授業紹介【理科】

教科:理科

各教科の教育方針・モットー

技術立国である日本の国民としてふさわしい科学リテラシーを身につける。また、より多くの理系進学者を輩出し、社会の発展に貢献できる人材の育成を行います。

教科のおもしろさ

生き物の名前をたくさん知っている人。星の名前をたくさん知っている人。植物の名前をたくさん知っている人。この人たちは、はたして理科を知っている人でしょうか?

数ある学問の中で、理科は人間が決めたことではない「自然」について学びます。言い方を変えると、理科は人間がいなくても存在しているのです。また、国や地域が違っても全く同じ内容です。さすがに星が違うと、少し、それでもほんの少し内容が変わりますけどね。実は根本的な原理は、この宇宙では(今のところ)どこでも同じですから、星による違いも、無いといっても良いでしょう。

さて、しかしそうは言っても授業中に僕たちが教えるのは「言葉」です。物や生物、現象などについている「名前」を教えます。それらは人間が勝手に付けただけの「言葉」や「名前」です。もちろん大事なものではありますが、僕たち理科の先生が本当に教えたいことは、違うのです。

自然界を貫く原理、関係性、意味、そういったなかなか言葉にはできないことなのです。

どうか皆さん、言葉や名前を覚えただけで分かった気になることはやめましょう。

開星の理科は、大人になっても使える理科を目指しています。中学では、実験や観察を多く取り入れ、失敗を恐れずにチャレンジしていきます。高校では、進学に使えるよう受験勉強に配慮しながらも、決して暗記に頼ることの無いように指導を心がけています。

共に、開星で理科を学びませんか?

一覧ページに戻る >>