KAISEIブログ - 最新エントリー

4月13日(水)に行われた、鬼丸昌也氏講演の生徒感想を、ご紹介します。

中学1年生 女子
今の私の生活と全然違うので、かなりショックを受けました。
毎日、地雷に怯えながら暮らしている人たちは、どんな毎日なのでしょう。
幼ころから少年兵にさせられ、人を殺してしまう。どれほど心に大きな傷
をのすのだろうと思いました。
少女兵がいることにも驚きました。私と同じ年齢ぐらいの子供がいること
にただただ驚きました。

中学3年生 女子
私も最近、募金活動を始めました。
今日、鬼丸さんの話を聞いて、私にもできることはまだまだあるんだな、
と勉強になりました。
‘I can’ すごく簡単な言葉かもしれないけど、感動しました。
私も、募金活動を通して、日本や外国の力になれるといいです。

高校1年生 男子
僕は、日々感謝することを心がけていますが、忘れがちになることが多々
あります。この世界で日々起こっていることを、他人ごとにしてしまう気
持ちが、悔しいですが僕にもあります。何をすればいいのか迷いに迷いま
す。それでも、しっかりその物事に心を向けて関心を持ちたいと思います。
関心を持つだけでなく、何かできることを自分でも探し、限りある生命を
大切にしていきたいと思います。
変わらないかもしれないけど、変わると思いたいです。

高校3年生 女子
世界には今でも25万人の子ども兵がいること、カンボジアだけで年間
200人もの人が地雷の被害に合うことなど、衝撃的な事実を知った。そう
いった人々に私たちの生活が支えられているということは思ってもみない
ことであったため、ショックだった。
何も考えずに、携帯電話やパソコンを使う毎日であったが、現状を知り、
考え直す機会を与えていただいた。
日本に住んでいたら絶対に体験することのないことを体験したり、とて
も貧しい生活を送る元子ども兵たちも、夢を持ち、とても思いやりのある
私たちと同じ、人なのだということが鬼丸さんの話から感じられた。
今までの自分を情けなく思ったが、私ももっと前を向いて頑張らないとい
けないと思うこともできた。

このようにいろいろなことを感じ、考えてくれた生徒たちを誇りに思います。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8912)

1回目の面談週間 はじめました

カテゴリ : 
学校行事
 
2011/4/15 8:15
本校では、ドリカムプランの一つとして「面談週間」を実施しています。これは、生徒と担任が放課後に面談をするもので、年3回ほど企画されています。
(先生によっては、年間に10回以上、生徒と話をする方もいらっしゃいます)


放課後、すべての教室で担任と生徒が1対1で面談する光景が見られます。
廊下には、次の順番を緊張して待つ生徒の姿も。



この面談週間のために、授業時間を5分ずつ短縮して、多くの時間を面談に使っています。

中高それぞれの1年生にとっては、はじめての担任との面談です。担任の方も、生徒の皆さんの悩み、不安、そして夢。そういう大切な事を理解したいと考えて、事前準備をしっかりと行い面談に望みます。



中高それぞれの2年生、3年生にとっては、進路相談や勉強状況の確認など、将来を考えた面談になります。

ドリカムプランは、生徒の夢実現のためのプランです。生徒の将来も考えアドバイスを行っています。

「品性の向上をはかり、社会の発展に役立つ有望な人材を育成する」 この建学の精神を実現するため、ドリカムプランを実施しています。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (10669)

鬼丸昌也さんの講演によせて

カテゴリ : 
学校行事
 
2011/4/14 13:04
「品性の向上をはかり,社会の発展に役立つ有望な人材を育成する」とは,本校の創設者である大多和音吉・タカ夫妻による,本校の『建学の精神』です。

全ての私立学校には,それぞれの学校の創設者による『建学の精神』があります。そして,この『建学の精神』のは,その私立学校の存在理由そのもの,でもあるのです。



知らなくても、それなりに幸せに一生を大過なく過ごせる、そんな『世界の現状』があります。特に、この日本で暮らす人にとっては。

開校記念式で記念講演をしていただいた、NPO法人テラ・ルネッサンスの創設者である鬼丸昌也氏は、私たちが今まで知らなかった、『世界の現状』を教えてくださいました。

地雷のこと
少年兵のこと
そして・・・それらの戦争の後ろには、私たち先進国と呼ばれる国の生活があることを

鬼丸氏は最初にこうも言われました。
「今日の話を聞いて、思うこと、考える事は人それぞれ違います。それでいいと思います。」と

本校の『建学の精神」にある、育てたい生徒は「社会の発展に役立つ生徒」です。

これから、日本は大きく変わっていく、変わっていかなくてはならない状況だと思います。その変化の中で、本校出身の生徒が『建学の精神』を具現化した人物になっていて欲しいと願っています。そして、そのような人物になるように、我々教員一同、努力していきます。

最後に、鬼丸氏が最後に言われた「私たちにできること」
1 事実を知る
2 できることを実践(行動)する
3 周りに伝える

 次回以降、このページで生徒の感想を紹介いたします(3回の予定)。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8868)

中学オリエンテーション2日目

カテゴリ : 
中学
 
2011/4/12 14:55
昨日に引き続き、新入生オリエンテーションがあり、午後には生徒会歓迎会部活紹介が行われました。

中学・高校生の吹奏楽部の演奏で入場








生徒会の役員の紹介








学校行事や先生の紹介の後、部活紹介がありました。
    

    



新入生挨拶をしてくれたH君は「部活で疲れたからと言って、勉強を怠らず、しっかり頑張ります!」と宣言してくれました。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8556)

新任の先生紹介!

カテゴリ : 
高校
 
2011/4/12 8:58
4月から勤務する先生の紹介をします。

ダンスの授業を担当する安富先生です。

自己紹介をしてもらいます!

初めまして!!
安富菜緒子(やすとみ なおこ)です。
○年前に(年齢をふせるため…)開星高校を卒業して、縁あって4月から母校で働くことになりました。高校時代はバレーに明け暮れる毎日で、朝から晩までバレー漬けでした。そりゃ食べても食べても太らないわけです!(笑)

新体操部の顧問になりましたので、高校卒業後はねあがった体重を戻すため、部員とともに減量に励みたいと思います!!
生徒のみなさんの若さとパワーに負けないように頑張ります☆
よろしくお願いします(^_^)


安富先生は7年前に本校を卒業し(年齢をあかしてしまいました)、母校に戻ってきてくれました。いつも元気でとてもパワフルな先生です。

本校には卒業生が何人も教職員・職員として働いています。在籍中に先生方に指導して頂いたことをしっかり活かすことが出来、卒業生が母校で働きたいと思える学校(職場)で、学校としてはとても誇りに思います。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (11504)

ブログ カレンダー

« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

カテゴリ一覧

アーカイブ