• カテゴリ 校外研修 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM
SSHブログ

つくば研修 新たなる挑戦 前編

カテゴリ : 
校外研修
 
2016/9/21 7:00
開星SSHつくば研修のご紹介です。
今年で4回目を迎えました。
つまり開星SSHの初年度から実施している研修です。

1年目は一泊二日でした。
2年目に二泊三日となり、大学見学などが追加。
3年目は、新たに一日がかりの実験体験を加えました。

そして4年目の今年、新たに「食と農の科学館」「防災科学技術研究所」の二カ所を追加した研修となりました。

どんどんハードな研修になっています!



でも一番最初に行くここは、4年間同じです。
日本科学未来館。

日本の科学技術が開く未来を、予感します。




ここにあるのは、科学技術が可能にする未来(の予想図)。




未来が見えます、か?



つくば、と言えばここは外せません。
筑波宇宙センター。




宇宙が近い場所。




左の巨大な物体は「補給船こうのとり」。
これが国際宇宙センター(ISS)に物資を運びます。

今、宇宙飛行士の大西さん滞在中です。




無重力を表現中。




初めて行ってきました「食と農の科学館」。
ここは面白かった。
おいしそうだった。
苦(にが)かった!




「先生!!! こんなおっきいのがお米から出てくるんですかー?」
(この展示、ちょっとわざとやってないか?)




カメムシ人形の「スジヲ」くん。
今まで害虫じゃなかった虫が、環境が変わると害虫になる…。




そして、世界に誇る「高エネルギー加速器研究機構」、通商KEK。
ここはフォトンファクトリー、放射光を使った構造解析が行われる場所。




いよいよ、加速器の中へ。
(事前研修中)
この施設で解説をしておられる方は、全員現役の研究者のかた。
たとえば、ノーベル賞を取った小林・益川博士の理論を実証した実験に参加した方々。

世界で活躍する研究者が、高校生に一生懸命教えてくださいました。
ありがとうございました。

続くのです。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1363)
金沢に行くまでは大変なんですが、行った生徒の評判は高いこの研修。
金沢工大のキャンパスが楽しいみたいです。


こちらのキャンパスは、主に学部の学生が多くいるキャンパス。




もう一つ、研究室が集まったキャンパスにも行きました。
大学の雰囲気と、研究施設の雰囲気を体験。




まあ、みんな後数年で大学生になるわけです。




そして、ここは工業大学なので、科学技術で世の中に貢献するための研究が盛り沢山でした。




この日は、ロボット工学、映像音響工学などの研究を見ました。




そして一番行ってみたかったところは、




ここ。
「夢考房」です。
学生の夢を叶えるための場所。




学生の想いに応えるために、大学が場所と技術と道具を提供してくれる場所。




そして、その場所で頑張っている先輩たちの話を聞きました。

終わり。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2881)
開星がSSHに指定された初年度から、この金沢工大研修はあります。
なぜ金沢まで行くのでしょうか。


まずは途中で一か所立ち寄ります。
関西には有名な研究施設が多数あります。




ここは、理化学研究所多細胞システム形成研究センター、通商CDB.
難しい名前ですが、つまりiPS細胞の臨床実験を世界に先駆けて発表したのがここです。




その本物の研究施設を見せていただきました。




生徒、すこし緊張中。




これ、実はiPS細胞から作られたもの。




さすがに興味津津。
この中に世界の再生医療の最先端が入っています。




休憩所もユニーク。
いつでもディスカッションができるように。




さあ、いよいよ金沢に向かいます。




到着。(本当は結構時間かかっています)




この金沢工大には、開星の教育にも通じるとても素晴らしいものがあります。
それを見に来ました。
ご飯を食べたら見に行きます。

続く。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2918)
つくば研修報告 すごいものばかり 1/4(Click!)
つくば研修報告 すごいものばかり 2/4(Click!)
つくば研修報告 すごいものばかり 3/4(Click!)


宇宙服は、固くて重かったです。




やっぱりかぶっているようには写らないか。


そして最終日、国立研究開発法人物質・材料研究機構、通称NIMS(ニムス)へ。

いきなり問題
この10個の金属、それぞれ何?




このNIMSは、物質特に金属などの特性を調べたり、新材料を開発したり、代替素材を見つけたり、などなど日本の科学技術の根幹を支えるものすごく大切な場所。




今日は、これを使って金属片を叩き折る。




そしてその叩き折るためのエネルギーを計算することで、物質の脆さ(もろさ)を調べる。
脆性(ぜいせい)といいます。




これは金属がねばって折れている状態。




冷やすと突然もろくなる。
これが低温脆性。
この低温脆性がまだ未知だった頃、よく寒い海で突然船が割れていた。




こんなふうに、事故を研究することでより安全になってきた。
事故は無くしたいけれど、起こってしまった事故からは必ず新しい事実を見つけるのが科学。




もう1つの実験。
細い材料の太さを測っています。




そして引っ張ってちぎる!




一日中、実験していました。

そして、無事に松江に帰ってきました。
この「つくば研修」は、理系の生徒にとって非常に魅力的な研修になっています。
これからももっと良い研修になるように、教員も生徒も勉強しています。

終わり。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2826)
ここまでの研修の様子はこちらからご覧下さい。
つくば研修報告 すごいものばかり 1/4(Click!)
つくば研修報告 すごいものばかり 2/4(Click!)

KEK(高エネルギー加速器研究機構)に来ています。

階段を降りると、そこは、、、

「あれ、階段降りたのに、登ったみたいに高い」




右下に見えるのが素粒子を検出する部分。
8メール四方ある。
それがしたに見える高さ。




この2本の管の中を電子と陽電子が逆向きに、ほぼ光速でぶつかる。
すると素粒子が見える。
ものすごく大きい、宇宙一小さいものを見る機械。




あれ? 先生、大きくなった?




そして次はここへ。
そうです(どうです?)、JAXAです。




宇宙じゃないので無重力じゃないけど。




日本の宇宙開発の歴史は、人工衛星とロケットと宇宙ステーションの歴史。




右、歴代の日本のロケット(模型)
正面、補給船コウノトリ
左、ロケットエンジン。




奥の巨大なもの、国際宇宙ステーションの日本のモジュール「きぼう」




歴代の人工衛星がずらりと。





そしてここから先は撮影禁止。




にしても大きいね。
右側中央にも人がいるの見えますか?

続く。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2533)