。」


「でも、実現するには……努力が必要です。」


「できそうなことを見つけたらすぐに実行してみて下さい。」


「それは、似たことをしている人と仲良くなることや実際に行ってみること。」


「夢が大きければ大きほど、挫折も大きいです。いろいろと言われもしましたが、いつも”ある言葉”を胸に頑張って来ました。


「その言葉は”明日のために今日の屈辱に耐える”です。」


実際に研究しておられる焼き芋を作る装置です。


おしかった。

生徒の感想より
さつまいも研究家という人がおられることを初めて知りました。でもそのさつまいも研究家は福田さんだけで、これは仕事とはいえないと言われたので驚きましたが、福田さんは本当にさつまいもが大好きで、この職業に誇りを持っておられることが伝わって来ました。
夢とは自分のなりたいもの、好きなものであり、そして実現するには努力が必要だと教わりました。これからも今日聞いたことを忘れずに、努力を続けていきます。




次にお越しいただいたのは、
フランス料理店のオーナーシェフ「神田 武」さんです。


神田先生のお店は「西洋酒家 レガル」。
レガルはフランス語で”ごちそう”という意味で、神田先生は”おくりもの”という意味を込めておられます。


「昔は特にやりたこともなかったです。でも専門学校に行って洋食に出会いました。」
「フランス料理がやりたい、と思ったらどんどん魅力を感じて、頑張るようになっていました。


「昔は、頭ごなしに”できるの?”って言う大人が嫌いでした。でも、今思えばそれはその方の優しさでした。」


神田さんの就職のときのお話から、”飛び込む勇気”を教わりました。


「料理人になる、という夢は叶いました。でも僕の夢は終わりじゃやありません。40歳、50歳になったときの夢もあります。店を大きくしたい、オーナーになりたい、夢を叶えたらまた次の夢が出てきます。」


「10年先のことをみこして勉強してください。それが学生のうちに出来るようになって下さい。」


「学生時代に、同じ道を志す仲間ができたことが本当に良かった。やめたい、と思ったときも、その仲間の存在が支えになりました。」


生徒の感想より
高校時代には夢がなく、勉強も好きではなかったと聞き最初はとても驚きました。でも、専門学校で好きなことを見つけ、厳しい就職先での下積み時代を乗り越えて、今の神田さんがいることを知り、納得できました。
辞めたい、と思ったとき、切磋琢磨できる仲間の存在と、オーナーの厳しさは実は優しさであったと気がついたと言われて、いい仲間と師匠がいることがどれだけ大切なことかを感じることができました。
私も、まわりにいていつも支えてくれる友達、ときに優しくときに厳しくしてくださる先生方に感謝を忘れずにいようと思いました。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (15452)
今年の開星高校オープンスクールでは、特別進学コースとドリカムコースの体験授業を行いました。

ドリカムコースの体験授業は、本校でしか体験できない「ドリカム講話」の授業を行いました。

この日の講師は、本校職員のダスティン・キッド先生でした。


ここまでドリカム講話にお越しいただいた方々の記事はこちらから
ドリカム講話 校長先生(Click!)
塾長 ストリンガー 美容室マネージャー のお話を聴きました(Click!)
スサノオマジック社長 松江駅長 そして真打登場 前半(Click!)
スサノオマジック社長 松江駅長 そして真打登場 後半(Click!)
教頭先生 期待の若手社員 船頭さん 前編(Click!)
教頭先生 期待の若手社員 船頭さん 後編(Click!)


「アメリカのアイダホという、じゃがいもの他はなんにも無いようなところで生まれました。普通の小学生でした」

「でも『世界』を見ていました」
「(英語以外の)他の言葉があると分かったとき衝撃でした」

そしていろいろありまして、

「高校のときの夏休み、大学で勉強するキャンプに参加しました」

「その名もSATORIキャンプ」
「周りを気にして小さく暗くなっていた自分を変えるきっかけだった」

ある日気がついた
「自分で決めたことが、他人にどう思われているかなんてどうでもいいじゃないか」

そして一ヶ月のドイツ留学へ

「ヨーロッパすげえ、お城がいっぱい、すげえ」

しかし一つ悔いが残った
「ドイツ語が通じなくて、英語ばかり使ってしまっていました…」

そして大学進学、目標を見失っていたとき、

日本人の友人の何気ない一言「日本語勉強してみたら?」

日本に留学するときに二つの選択肢があった、東京外国語大学か島根大学か。

「どうせいくなら英語が使えないところに行かないと!」
「島根はどんなところか全く分からない、情報もない、よし! 挑戦だ!」

出雲弁の難しさにくじけそうになりました。


皆さんに一つ言いたいことがあります
「皆さんが思っているよりも世界は広い」
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (15516)
ここまでドリカム講話にお越しいただいた方々の記事はこちらから
ドリカム講話 校長先生(Click!)
塾長 ストリンガー 美容室マネージャー のお話を聴きました(Click!)
スサノオマジック社長 松江駅長 そして真打登場 前半(Click!)
スサノオマジック社長 松江駅長 そして真打登場 後半(Click!)
教頭先生 期待の若手社員 船頭さん 前編(Click!)


