ニュース&トピックス

 投稿日時: 2020/08/21 (1582 ヒット)


<2020年8月20日 着任時のあいさつ>
私は2020年9月1日より、副校長として赴任した水野次郎です。2018年まで千葉県の中学校と高校で9年間、校長を務めていました。今まではモラロジー研究所という機関に勤めていましが、2年半ぶりに懐かしいホームグラウンドに帰ってきた気がしています。校長をする前には、ベネッセという会社に24年間勤務していました。最も長く担当したのは、キャラクター・しまじろうで知られる『こどもちゃれんじ』という雑誌の仕事です。初代編集長から10年間、雑誌作りを担当したしました。興味がある人には、雑誌が誕生した時の話など、お聞かせしたいと思います。

島根県には2週間ほど前に、初めてきましたが、スサノオノミコトと同じように、とても清々しい土地であることに感銘いたしました。出雲大社とともに、高校野球で知られる開星高校の名前はよく聞いていて、とても元気のよい学校だと思っていました。前回来た時には全クラスの授業を見学しましたが、あなたたち生徒が真剣に取り組んでいる姿を見て、新たに加わった印象が気持ちの良い学校だということ。そのような本校と、こうして縁が結ばれたことを、とても嬉しく思っています。
今年はコロナで学校も不自由を強いられ、あなたたちにとっては青春時代の貴重な時間が奪われて、本当に気の毒です。そこで自己紹介代わりに、始業式では私が直前まで仕事をしていた、キャリアコンサルタントについて紹介しましょう。「キャリア教育」という言葉がありますが、若い人の進学や進路などを応援する仕事、それがキャリアコンサルタントです。私は中学校と高校に勤務していた時、個別に生徒の進路支援をしていて、とてもやりがいを感じていました。そこで校長の仕事をしながら、キャリアコンサルタントの国家試験に挑戦したのです。受験に臨む高3生と張り合うような感じですが、かなりハードな受験勉強だったと言えるでしょう。
生徒へ進路支援をしたきっかけは、最初に勤めていた千葉県立柏井高校での経験です。バレーボール部がとても強い学校で、『春高』という全国大会、つまり野球でいう甲子園でベスト4になるような学校でした。そうしたアスリートたちが高校を卒業した後、スポーツの経験を活かしてどのような進路を歩んでいくのか。進学するための目標づくりや、具体的な進路選択と受験対策の応援をしたのです。結果として、その高校では始まって以来の早稲田大学や立教大学、青山学院大学といった有名な大学へ次々と進学していき、次は世界を舞台とした新しい未来を目指していく生徒たちが次々と現れました。そうしたグローバル志向の一方で、看護師や先生など、地域を支えるスペシャリストの道を選ぶアスリートたちも、たくさんいました。このように、生徒たちがどんな未来を描いていけばよいのかという相談を受けながら、力強く進路を切り開いていく姿を見ては、とても頼もしく感じたものです。
もちろん、運動部の生徒だけではありません。今のように変化が激しく、先の見通しが立てにくい時代には、どのような進路を選ぶのが正解なのかということは、誰もが悩んでいると思います。AにしようかBにしようか…、迷う人の方が多いとも言えるでしょう。そうした生徒たちに、私は毎年30人から40人くらい向き合って、進路指導の先生や担任の先生方とともに、相談に乗っていました。まさに校長室が、コンサルティングルームのような感じだったでしょうか。そして千葉県の教員を退職した後に、キャリア支援に専念しようと考え、麗澤大学の関連法人であるモラロジー研究所で、キャリアコンサルタントの仕事に就いていたのです。すると再び、こうして中学、高校の現場に戻ってくることになり、たいへん嬉しく思っています。

生徒の進路支援で、私が最も大切にしている言葉は、希望です。人が希望を持つのは、他人の言葉によることが大きいです。しかも生身の言葉です。その大切さに気付かされた、最近のエピソードを紹介しましょう。私が勤務している研究所では、先日は沖縄を発信地としたZOOM会議をしました。また東京の大きな企業に勤めている友人たちは、週に1日位しか会社に行っていないと言っています。このように情報のやり取りという面で、以前は想像できないほど便利になりました。これからは、さらにこの傾向は強くなっていくことでしょう。
しかし、あなたたち中学生・高校生に勇気を与える言葉は、先生や仲間から体温と鼓動を感じながら投げかけられる言葉ではないでしょうか。相手の気持ちを思いやって、言葉ひとつで勇気を授ける、それが言葉の可能性なのだと思います。お互いがお互いの気持ちをケアし合い、クラス全体が、学校全体が、いつも希望を語り合っている学校、それが理想の空間なのだろうと、私は思っていますし、そのような場面に何度も出会ってきました。
ですから私自身、開星中学高校の一員として、あなたたち生徒と先生方、そして関係者が昨日より今日、今日より明日、より大きな希望が持てる場になるよう、力を尽くす気持ちでいっぱいです。この開星中学高校という場が、あなた方一人ひとりにとって、もちろん先生方にとっても、希望を膨らませる場であり続けるよう、私は力を尽くしていきます。あなたたち一人ひとりの希望を膨らませていくお手伝いをしていくので、どうぞ気軽に声をかけてください。
では、まだしばらく特別な1年が続きますが、明るく元気で前向きに、大きな希望をもって学校生活を過ごしていきましょう。よろしくお願いいたします。

