KAISEIブログ - 最新エントリー


連休明けの昨日、各部活度の休み中の成果が伝えられました。その中で、陸上部の石倉先生から嬉しい話題が入ってきたので、こちらに転載いたします。

◆石倉先生からの報告

5月2日(日)3日(月)に浜山陸上競技場で行われた島根県陸上競技選手権の結果報告です。この大会は一般大学高校中学共通で競技をする島根県内で一番大きな大会です。8位入賞者まで中国5県陸上競技大会への参加権が与えられます。
<結果>
◎男子 4×100mリレー 2位 (46R岩、65R園山、43R藤原、65R柳井)

※1位が大学生チームだったので県内高校生チームの中では最上位でした。
    4×400mリレー 3位 (65R園山、43R藤原、43R小村、46R登川)
    OP中高3000m 1位 43R 森田

◎女子 200m 1位 42R 石倉
※2〜3年生を破っての優勝でした。
    100m 2位 42R 石倉
    800m 1位 62R 宮原
    やり投げ 1位 63R 湯本
石倉先生:県総体への通過点として選手全員実りある大会にできたと思います。応援して頂いた方々ありがとうございました。


放課後、陸上部が練習をしているところに行くと、部員たちが元気よく練習に励んでいました。46R、43R、42Rとあるので、すでに1年生も主力メンバーとして頑張っているのですね。私が200mで1位になった1年生の石倉さんに「おめでとう!」と声をかけると、すかさず石倉先生が「まだ挑戦者だぞ!」と、気を引き締めていました。29日には総体予選が行われるというので、次の成果を楽しみにしています。


また校舎の一角では、伊藤先生が畳を前に笑顔を浮かべていました。伊藤先生は新設された弓道同好会の顧問を務めていて、このたびPTA役員の田辺さま(田辺畳店)より、同好会で使う畳を寄贈いただいたのです。先日は最初の部員が大会にも出場し、また一歩、前に進みましたね。「千里の道も一歩から」と言いますが、中学校回りをしていても弓道への注目は高いです。まずは、しっかりした礎を築いてください。 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (181)

連休が中日を迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか。連休に入ってからも、東京や大阪などの大都市圏だけでなく、北海道をはじめとした地方都市でも、感染の高まりがみられます。中国地方では岡山県が、これまでの最高に達しました。コロナ禍の2年目に入りましたが、もうしばらくの我慢ですね。


そうした中、本校のだんだんコンサートが無事に行えることを願うばかりです。昨日、学校へ出かけてみると、オープンスペースでリハーサルが行われていました。お詫びしなければならないのは、これまで私は、吹奏楽部とコーラス部のことを書いていたことです。松浦教頭から改めてプログラムを聞き、不十分な記述であったことが発覚。チアリーディング部もパフォーマンスを披露し、さらに生徒会で構成する「インターアクトクラブ」も参加するのです。私の認識不足で、たいへん失礼しました。インターアクトクラブは例年、だんだんコンサートで募金活動をしているそうですが、今回は4月に松江市島根町で起きた大火災の義援金を募るそうです。突然の被災で困っている方々のために、少しでも応援できることを願わずにいられません。


たくさんの新人を迎えたコーラス部も、練習をしていました。さっそく迎える初舞台、思い出に残る時間になることでしょう。なお上下の写真は、過去のコンサート風景です。とっても華やかで、楽しげですね。さて今年は、どのようなステージになるでしょうか。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (152)

連休も残すところ、今日だけとなりました。前半、学校へ足を運ぶと部活動が一生懸命取り組んでいましたが、とくに3年生はまもなく最後の大会、コンクールに臨みます。コロナの第4波が気になりますが、何とか開催されることを願いたいですね。


こうした時節の中、私自身はひざを痛めていることもあり、家でゆっくり過ごしました。その中で中学1年生が入学前課題として取り組んだ作文を、じっくり読む時間をとりました。これは司馬遼太郎が書いた「21世紀を生きる君たちへ」という文章を読んで、感想を書くという取り組み。一人ひとりの個性とともに、中学校生活や将来への意欲があらわれていて、とても頼もしい気持ちがわいてきました。

印象に残った表現はいろいろとありますが「いつの時代も頼もしい人格を持たなければならないということは、自己を確立するということ」「自分に厳しく、他人にやさしくという意味は分かります。けれどまだ自分の自己は不安定で、そうではない自分がいることも分かっています」ということで、建学の精神を自然に自己の中に確立させる思いを書いている生徒もいました。


