SSHブログ

三瓶自然観察会 その2

カテゴリ : 
科学探究
 
2016/10/18 12:07
さて今日も引き続き三瓶自然観察会その2をおとどけします




三瓶山は夜になれば外灯や建物の光もほとんどないので夜は真っ暗になります。
そう、天体観測にはぴったりの場所なんです。三瓶自然館サヒメルにて夜の天体観測会が行いました。この日は少し曇りでしたがなんとか雲にかかる半月や火星、星座がいくつか観測できました。この日見た夜空と感動、いつまでも忘れないでね




こちらはフィールドワークの振り返りと答え合わせをしました
何を見て来たか一緒に語り合うのも勉強になります

○ここからは翌日の工作活動です○
丈夫な橋をつくる取り組みです。材料は500枚の紙とセロハンテープのみ
完成した橋におもりを乗せたどれくらい耐えれるかを競争します。普段の科学探求や理科の授業で勉強したことから各班自由にデザインしてつくります。
高校生も中学生もお互いに意見を交換してつくるので結束力も高まります^ ^



















最後はお昼ご飯を食べて帰る時間を待っています
少しだけ自由時間ができたので、綺麗な空気の中でみんな楽しく遊んでいました

おしまい
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1680)

三瓶自然観察会

カテゴリ : 
科学探究
 
2016/10/17 15:18
みなさま
先週、12日13日とSSH三瓶自然観察会に行って参りました(*^_^*)
この企画、ブログにも速報版として少し書かせていただきましたが、今年で2回目の企画となります。もともとは日帰りで中高生で島根半島に出かけて地質や地層を観察しようという企画だったのですが、もう日帰りとは言わずに中学生・高校生一緒に一泊二日の研修にしてみようという始まりでした。
もちろん自然観察、研修、工作活動、食事、入浴全て中学生と高校生は一緒に行動します。中高一貫教育をしている本校ならではこそできる活動です。

中学生は初めて話す高校生と1泊を一緒に過ごすのでドキドキですが、高校生も中学生にどうやってコミュニケーションとろうかと考えます。しかし、一緒に何かを発見したり、つくったり、食事したりしているといつの間にか信頼関係が作れてきているの見て教員側もびっくりしています。

SSHの研修旅行は全て1から作らないといけないので大変ですが、研修前と後で生徒が成長できている姿を見るとやって良かったなと思いますね(*^_^*)
来年は今年の反省も生かしてもっと良い自然観察会を準備します!



時間通りに集合〜さて今日の準備はいいですか?ここから高校生と一緒に行動開始です


バスに乗り込みますよ〜


到着。三瓶青少年交流の家です


さて、恒例のシーツ渡し。ここは全部自分のことは自分でしないといけないです
(並べたのは教員が頑張りました(^^ゞ)


高校2年生が部屋長さんになり中学生を引率します


ついて最初の食事♪ 



さあ〜盛るぞ〜


いよいよ自然観察会スタートです


このワークシートも何回も三瓶に行って写真を撮って教員で準備しました
大変ですが、つくるほうもめちゃくちゃ楽しいですよ(*^_^*)



たまには下を向いて歩く楽しさを知ってほしいですね



見つかるかな〜



この木なんだろう〜



高1は今年から1人1台タブレットを持っています
写真も撮れるのでフィールドワークにはばっちりです(^^)



すすきの迷路からただいま♪



この虫何だろうか〜



何か見つけたかな(^^)



最後は三瓶自然観サヒメルの方に質問する時間もありました
みんな最初は遠慮していましたが、ほんのすこし背中を押したら質問の行列ができていました(*^_^*)

次回に続きます
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1489)

金沢研修 

カテゴリ : 
科学探究
 
2016/10/17 14:42
金沢研修 その2

SSH 金沢工大研修旅行












  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1453)

金沢工大研修

カテゴリ : 
高大連携
 
2016/10/8 10:04
金沢工大研修 その1

SSHの研修として県外に出て最先端の科学技術に触れる機会があります
高1で、金沢工大研修
高2で、つくば研修
これらには全員参加していただき、科学技術に触れて、本物の研究者さんのお話し(裏話を含めて)を聞いて、研究などを実際に体験してもらおうという試みです。この活動を通して科学技術に少しでも興味・関心を深めてもらいたいと願っています。

今回は今年で4回目になる金沢工大研修の様子をご覧ください。




実際に今行われている最先端の研究を説明していただきます


真剣な様子でメモを取っています


今話題のES細胞の講義です。理解できたかな?



次はラボに移動して実際の研究設備を見せていただきます。学校にはない設備もたくさんあったね。


こらは自己再生するプラナリア・・
体が切断しても元に戻る生物として注目を浴びています。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1512)