• カテゴリ 広報より の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM
SSHブログ

予告を2つ

カテゴリ : 
広報より
 
2015/1/31 7:00
予告1
本校のスーパーサイエンスハイスクールに取り組む生徒が出演するテレビ番組のご紹介です。
日時:2月14日(土) 10:15〜10:40
番組名:県政特別番組「地球LOVE 足し算の省エネ ゆけ!スマートライフマン」
チャンネル:山陰放送(BSS)
ぜひご覧ください!
※詳しくはこちらのBSS公式ページをご覧ください。
県政特別テレビ番組「地球LOVE 足し算の省エネ ゆけ!スマートライフマン」(Click!)

予告2
開星SSHで取り組む研修についてです。
現在、全く新しい形の研修を予定しています。
その名も「つくば研修?(ツー)」。
産業界と大学と連携します。
次週のKAISEIブログでご紹介します。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3011)

実験の準備から実験です

カテゴリ : 
広報より
 
2014/12/6 7:00
SSHの授業には教科書はありません。


ということで、実験をやってみましょう。
ただし、教科書がないので一番最初の最初から。




すべての実験道具と薬品を準備して、組み立てと調合を行い、実験計画を立てて。




実験器具って、使い方が決まっているので、形を見てよーく考えるとどうやって使えば良いか分かるものが多いですね。




機械も同じく、正しい使い方は合理的な使い方でもあるので使えば覚えられる。




「物の形には意味がある」の代表が実験器具。




でも安心に実験をするために、常に気を使いましょう。




そして楽しく実験しましょう。




でもね、すべて自分でやる実験はとっても疲れます。




先生も、上手くできるのか気になってしょうがない。




でもね、何度も書きますが「失敗するなら今のうち(学校にいるあいだに)」。




学校では何度失敗しても、何度でもやり直せる。
学校では何度失敗しても、人生にはプラスになる。




ただし、一生懸命やった結果の失敗だけ。




…お疲れのようですね。




片付けも、大切な授業。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2738)

開星SSH総覧図

カテゴリ : 
広報より
 
2014/8/30 7:00
開星SSHの研究課題は「道徳観を備えた科学系人材を育成する中高一貫教育課程の開発」というものです。その下にこの研究で検証する「仮説」や、仮説を確かめるために実際に実施する各事業があります。そしてその事業は中学1年生から高校3年生までの6学年分あり、それぞれに目的を持って実施しています。

つまり、開星SSHの全容は一言では言い表せないほど広く深いのです。

しかし、この開星SSHを推進していくためには、明確な目的や、目指す生徒の理想像、実際の生徒の目標などが共有されていることが大切です。

そこで、開星SSHでは「開星SSH総覧図」を作っています。

それがこちら。
※画像をクリックすると拡大してご覧に慣れます。

もっともっとシンプルで分かりやすいものにしていかなくてはならないのですけどね。

いよいよ2学期です。

2学期は各学年がそれぞれの研修に出かけます。

開星SSH自然観察会
開星SSH島大エネルギー研修
開星SSH三瓶科学研修
開星SSH金沢工大研修
開星SSHつくば研修

そして
開星SSHアメリカ研修に初挑戦

そして
山陰地区SSH成果共有会の第2回目を計画しています。

開星SSHの今後にご期待ください。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2573)
『スーパーサイエンスハイスクール』指定の一年目が終了いたしました。
大学の先生、企業の方、生徒、保護者、その他様々な方々のご協力をいただき、ほぼすべての事業を実施することができました。
この場を借りてあらためてお礼申し上げます。

さて、その1年目の本校が実施した研究開発のすべてを記録した『研究開発実施報告書』が完成しました。

ホームページにて絶賛公開中です。
開星SSHホームページ「研究報告・研究紀要」(Click!)
もしくは、本校のサービスセンターにて配布しています。


これが完成品。





いろんなことに取り組みましたので、読み応えあります。





新しいことにも挑戦しました。



そして、全国のSSH指定校(201校あります)から続々と『研究開発実施報告書』や『課題研究論文集』が届いています。


これです。





様々な学校が、独自の取り組みをされています。
読むだけで勉強になります。





開星中学校・高等学校で日本の最先端の学びに触れることができるように、しっかり読み込んで、本校のSSH事業をより良いものにしていきます。

本年度もよろしくお願い致します。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2445)
開星SSHは、文部科学省の支援をいただいて実施している事業です。
つまり、大切な大切な国の予算をいただいて実施している事業です。
ということは、より良い事業にして、日本という国の科学技術系人材の育成に貢献しなくてはなりません。

より良い事業にしていくための仕組みも準備してあります。
その1つが「運営指導委員会」です。
大学や企業の方々に協力していただき、共にこの開星SSH事業を作り上げて行きます。

2月中旬、本年度最後の運営指導委員会を開催いたしました。
8名の指導委員のみなさま全員に出席していただくことができました。


そして、もう1つの仕組みが「生徒発表会」や「事業報告会」等のお客様をお招きしての事業です。
保護者の方や、一般の方に本校のSSH事業を見ていただき、ご意見をいただきます。

これは、本年度の事業報告会で使用されたキーノートです。

まもなく本年度の「研究開発実施報告書」も完成いたします。
ホームページに公開いたしますので、ぜひお読みください。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2858)