そして本年度ドリカム講話の10人目の先生は、
松江堀川遊覧船の船頭さん「小倉俊久」さんです。

松江の堀川遊覧船は今年15周年をむかえます(宣伝)。


最初に松江の宣伝を少し。
松江は日本に3つしか無い「国際文化観光都市」。
堀川遊覧船で、下から眺めるとステキな街だなと誇りをもてます。
この夏、ぜひ乗りに来てください、ただいまキャンペーン中です。

詳しくはこちら
「松江堀川遊覧船 ぐるっと松江堀川めぐり」(Click!)


いつも観光客の方を相手にお話をされている小倉先生。
お話がとても上手で、だんだん生徒は魅せられて行きます。

お話は松江の話から、いつしかご自身の生まれたときの話しへ。


死ぬって何なんだろうと考えてしまう子どもだった。
生まれたときに、心臓病があると言われていろいろ考えた。
「オレはオレで生きるしか無い!」


早くしを意識したおかげで、たった一度の人生を好きに生きようと思えた。
「見る聞くする」を力いっぱいやりたいと。


学生時代に寮生活をした。
ここでの出会いが私を変えた。

旅に出て、いろいろなことを経験しました。

今までの経験から、皆さんに言えることを3つ。

1、「感動を共にしていける人に合うこと」
出会いを大切にね。


2、「小さい頃に聞かされた簡単な教えを守る」
嘘をつくなとか、大きな声で挨拶しろとかね。


3、「義務を果たし意見を主張する」
大事なことに嘘をつかないように。

生徒の感想より
私しは小さい頃に堀川遊覧船に乗ったことがあります。今回、小倉さんの話を聴き、あらためて松江の素晴らしさに気付くことができました。全国で3つしかない国際文化観光都市であることを知り、本当に良いところに住んでいるんだと誇りを持とうと思いました。
“明るく元気で一生懸命でいたい”そんな気持ちで船頭をしていると聴き、やりがいを持って仕事をされているんだと感じました。私も将来やりがいの持てる仕事がしたいと思いました。
一人一人お互いを大切に思い、簡単な教えを守り、義務を果たし意見を言う。今日教えていただいたことをこれから意識して行きたいと思います。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (18319)
本校の「建学の精神」は「品性の向上をはかり、社会の発展に役立つ有望の人材を育成する」というものです。

この建学の精神を具現化するための教育プランを本校では「ドリカムプラン」と呼んでいます。

総合コース2年生のドリカムプランの一つが「ドリカム講話」です。

ここまでドリカム講話にお越しいただいた方々の記事はこちらから
ドリカム講話 校長先生(Click!)
塾長 ストリンガー 美容室マネージャー のお話を聴きました(Click!)
スサノオマジック社長 松江駅長 そして真打登場 前半(Click!)
スサノオマジック社長 松江駅長 そして真打登場 後半(Click!)


ドリカム講話、8人目にお迎えしたのは…
本校の教頭先生「塩田直也先生」です。

先生ご自身の人生から学んだことをお話して頂きました。

困難や障害や苦労があったとき、どんなことを考えますか?


先生の中学校時代のお話から始まり、さまざまな困難をどのように乗り越えてきたのか話してくださいました。


困難に遭遇したとき、その困難をどのようにとらえるのか。

ケガをしたことで目標を失いかけたけど、ケガをしている間に読んだ文学全集が新しい目標をくれた。


早稲田大学の電報の文章
「イナホチル サイキヲイノル
この電報のお陰で、もう一度頑張ることができた。


塩田先生の作品の冒頭。


塩田先生から、生徒のみんなへのメッセージ。
困難・障害・苦労を乗り越えるためのメッセージ。

生徒の感想より
“努力をしている姿を人に見せない”今回の講演でこの言葉が一番心に残りました。このことが出来る人は本当にすごいと思います。私もこんな人になりたいと思いました。
目標達成に困難や障害や苦労があったら、恩寵的試練と考える、ということを言われました。恩寵的試練という言葉は初めて聞きましたが、なるほどと思いました。将来、困難や障害、苦労があったときは、この言葉を思い出してがんばります。




9人目にお越しいただいたのは、これまでで一番生徒と年齢の近い方でした。
アースサポート営業部主任の「坂根純一」さんです。

高校時代の話を中心に、努力することの大切さ、についてお話していただきました。

生徒たちにとっても、自分たちに年齢が近いので、坂根先生の話されることが自分たち自身のことのように感じられたようです。


始まりからずっと、和やかな雰囲気でお話してくださいました。


高校時代、ダメダメだった自分が変わることができた、というお話。
ギターの練習を人一倍やったら全国2位に。


“がんばってやったら自分でもここまでできるようになるんだ"という自信が生まれた。
努力したことは必ず報われることを学んだ。

そして今も、努力することを忘れずに会社でがんばっておられます。


坂根先生が作られた会社紹介ビデオ。
生徒は社会に出て働くということについて学べたと思います。


「目の前のことに挑戦する、人は変われる、その一歩を踏み出す勇気が大切」というメッセージを頂きました。

生徒の感想より
“努力を続ければ何でもできる”この言葉が印象的でした。趣味のギターやブレイクダンスの話を興味深く聞くことができました。ギターでは全国2位という結果を出され、本当に努力されたんだなと思いました。
坂根さんが話をされているとき、とても生き生きとしていて本当にいまの仕事にやりがいを感じているんだなということが伝わって来ました。人は変われる、一歩を踏み出すことが大切だといことを忘れず、私もがんばります。今日はありがとうございました。



さあ、次にお迎えしたのは…、

続きます。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (17363)

ブログ カレンダー

« « 2021 6月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

カテゴリ一覧

アーカイブ