授業紹介【保健体育】

教科:保健体育

各教科の教育方針・モットー

本年度目標
体育の授業を通して「つくる力・つながる力・もちこたえる力」を育てよう。

教科のおもしろさ

4・5・6月は、新体力テストとバレーボールを行ないます。基本練習からゲームまで自主的に楽しく指導します。
7月には、校内球技大会<バレーボール>があります。優勝クラスは、地区高体連バレーボール大会に出場できます。
9・10・11・12月は、バスケットボール・フットサル・持久走などを行ないます。
12月には球技大会<バスケットボール>を行ないます。優勝クラスは、地区高体連バスケットボール大会に出場できます。
1・2・3月は縄跳び・バトミントン・卓球などを行ないます。
1年生キャリアデザインコースと2・3年生キャリアデザインコースは、通年で男子は柔道(柔道部顧問:下田が担当)、女子はダンス(新体操部顧問:千羽が担当)を週1回行います。専門のベテラン教員が指導します。また、キャリアデザインコース2年生は、キャリアデザイン体育・ボランティアを週1回行います。テニス、男子のダンスなど通常の体育で実施しない運動を取り組むことで、よりスポーツを楽しむ習慣を養います。ボランティア活動として、カントリータイム(校内外清掃)、ひまわりの種植え・収穫を実施します。

中学2・3年生は、毎週木曜日の5・6限は各部の顧問の元で特別活動(部活動)を行ないます。放課後以外に授業での部活動は、他校とまた一味違う独自の活動です。大会でも成果を挙げています。
部活動に入っていない生徒は、体育教員が体育を行ないます。
月・金曜日の体育は、高校同様に時季に応じた種目を行ないます。中1・2年生は12〜3月までは、柔道・ダンスを行います。

保健については、高1・2年は週1時間、中学は定期テストに合わせて数時間計画をして行なっています。

一覧ページに戻る >>