KAISEIブログ - 歴史に触れる意義〜開校記念日に寄せて【水野校長ブログ】

歴史に触れる意義〜開校記念日に寄せて【水野校長ブログ】

カテゴリ : 
水野校長ブログ
 
2021/4/29 8:30

今から97年前の1924年4月、松江市中原町に、大多和音吉、大多和タカ夫妻により「松江ミシン裁縫女学院」創立。時代を感じさせる当時のモノクロ写真を交えて、生徒とともに本校のルーツをたどりました。開校当初の生徒が16人、1930年から31年にかけて、日本が陥った昭和恐慌の時にはとうとう生徒数が1人になったと言います。文字通り、学校存亡の危機に陥りながら、今があることを思うと、感慨を禁じえません。


ホームページには書かれていない、こうした学校史にると、生徒も感じることはあるのではないでしょうか。不屈の精神と言うのでしょうか、これ以上ない苦境を乗り越えた創立者の想いの先に、今の私たちの場があるわけです。こうしたお話を伺うと、歴史に触れることの意義がを覚えずにはいられません。災害で焼失したり、生徒の数が減って統廃合された学校のことを思うと、歴史があることのありがたさ。勇気をもらえる先輩たちの存在に、感謝を覚えるのではないでしょうか。ぜひ、語り継ぐ歴史に新しい話題を添えてください。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (774)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.kaisei.matsue.shimane.jp/modules/d3blog/tb.php/1670

ブログ カレンダー

« « 2021 6月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

カテゴリ一覧

アーカイブ