SSHブログ

つくば研修 新たなる挑戦 後編

カテゴリ : 
科学探究
 
2016/9/23 7:00
まずはこちらを御覧下さい。
SSHブログ「つくば研修 新たなる挑戦 前編」(Click!)

ここは高エネルギー加速器研究機構。
全長3キロの巨大加速器リング。
電子と陽電子の衝突するポイントに。


「先生、先生、地下に降りてきたのに4階にいます!」
どれほど巨大な施設か伝わりますか?




この世界有数の巨大装置で見るものは、、宇宙一小さい素粒子。




こ〜んなに大きい。
でもこれはほんの一部分。




今年はJAXAの中でも「宇宙飛行士選抜試験や訓練を受けた場所」を見学しました。




あの場所。
(マンガ「宇宙兄弟」参照)




そして防災科学技術研究所へ。
これ、「地震座布団」。
世界でたった4つ。
しかも、本当に日本で起こった地震の波形がそのまま再現できる装置。

もっとすごかったのは説明してくれた担当者。
知識がすごかった。




いよいよ大型地震発生装置と、大型降雨実験施設の見学。




中なのに外。




この建物、動くんです。




時間雨量300ミリまで再現。
実際には300ミリは観測されていませんが、ゲリラ豪雨が一時間続くとそれぐらいになるものもある。

怖いですね。
しっかり対策をしましょう。




問題「何が何?」




金属の不思議な性質について実験で確かめました。
最終日「物質・材料研究開発機構」。

最先端の技術の誕生は、新素材の開発で始まる。




生徒のみんな、心に火はついただろ!
さあ、学校に帰って研究だ。

終わります。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1494)

つくば研修 新たなる挑戦 前編

カテゴリ : 
校外研修
 
2016/9/21 7:00
開星SSHつくば研修のご紹介です。
今年で4回目を迎えました。
つまり開星SSHの初年度から実施している研修です。

1年目は一泊二日でした。
2年目に二泊三日となり、大学見学などが追加。
3年目は、新たに一日がかりの実験体験を加えました。

そして4年目の今年、新たに「食と農の科学館」「防災科学技術研究所」の二カ所を追加した研修となりました。

どんどんハードな研修になっています!



でも一番最初に行くここは、4年間同じです。
日本科学未来館。

日本の科学技術が開く未来を、予感します。




ここにあるのは、科学技術が可能にする未来(の予想図)。




未来が見えます、か?



つくば、と言えばここは外せません。
筑波宇宙センター。




宇宙が近い場所。




左の巨大な物体は「補給船こうのとり」。
これが国際宇宙センター(ISS)に物資を運びます。

今、宇宙飛行士の大西さん滞在中です。




無重力を表現中。




初めて行ってきました「食と農の科学館」。
ここは面白かった。
おいしそうだった。
苦(にが)かった!




「先生!!! こんなおっきいのがお米から出てくるんですかー?」
(この展示、ちょっとわざとやってないか?)




カメムシ人形の「スジヲ」くん。
今まで害虫じゃなかった虫が、環境が変わると害虫になる…。




そして、世界に誇る「高エネルギー加速器研究機構」、通商KEK。
ここはフォトンファクトリー、放射光を使った構造解析が行われる場所。




いよいよ、加速器の中へ。
(事前研修中)
この施設で解説をしておられる方は、全員現役の研究者のかた。
たとえば、ノーベル賞を取った小林・益川博士の理論を実証した実験に参加した方々。

世界で活躍する研究者が、高校生に一生懸命教えてくださいました。
ありがとうございました。

続くのです。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1526)

高1 科学探求 土曜講座

カテゴリ : 
科学探究
 
2016/9/13 13:51
みなさま、お久しぶりでございます。
2学期が始まりまして初の土曜日、高1科学探求を実施しました

今日のテーマは身近な微生物を観察してみようという取り組みでした。
学校周辺にあるため池まで出かけて池の水を採取したり、コケを採取してその中にはどんな微生物がいるのだろうと生徒も興味真心で観察していました。

教科書に載っているような微生物は全体のうちのほんの僅かであります。今回観察した微生物のなかには教員ですら何なのか分からない生物もたくさんいました。分からないものが出たら「これは何だろうか?」「どんな特徴があるのだろうか」調べて、議論し合い成長していくような気がします。

生徒・教員ともに勉強になりました!







  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1394)