KAISEIブログ - 最新エントリー

ドキドキ!NZ研修報告〜その1〜

カテゴリ : 
中学
 
2011/3/18 12:36
 開星中学校に入りたかった大きな理由、それは「ニュージーランド研修」でした。全然知らない国に行き、日本語が全く通じないお宅に2週間滞在するという、ドキドキの研修旅行です。

 NZ研修が始まるまではすごくすごく長い時間に感じました。説明会があるたびに、早くNZ研修来ないかなぁ、どんなことをするんだろうと、ずっと思っていました。でも、NZ研修が終わるのはとても早く16日間があっという間に過ぎていきました。それは、あまりにも研修が充実していて、いろんなことにチャレンジさせてもらったからだと思います。本当にすばらしい思い出ができました。


 1日目、いよいよ出発。前日にクライス
トチャーチで地震があったので、行けるかな?と心配していましたが、無事に行くことができました。飛行機とバスを使ってどんどんNZが近くなってくるのがわかります。しかし、NZに行ってホームステイするのは実感が湧いてきません。

 2日目、オークランドで観光してからワイヒに向かって出発。そして、いよいよファミリーに会います。私のファミリーはファザー、マザー、そしてドイツから来た留学生のミリーナです。この3人とこれから
過ごすと考えると、ドキドキが止まりませんでした。

 3日目は、初めてのワイヒカレッジでの授業。ジョンという、とてもおもしろい先生が私たちの担当でした。学校では、英語や体育のほかに演劇や木工など、日本ではやらないような授業がありました。また、55分授業なのに時間があっという間に終わってしまいました。体育ではNZでさかんなスポーツ、ラグビーにチャレンジすることができました。

    

 ホストファミリーは、毎日おいしい食事をたくさん作ってくれました。昼食にはランチBOXを作ってくれました。サンドウィッチやクッキー、フルーツなどが入っていました。放課後は、ファザーとミリーナと一緒にワイヒビーチに行き、泳いだりサーフィンをしたりしました。サーフィンをするのは人生で初めてだったので、本当に素敵な思い出ができました。そのほかにも、NZの文化にいろいろ触れることができました。お葬式に行ったときは、参列している人が笑顔で、日本と考え方が違うんだなと思いました。スーパーマーケットで50ドル札を出したときには、店員さんに光で透かして見られました。本当にムカっとしました。でも、それもいい思い出です。



 マラエというマオリの人々の家にも行って、マオリの人の歌やダンスを見ました。ハカを見ることができなかったので、少し残念ですが、本当にはく力があって感動しました。




 ホストファミリーとは、最初言葉の壁がありました。しかし、そんなのは問題ではなく、ジェスチャーや思いを込めて言葉を言うことで、不思議と心がつながったような気がします。最後に別れるのは本当に残念でした。けれど、eメールやはがきなどで連絡を取り合えればいいと思います。

 NZ研修という思い出を作ってくれたホストファミリー、ワイヒの学校の方、開星の先生方、そして家族に感謝しています。

 ありがとう。Thank you!

                                   若林 銀河

   
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8087)



先月12日〜13日の2日間、高1・高2中高一貫コースの数名が、予備校授業体験(Z会マスターコース)のため、大阪へ行きました。
2日目は、大阪大学キャンパスツアーも行いました。
都会地の予備校の授業体験やキャンパスライフを体験することで、受験に対する意識を高めることができたようです。
今回は、生徒の皆さんの感想を掲載します。予備校体験の空気を感じ取ってください・・・!!
 





 私がこの講座を受けて一番感じたことはもっと勉強に対して危機意識を持たなければいけないということです。私はまだ一年生だから少しくらい手を抜いても大丈夫だと思っていました。でも、二年生の春から受験勉強を始めたほうがいいと聞いてこのままではいけないと思いました。まず、それに気づけたことが大きかったです。
 三教科とも進むスピードについていくのが大変だったけど、その分しっかり勉強できました。英語は先生がとてもおもしろくて、授業も楽しく受けました。一年のときに文法と熟語をやったほうがいいと聞いたので今からでも苦手なところを復習していきたいです。
 数学はベクトルでまだ習っていないところも出たけど、先生がわかりやすく説明してくださったので(最後のほうの問題を除いて)理解できました。古文は問題を解くポイントを教えてもらいました。実際に問題を解いてみて、もっと単語を知らないといけないと思ったので、単語をしっかり覚えていきたいです。
 今回の講座で意識がCHANGEしたので、この気持ちを忘れず、これから志望校合格に向けて勉強をしっかりしていきます。このような機会を提供していただき、本当にありがとうございました。”素直な心を大事にします★”(高1・女子)




 僕は、普段「東進」の映像授業を受けており、Z会とは敵対関係ですが(笑)、東進以外の授業は受けたことがなかったので新鮮な感じがしました。特に講師の先生方は関西の人たちなので、話術で生徒を惹きつけるのがうまいと思いました。
 校舎にいる生徒たちも「東大・京大・阪大以外は大学じゃなーーーーい」って感じの勢いで真面目に勉強していてすごいなぁと思いました。
英語は、センター試験の文法問題を解きましたが、9割ぐらいできたのでまあまあでした。別の授業があれば、受けたかったです。
 数学は、ちょうどベクトルを勉強していて、いい復習になったと思います。
 国語は、結構読み応えのある文章で、設問も難しかったです。別世界でした。
 Z会梅田校は周囲に「河合塾」「四谷学院」「東進」があり、予備校同士がしのぎを削る環境で羨ましかったです。「ミヤネ屋」の宮根さんの出身地である島根県に住んでいる僕にとっては、田舎と都会の差を感じました。
 第一志望校はD判定で、まだまだですが、E判定から京大に合格した人の事例を見て、最後まで追い続けることが大事だと思いました。(高2・男子)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8261)

ようこそJENESYS Programmeの皆さん!

