SSHブログ

校内SSH生徒発表会 後編

カテゴリ : 
研究発表
 
2015/6/13 7:00
まずはこちらからご覧下さい。
校内SSH生徒発表会 前編(Click!)

開星史上初の出来事。
生徒研究発表会。


たとえ高校生、中学生といえども、その研究成果は社会を変える力を持つことがあります。
(開星の研究はまだまだですが、いずれは)




たとえ小さなことでも、世界ではじめて発表する事実もあります。
それが研究。




自分のやりたいことにまっすぐに向き合う。




この発表で必要な力は、例えば受験のための勉強とはかけ離れて見えるかもしれません。
でも、社会に出たとき、必要な力は?




自分の考えや、やって来たことの成果、意見を相手に伝える力が必要です。




自分の興味関心を、社会に活かす視点が必要です。




いろんなことに興味を持ちましょう。




自分には向いてないとか、自分にはできないとか、そんな思い込みは捨てましょう。




研究したい、と思ったらやってみればいいんです。
「趣味は?」と聞かれたら「研究を少々」と答えよう。




中学生の皆さんは、2年生になったら全員研究します。




いろんな人に見てもらう。
そうして、意見をもらう。
そすて新しい視点を得る。




その道の達人に、話を聴くことはとてもとても大事。




この研究発表会が、長く続きますように。




祝!

終わり。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5827)

校内SSH生徒発表会 前編

カテゴリ : 
研究発表
 
2015/6/6 7:00
平成27年5月25日(月)
この日、開星中学校・高等学校にとって初めてのイベントが開催されました。
「生徒研究発表会」です。

2年前にSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されてから、生徒たちは「課題研究」に取り組んで参りました。
その成果を、広く内外に公開するために、多くの方々にお越しいただき見ていただきました。


一日がかりで準備。




全校生徒が聴衆です。




壁には、高校3年生理系と中学3年生全員のポスター。
全部で80本程度。




始まります。
開星にとって初めての経験。




その栄えあるトップバッター。




予選を勝ち抜いた5組の口頭発表は、どれも面白いテーマで、そしてプレゼンテーションも上手でした。




開星らしい、道徳観を持ったテーマもありました。




運営も生徒。




SSHに指定されて3年目。
生徒たちは順調に経験を重ね、多い生徒は10回程度は校外の発表会に参加し、鍛えて来ました。




同じ学校の生徒の、普段の授業とは違った学習成果の発表に、全校生徒もしっかりと聴いていました。




最初の研究のきっかけは、本当にささいなことでも良いんです。
その研究を続けていくと、どんどん疑問が湧き上がり、どんどん研究が進んでいくので。




この5組の発表者の中から、1組だけ8月に開催される全国のSSH指定校が揃う大会に参加します。




だんだんと慣れてきた生徒たち。
質疑応答も活発になってきました。




保護者の方にも参観して頂きました。




口頭発表の後は、80本のポスターセッション。

続く。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5645)