• カテゴリ 地域貢献 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM
SSHブログ

ロケットボーイズ&ガールズ

カテゴリ : 
地域貢献
 
2014/11/1 7:00
開星SSHによる地域貢献活動の新企画「ロケット教室」のご紹介です。

開星は。文部科学省よりSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されています。
このSSHでは、いただいた支援をもとに先進的な科学教育を行っています。

そして、その成果をこの松江の地に普及する活動も行っています。

昨年の夏には「ロボット教室」、冬には「宇宙教室」。
今年の夏は、「Rubyプログラミング教室」を行いました。

そしてこの冬、宇宙教室をパワーアップした「ロケット教室」の登場です。



指導講師の資格を持つ教員と,打ち上げライセンスを持つ生徒によって開催されました。




ロケットは,自分で作るもの。
ちょっとだけアドバイスしますが,手は貸さない。




お父さんお母さんも,手伝いたい気持ちをぐっと我慢。




「こんなのできないよ」とか思ってないですか?
「ロッケトなんて飛ばしていいの?」なんて思ってないですか?
作れるし,飛ばしていいんです。




ほらできた。
個性は大事。




接着剤が乾くまで,ロケットの仕組みを学びます。




重心と空力中心の関係性。
作用反作用の法則。
第一宇宙速度。
などなどを教わりました。




遊びながら学ぶ。
遊びと学びは似ている,こともある。




そして,ついに。




良いお天気でした。
パラシュートが映えます。




ほら,無事に帰ってきたでしょ。
君たちにだってできたでしょう。
やればできたでしょう。




その後次々と成功。




「誰が一番近くに着陸するか!」
という大会をやってみました。




一番は11メートルでした。
優秀。




夕日とロケット。
みんなの記憶に「良い日」として残ると良いです。
科学が楽しいと思ってくれると嬉しいです。




点火後,一秒で時速180キロまで到達。




一瞬で目の前からいなくなる。
これを小学生でも飛ばしていいんです。
ちゃんとルールさえ守れば誰もが学べる。




風に流されて林の中に…。
こんなこともありましたが,失敗から学ぶことが大切。
子供は失敗していいんです。
学校は失敗していい場所なんです。

来年もやろうかな。
たくさん来てくれると嬉しいです。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2581)

「ルビー」といえば?

カテゴリ : 
地域貢献
 
2014/7/26 7:00
くもりガラスの向こうが思い浮かんだ人は40代以降でしょうか。

今、島根県の小中学生のあいだで「ルビー」といえば、"Ruby"。
つまりプログラミング言語のことです。

松江市在住の「まつもとゆきひろ」さんが作ったプログラミング言語で、オープンソース(だれでも使えるように公開されている)で、手軽なオブジェクト指向(説明が・・・難しい)スクリプト言語です。その他にも、シンプルな文法で読みやすいとう特徴で、プログラミング言語を学んでみたいと思っている人にとってもうってつけの言語です。

難しい話はおいておきましょう。

その、日本が、島根県が、松江市が世界に誇れるRubyをぜひとも知って欲しい。
身近な物の中に当たり前のように存在しているプログラムという物を理解してほしい。
自分の考えた物が思った通りに動くようになる苦労と感動を知ってほしい。
こんな思いから、開星SSH Rubyプログラミング教室を開催することとなりました。

趣旨に賛同していただいた、高尾宏治先生、本多展幸先生、倉橋透先生に講師になっていただき開催いたしました。


松江市内の小学6年生約40名と、本校の中学1年生を対象としました。





先ほどご紹介した講師の先生。
左から高尾先生、本多先生、倉橋先生。





会場は、本校自慢のCAI教室。
最新の環境を整えています。





ほとんどの参加者がプログラミングそのものが初体験。





でもご安心。
今回使ったのはSmalruby(スモウルビー)というマウス操作と日本語でできる環境で勉強しました。





2時間もしたら、ほらこの通り。





自分の考えたアイデアが、目の前で形になる。
こんな楽しいことはない。





ん? 先生もはまる。





「うわ! いいこと思いついちゃった。」
という瞬間。





3時間の講義があっというまに感じるほど集中。





こんなカードももらっちゃいました。
この手は、、、絶対に小学生ではない。





裏はこんなかんじ。
興味のある方は、この写真のURLをのぞいてみましょう。

開星のSSHでは「ものづくり」を取り入れた科学探究という授業を開発しています。その中の1つの取り組みとして、今後もこのRubyを取り入れていこうと計画しています。