カテゴリ : 
学校行事
 
2010/12/15 19:54
ジェネシスプログラム(東アジア青少年大交流計画)とは、たくさんの青少年を日本に
招こうという日本政府が推進する取り組みです。

開星は毎年このプログラムを受け入れていますが、今年はオーストラリア、インド、
インドネシア、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、タイ、ラオスの各国
から12名の皆さんが来校されました。

12月8日(水)
全校集会を行い、コーラス部のクリスマスソング♪
吹奏楽部の演奏♪でみなさんを歓迎しました。

調理科の3年生と巻き寿司づくり。
教える方も教わる方も真剣です。
 

  できましたよ〜。


放課後は、茶道部・箏曲部の活動に参加。

 一服いかがですか?

                   


12月9日(木)
午前中は本校の授業に参加。
高校1年生の音楽では、ボディパーカッションに挑戦♪

 言葉は違えど、音楽は共通ですね。





中学2年生の英語の授業では、折り紙やUNOをしていました。


 
UNOの遊び方が通じて、みんな大喜び!…ちなみにUNOは1971年にアメリカのオハイオ州で考案されたカードゲームなんですって





中学2年生は来年2月からニュージーランド研修です。
やっぱり自分から関わろうとする眼の色が違います


放課後は書道部の活動に参加。
思い思いの漢字を書いて、にっこりでした。



日本でのいい思い出となったでしょうか?
本校では、留学生をよく受け入れています。
生徒の皆さんにとっても、国際人としての感覚を身につけるいい機会となったようです。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (9355)


12月4日、イマージョン4回目の授業がありました。

イマージョン・プログラムとは、未修得の言語を身につける学習方法の一つです。学習目標とする言語(英語)の言葉だけを習うのではなく「その言語環境で」他教科を学び、その言葉に浸りきった状態(イマージョン)での言語獲得を目指します。そのため、授業の中で使われる言葉は全て「英語」。外国人の先生に、他教科を英語でご指導頂きます。

さて今回、中学1年生の皆さんは理科の「溶解」の単元を学習しました。講師の先生はアンドリュー先生です。皆さん、楽しそう!!今回は、生徒の皆さんの感想を、ご紹介します・・・。






今日、イマージョンの4時間目がありました。今日は久しぶりに、アンドリュー先生がこられました。
今日は、いろいろな液をリトマス紙につけて、どんな色になるかを見ました。その中で、「red」「blue」「green」「yellow」などが出てきました。いろいろな色を覚えることが出来ました。今回はもう慣れて、どんどんアンドリュー先生と会話することが出来るようになってきました。英語で会話できると楽しいし、沢山の国の人々と会話することができます。
今日の授業はとてもおもしろかったです。
また次の授業も「楽しく」英語で会話したいと思います。今日は本当にありがとうございました。(中1・男子)



今日は久しぶりにアンドリュー先生の授業でした。
BTB solutionや赤キャベツやジュースやお酢や石鹸を使った実験をしました。リトマス紙を使ったのは小学6年生以来ずっとやってないので、少しテンションが高かったです。
BTB solutionをお酢に入れたら何色になるかとか、石鹸に入れたら何色になるか、みたいな質問があって、二つともハズレでした。

まさかお酢が黄色になるとは…。BTBは深い(濃い)青色なのに黄や緑になるのは、不思議だと思いました。
次の授業はどなたが先生か、また授業内容等もまだわからないので、サプライズ気分で次の授業を楽しみに待っていたいと思います。ありがとうございました。(中1・女子)





今日、イマージョンの授業がありました。今日はアンドリュー先生で、水・アルカリ・キャベツ・ジュースなどを使って実験しました。
Vinegar、cleaner、waterの中にBTB solution、cabbage juice、Magnesium ribbonなどを入れたら、色は変わるかということでした。

僕が一番おどろいたのは、BTB solutionの実験でした。
色がパッと変わるのが僕の一番のお気に入りでした。
Look it changes colorなど英語で簡単に覚えられるように教えてくれました。
次回も分かりやすい英語と、そしてジェスチャーとのコンビネーション技で、また僕の心を掴んでほしいです。
僕は思いました。『ありがとう』『うれしい』ということを…。(中1・男子)



イマージョンの授業を通して、理科の学習や英語はもちろん、皆さん様々な事を学びとってくれているようです。

様々な体験からたくさんの事を吸収して、どんどん大きくなってほしいです。
がんばれみんな!


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (10477)

ダスティン先生ブログ☆〜Immersion〜

カテゴリ : 
学校行事
 
2010/11/6 17:10


Hello, everyone! Today, at Kaisei Junior High school, we had our second special Immersion class for our first grade students. Kaisei has teamed up with teachers from Kobe Shukugawa University to try out a special intensive English study program where students study another subject all in English. This time, our students are studying about science, and they really seem to be having a good time. Today’s class was about solutions; specifically, finding the density of them. Everyone concentrated hard and did a good job! Our next immersion class will be on november 20th.

皆さん、こんにちは!今日、開星中学校では、一年生のための特別イマージョン授業があった。開星は神戸夙川大学の先生方とタッグを組んで、英語以外の教科の授業を、すべて英会話のみで勉強するといった集中的な英語学習プログラムを試している。今回は科学について勉強していて、生徒たちは皆とても楽しそうにしていた。今日の授業は溶解についての授業で、具体的に言うと溶解後の濃度を計算することだった。皆一生懸命に集中して、よくがんばった!次のイマージョン授業は11月20日に行われる。【英文:和訳 ダスティン キッド教諭】

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (11057)

ブログ カレンダー

« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

カテゴリ一覧

アーカイブ