地元大学コース(2020年4月新設)

コースの目標

島根大学・島根県立大学で学ぶために十分な甚礎学力を身につけるとともに、課題研究を通じて自分の興味関心に向き合い、身につけた力を地域社会の発展に役立てる人材を目指す。

こんな生徒を待っています

島根大学・島根県立大学に進学して、地域社会への貢献をしたい人
特定の学問や強化に関心を持ち、それにじっくりと向き合って研究してみたい人
知的好奇心を持っていて、自分自身の考えと行動を深めたいと考えている人
他者と共同で何かをすることが得意で、それを自分の学びに生かしたいと思っている人
(地元大学コースで学べば、全国の大学に進学する力が身につきます)

概要

新しい大学入試制度では、創造カ・批判的思考カ・論理的思考カ・問題発見解決能力が必要とされています。開星の地元大学コースでは、島根大学が進めている大学入試改革に対応したカリキュラムを実施します。裔校1年では生徒一人ひとりが自分自身で研究が進められるための基礎知識を学び、高校2年から個人研究を行います。このコースのカリキュラムで学ぶことは、大学入試で求められる学力につながつています。

特長

<課題研究の実施>

高校2年次より、個人個人の興昧関心からテーマを見つけて課題研究を行います。研究成果を地域の課題解決につなげることで、地域社会への貢献を目指します。この個人研究をする能力は、これからの社会に求められる資質・能力を得るために最適な学習プロセスです。

<SMILEプログラム>

平成25〜30年度に文科省よりスーパーサイエンスハイスクールに指定されたプログラム。「科学」「道徳」「国際性」「論理」そして「先進性」をキーワードに実施する開星版STEAM教育。STEAM教育とは、サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、アート、マスマティック(数学)の頭文字をつなげたもの。

<地域学習・地域貢献>

島根大学・島根県立大学への進学を目指すこのコースでは、これまで以上に地域の素材を活用した学習を行い、地域課題の解決に向けた学習活動を行っていきます。少子高齢化の進むこの島根での地域貢献活動は、E3本全体を救う課題解決型の学習にもなります。

<島根大学・島根県立大学の入学試験への対応>

島根大学・島根県立大学が掲げる教育理念に賛同し、本校からこの島根の地域社会に貢献する人材を数多く華出してきました。毎年多くの合格者を輩出しています。今後さらに力を入れていきます。