 投稿日時: 2020/06/01 (589 ヒット)
各小・中学校長 様

夏休み期間中の広報行事(オープンスクール等)の中止のお知らせ

 入梅の候、貴校におかれましてはご清祥のことと存じます。平素より本校教育に対し、ご理解とご協力をいただきありがとうございます。
 さて、新型コロナウイルス感染拡大防止にかかる対応により、本校におきましても多くの行事や活動の見直しを余儀なくされているところです。
 昨年、8月には開星中学校オープンスクールをはじめ、その他様々な体験企画を開催し、小学生100名、中学生は600名前後の来校者をお迎えしています。本年度に関しましても実施の可能性を探るため、熱中症対策に加え感染症対策の方法について検討してきました。また、本校を含め多くの学校で夏休み期間短縮が予定されていることなど考慮し、実施日についても検討してまいりました。
 その結果、来校していただくみなさまの安心安全に対し、責任ある運営が困難であると判断いたしました。よって夏休み期間中の本校の募集広報行事について、下記に示す行事について一律中止する判断をいたしました。
 今後については計画が立てづらい状況ではありますが、まずはWeb上での学校紹介を充実させ、みなさまへの情報発信を実施いたしたいと考えています。また、9月から実施を予定している「学校説明会」については、来校者の方への安心安全に責任が持てるよう尽力してまいります。
 貴校におかれましても、感染症拡大防止にかかる対応等でご多忙とは存じますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

    記

<中止を決定した行事>
 7月18日(土) 小学生向け学校説明会
 7月24日(金) 小学生向け学校説明会
 8月 1日(土) 開星中学高校オープンスクール
 8月 5日(水) 開星高校オープンスクール
 7月〜8月    小学生対象Rubyプログラミング教室等のチャレンジ企画

                                 以上
オープンスクール中止のご案内_小学校向け(click)
オープンスクール中止のご案内_中学校向け(click)

 投稿日時: 2020/04/06 (1509 ヒット)


4月から開星の仲間入りをした常勤の先生方を紹介します。
本来は始業式で新任者挨拶を行いますが、新型コロナウイルス感染防止のため、体育館での始業式は行わず、各ホームルームで放送による始業式となったため、ホームページにて代えさせて頂きました。

右から
宇野福美 先生(看護師)
 30年以上、公立病院で看護師として働きました。今回、縁あって開星高校保健室に勤務することになりました。怪我や病気の応急処置、学校内の健康診断管理、また生徒さんの体調管理や相談など、誠意をもって対応いたします。至らぬ点も多々あると思いますが、一生懸命頑張りますのでどうぞよろしくお願い致します。

藤沢裕太 先生(理科)
 理科を担当する藤沢裕太です。日常生活に潜む理科のおもしろさを生徒と一緒に見つけていきます。よろしくお願いします。

竹下侑也 先生(数学)
 数学を担当します竹下侑也です。開星の卒業生なので、今この雰囲気をとても懐かしく感じています。授業以外でも様々なところで皆さんと関わっていけたらと思います。よろしくお願いします。

竹田和弘 先生(情報)
 情報を担当する竹田和弘です。これから皆さんと楽しく学べることを嬉しく思います。私はプログラミングをしたり、Youtubeを見たりするとき、集中的にやるタイプです。PCばかりやっていると身体がなまってしまうので、水泳をやっています。面白いことがあったら、教えてください。情報リテラシーをともに身につけていきましょう!

平田弘一 先生(国語)
 はじめまして!平田弘一です!と挨拶したものの、開星高校での勤務は初めてではありません。2年前にも常勤講師として働いていました。3年生のみなさんは、もしかしたら覚えている人もいるかな?開星2年目ですが、心新たに様々なことに挑戦していきます!担当教科は国語です。皆さんと楽しく学べていけたらと思います。どうぞよろしくお願いします。

以上5名の先生を合わせ、今年度も何卒よろしくお願いいたします。

 投稿日時: 2020/01/10 (997 ヒット)
明日11日(土)実施 
高校CBT入学試験・中学4教科入学試験の受験者の皆様へ

明日は高校・中学それぞれ入学試験を同時に実施いたします。
当日案内係がご案内をさせて頂きますが、受付場所が異なりますのでご注意ください。

<受付場所>
 高校CBT入学試験 → 本校舎3階多目的教室前
 中学4教科入学試験 → 北校舎入口

なお、中学4教科入試の受験者(チャレンジ受験は除く)は昼食の準備をお願いします。

受験者のみなさん、風邪が流行っていますので、体調管理に気を付けてください。

 投稿日時: 2020/01/09 (1093 ヒット)
昨日の警報に伴う休校で、1日遅れの3学期スタートとなりました。今日は大掃除、始業式、ホームルームを行い、その後は通常の授業を行いました。