Rubyが学びたい人、ぜひ開星に。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3055)

宇宙教室 × 開星SSH

カテゴリ : 
地域貢献
 
2014/1/18 7:00
開星SSHは、大事な国の予算をいただいて行う事業。

だからその成果を、この松江のみなさまにも伝えていくことが大切です。

そんな地域貢献事業として今年度初めて挑戦したのが「宇宙教室」です。

小学生の皆さんにお越しいただき、宇宙教育リーダーの資格をもつ4人の理科教員が授業を行いました。


アシスタントには、開星の自然科学部の高校生が。





まずは宇宙旅行。
地球を出発。





土星を過ぎ、太陽系を出て、137億光年先まで行ってきました。
シミュレーションですけど。





次はこれ。
かさ袋を膨らましてます。





かさ袋のロケット。





質量の中心(つまり重心)や、圧力中心、空気抵抗の難しい話をかさ袋で理解できてしまいます。





おもりを良い位置につけて、羽を良い位置につけるとまっすぐ飛ぶよ。





未来の宇宙飛行士。





そうそう、先頭を重くすると安定しますね。





曲がってしまうね。
羽をつけてみましょう。





羽は何枚?
どこにつける?





ものの形には意味がある。
特にロケットのようなシンプルな形には。





羽の位置がおかしいと、急に曲がる。





よし、まっすぐ飛んだ。





もう一つロケットを作ったんですが、小さな小さなストローのロケットなので、写真に写すことができなかった。

皆さん、楽しかったですか?

来年度も開星SSHによる地域貢献事業を行います。
お楽しみに。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2583)
この冬、開星スーパーサイエンスハイスクールが開催するイベントをご紹介します。

1つ目は『山陰地区SSH成果共有会』です。
現在、この山陰地区にはSSH指定校は3校。
益田高校、出雲高校、開星中学高等学校が集まり、文部科学省の実施するこのスーパーサイエンスハイスクール事業の成果を披露します。

日にち:12月21日(土)
時間:10:00〜14:30(受付9:30開始 入退場自由です)
場所:島根県産業交流開館(くにびきメッセ)
入場料:無料です どなたでもご覧になれます
内容:
10:00〜10:15 開会式
10:15〜11:55 生徒発表(8本)
11:55〜12:00 質疑応答、午後のご案内
昼休憩1時間
13:00〜14:20 SSHの取り組み事例(教員発表)
14:20〜14:30 質疑応答
※教育関係者の皆様にはこのあと分科会も予定しています。
※※お問い合わせはkaisei@kaisei.matsue.shimane.jpまで。
※※※画像をクリックするとPDFでご覧いただけます。





2つ目は『宇宙教室×開星SSH』です。
(座席数の都合で小学6年生を対象とさせていただきます)
開星の理科教員と自然科学部が、身近な素材でロケット作りを教えます。
一つは「かさ袋ロケット」。
作りながら、ロケットの形に隠された秘密を見つけます。
もう一つは「スーパーボールロケット」。
中学校で習う「作用・反作用の法則」を使ったものすごく良く飛ぶロケット。

対象:小学6年生
日にち:12月22日(日)
時間:10:00〜12:00(受付9:30から)
場所:開星中学高校の理科室(本校舎3階です)
料金:無料です
申込方法:
?下記の申し込み用紙に記入してFAX
?メールにて申し込むkaisei@kaisei.matsue.shimane.jpまで
?開星のホームペジに申し込み用フォームが準備してあります。
[color=FF0000※]画像をクリックするとPDFでご覧いただけます。[/color]


この冬、開星で科学してみませんか。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2979)