中学高校コース紹介

コース制の理念

「個々の能力を伸ばし、心身の発達段階や特性を十分に考慮した進路選択を行うために、きめ細やかな指導をおこなう」

本校では平成16年度より、コース制による教育を実施しています。これは、進路選択の多様化に対応するため創設した制度です。

現在の若者を取り巻く学校教育環境は、初等教育段階からそれぞれが主体的に歩んでゆけるように考慮されています。しかし、この環境は新たな生徒の問題を引き起こしているとも考えています。本校でも次のような問題が生じていました。

  • 進路の決断をするまでの期間が長くなり、入試制度に間に合わない生徒が出てきた。
  • 自分自身の進路に対する意識の個人差が大きくなってきた。
  • 「夢」を具体的に決めることができていない生徒に対する、有効な指導方法が必要になってきた。
  • 学習意欲に大きな差のあるまま学年が上がると、学力差が拡大する可能性が生じた。

このような問題に取り組むため誕生したのが、現在のコース制です。中高一貫コース特別進学コースキャリアデザインコースの3コースを設置しています。このコース制の導入により、次のようなメリットが生じています。

  • 新入生が、将来の進路を意識して入学してくれるようになった。
  • 生徒それぞれの進路希望に応じた、「夢実現計画」の実施が可能になった。
  • それぞれのコースの特徴を生かし、進学実績の向上、部活動の成果など生徒の個性や能力を十分に発揮することができるようになった。