また「子どものころから支え合い、助け合うことはとても尊く大切である」といった助け合い、支え合いのことに触れた生徒も少なくありません。「今はコロナでいろいろな行事が中止になり、ニュースで学生さんたちが泣いているのを見て私も胸が痛くなります」と、コロナ問題に言及していた生徒もいました。小学校時代から団体競技の経験をもった生徒は、とくに支え合いについての意識が高いように思います。


また、著者の司馬遼太郎への関心を書いている人もいました。家族旅行で坂本龍馬記念館に行ったことがあり、龍馬が好きになったとも。これからたくさんの司馬遼太郎の作品に触れ、歴史に詳しくなってください。なお、以前に司馬遼太郎と時代小説の名手、藤沢周平のことを書いた記事がありますので、こちらへ再掲いたします。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (94)

こちらで「改めてご紹介します」と言ったきり、続編を書いていない記事があります。気になっていながらも、新しい話題が日々生まれるので、タイミングを失してきました。その1本が「中学2年生からの挑戦状」。昨年度に書いた記事ですから、当の生徒は今、すでに中学3年生になっています。


ビジュアルも中身も楽しく、かねがね掲示物のセンスが高いと感じている中学生の作品の中でも、格段のできばえと言えるでしょう。この中の質問から、少しピックアップしてみますので、挑戦状を受けて立ってください。掲載されているカードの上から順に、目についたものを並べてみます。

➀コンビニ数 ➁人口増加率 ➂読書量 ➃サメの収穫量 ➄全国学力テストの小学生正答率


どうでしょうか? お分かりになりますか? ちなみに、このポスターはすでに貼られていないので、私が調べた回答は次の通りです。

➀コンビニ数

第1位:東京都  7,302店 

第2位:大阪府  3,954店

第3位:神奈川県 3,753店

参考までに島根は46位でした。

➁人口増加率

第1位:東京都 

第2位:沖縄県

第3位:埼玉県

島根県は33位で減少傾向。

➂読書量

第1位:男 東京都  女:栃木県 

第2位:男 千葉県  女:徳島県

第3位:男 京都府 女:東京都

島根県:男28位 女24位

➃サメの漁獲量 

第1位:宮城県

第2位:岩手県

第3位:北海道

島根県は29位で9t(3位の北海道は2000t)

➄全国学力テストの小学生正答率

第1位:秋田72%

第2位:石川72%

第3位:福井70%   

島根県は63.5%で40位。この差は大きいのでしょうか、そうでもないのでしょうか。


その他、意外だったものの一つが神社の数。

第1位:新潟4749

第2位:兵庫3865

第3位:福岡3419 

島根県は1171で31位でした。島根県は神社が多い感じがしていたのですが、全国的に見れば上には上があるのですね。そこで島根県の1位が何かを調べてみると、次の3つがNO.1に輝いていました。

◆しじみ

➀島根4000t  ➁青森3100t ➂茨城1100t ➃東京285t

◆アナゴ類

➀島根632t(19%) ➁長崎513 ➂宮城316 

◆コンデンサ

➀島根2346億円(27%) ➁福井1621億円 ➂秋田1014億円

また1位ではありませんが、老舗企業数が最も多いのは福井県で人口10万人あたり66.24軒。2位は山形県で63.43軒。3位以下は新潟県(57.70軒)、島根県(53.19軒)、富山県(48.82軒)の順だそうです。以上、中学2年生(現3年生)からの挑戦状でした。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (91)

一昨日の放課後、オープンスペースを通りかかった時、吹奏楽部の生徒(部長?)から声をかけられました。「オープンスペースを使って、リハーサルをしてもいいですか? ABCホールだと狭くて、出入りの練習ができないのです」ということで、良いも悪いもなく、楽しみに見学させてもらいました。音は出さずにという慎ましさでしたが、皆の表情が真剣だったのは、5月28日に「だんだんコンサート」を控えているから。新入部員を迎えた新しい編成で臨む、初めてのコンサートに、気勢も上がっているようですね。


そして連休初日の昨日は、ABCホールで合奏です。部員だけではなく、今年は松浦教頭、小村先生の指導陣に、初任の長島先生が加わりました。松浦先生によれば、精神面でも技術面でも、とても頼りになるようで、開星ブラスにさっそく新しい個性づけがされるのでしょうね。曲目などの詳細は、パンフレットなどができたら お知らせしますが、5月29日の5時半からコーラス部と交互で出演し、聴衆を楽しませてくれるそうです。さて、どのような演奏を聞かせてくれるのか、楽しみに待ちましょう。昨日の島根県は、6人の新規感染者ということでしたが、安心して開催できる状況になることを願うばかりです。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (93)

ブログ カレンダー

« « 2021 5月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

カテゴリ一覧

アーカイブ