始業式校長講話


特待生認証


奨励生表彰(代表生)


学級委員認証(代表生)

 投稿日時: 2020/01/07 (675 ヒット)
明日から3学期です。
生徒の皆さんはどんな冬休みだったでしょうか。


高校3年生は大学受験に向けて頑張っています。


部活動も頑張っています。
明日はこの体育館に全校生徒が集まります。
新年新たな気持ちで生き生きとした生徒の姿を見れることを楽しみにしています。

 投稿日時: 2020/01/01 (774 ヒット)
あけましておめでとうございます。「令和」として最初の新年をいかがお迎えでしょうか。

今朝の松江の日の出は、7時16分です。この時間に先駆けて掲載させていただきます。

昨年も、このホームページをご覧いただき、ありがとうございました。本年も、このホームページ上で本校の情報をできる限りタイムリーに発信しますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、本校の「建学の精神(教育理念)」は、「品性の向上をはかり社会の発展に役立つ有望な人材を育成する」ですが、この価値は年々高まってきていると認識しております。そして、同時にこの「建学の精神」を大切にして、近未来社会のために、よりよい人間の育成に努めていかなければいけない責務を自覚しております。

今年の干支は、「庚子(こうし・かのえね)」です。前年から引き継ぐべきものを維持・継続し、様々な汚れを祓い清めて償うとともに、思い切って更新し、新しい環境に対応できる強い体制に改革していく年とされています。

歴史を振り返ると、60年前の1960年は日米新安保条約の締結、安保闘争で岸内閣が退陣し、池田内閣が誕生し「所得倍増計画」を発表、高度経済成長の道を歩み始めました。120年前の1900年には、中国で義和団の乱が起こり、8ヵ国からなる連合国の勝利により、国家としての清の存在感はより弱まっていきました。一方で、日清戦争に続き、日本の存在感が高まっていきました。さらに遡れば、1600年には「天下分け目の戦い」と言われた関ヶ原の戦いも起こっています。

さて、今年はどんな年になるでしょうか。東京オリンピック・パラリンピックも、大きなイベントですが、時代の流れを見てきたときに「庚子」らしい年になるようにも思えます。そうしたことを意識しつつも、本校は主体的に、校名の由来のごとく、「社会の発展に役立つ有望な人材の育成」に日々取り組んで参ります。本年も学術、文化、スポーツなど、いろいろな分野における活動の情報を発信し続けますので、どうぞお楽しみにしてください。

令和2(2020)年元旦

学校法人 大多和学園
開星中学・高等学校
理事長・校長 大多和聡宏

 投稿日時: 2019/12/25 (1097 ヒット)
本日(25日)2学期終業式を行いました。
明日から冬休み。冬休みの生活について、生徒のみなさんと保護者の皆様へ「冬休みを有意義なものにするために(お願い)」の書面をお渡ししております。(保護者面談に来られない方は郵送いたします。)よく読んで頂き、安心・安全な生活になるよう心がけ、3学期を迎えましょう。




 投稿日時: 2019/11/28 (1078 ヒット)
今週月曜日から2学期期末試験があり、本日で終了しました。
試験終了後表彰式を行い、仲間の健闘に温かい拍手を送りました。

高校柔道部 
 第51回島根県高等学校新人柔道大会

高校テニス部 
 島根県高等学校テニス新人大会団体の部兼全国選抜高校テニス大会島根県予選
 島根県高等学校テニス新人大会個人の部

高校陸上部
 第65回島根県高等学校新人陸上競技大会

新体操部
 島根県高等学校新体操新人大会
 島根県中学校出雲地区新人新体操大会

サッカー部
 第98回高校サッカー選手権大会島根県大会兼島根県高等学校サッカー選手権大会

吹奏楽部
 第58回島根県高等学校音楽コンクール

探究部 
 第46回ニュース検定
 2019年度国際ユース作文コンテスト

その他
 第23回島根県高等学校総合文化祭放送部門島根県大会


 投稿日時: 2019/11/28 (985 ヒット)
本校卒業生 永島 実莉さん(環太平洋大学こども発達学科2年生)が2019年11月23、24日、第10回チアリーディング世界選手権大会のチアダンス団体シニア部門に日本代表として出場し、見事優勝を飾りました。益々のご活躍を期待しています。

大会結果など詳細は下記のサイトをご覧ください。
IPU環太平洋大学ホームページclick!

« 1 (2) 3 4 5 ... 33 »