KAISEIブログ - 最新エントリー

18日 高校生徒総会を行いました。



はじめに、平成22年度生徒会決算の報告、平成23年度生徒会予算の発表がありました。部活動などの活動費は十分な金額ではないかと思いますが、大切に使ってほしいとの報告でした。




次に前期生徒会活動予定の発表がありました。
また事前に各委員会に質問を募り、その回答をしました。質問が多かった委員会は文化委員会で、文化祭について色々な質問が出ました。1年生もクラスで企画してもいいのではないか、企画費が少ないのではないか、先生方もなにか企画してほしいなど楽しい文化祭にしたいという思いが強いようで、みんな色々考えを出していました。




この場では結論は出せませんが、今後この意見を検討し、より良い文化祭にしてほしいです。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7573)
サンレイク研修も二日目を迎えました。生憎の天気は続いていますが、生徒は元気でした。この日は「カッター訓練」が予定されていたのですが…残念ながら中止となりました。安全優先です。


玄関前でクラスごとに記念撮影です。



2クラスで総勢50人。これから長い年月を共に、支え合い、競い合い頑張って下さい。

さっそくですが競いあってもらいました。



その前に、腹ごしらえが必要です。


これが「キンボール」。まあ、大きなボールを落とさないようにする競技、なのですが。



一人で支えられる大きさではないので、みんなの力を合わせないといけません。全員の力加減のバランスが取れないとキャッチすることができないのです。



この班の、この姿。美しい。



次は「レザークラフト」です。コースターを作ってくれました。



開星の校名入りコースターです。


以上で、中1サンレイク研修の紹介を終わります。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7173)
いよいよ三瓶研修も最後の「野外炊飯」を残すのみとなりました。しかし、生憎の天気でした、が、良いこともあったのです。雨が降ったおかげで、みんな屋根のある場所から出なかったので、誰もサボったりせずにみんなで協力できたのです。まさに「雨降って地固まる(誤用)」でした。


ご覧のような状態で、「かまど」まで移動しました。写真では伝わりにくいかもしれませんが、とても寒かったのです。



さっそく、事前の研修の通り「食器を準備」しました。そして、まずはご飯を炊きます。そのためにも、まず「火」をおこさなければなりません。男子の出番です。



上手な班はすぐにひが付きました。手前にいるのは教員です。一番張り切っていました。



火力が強ければいいというものではありません。
奥のかまど、大丈夫ですか? 
火力、間違ってませんか? 炊けますか?



しかし、あっという間に料理ができはじめました。かなり順調でした。各班とも、全員で協力できた結果だと思います。



相変わらず、火力を間違えている班。



新しい友人と、協力して、役割分担をしっかり行い、全員が頑張っていました。



完成です。つくっていたのは「カレー」でした。どの班もすごく上手でした。
ご飯が焦げた班が、なかったのです(奇跡的)。



結局、最後まで雨はやまず、青空の下で食べることはできませんでした。でも、これはこれで楽しかったのです。みんな近くに集まって、食べることができました。

この後、片付けをしっかりと行い、バスで開星に無事帰校しました。

以上で「高1三瓶研修」のご紹介を終わります。長くなってすみませんでした。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6983)
先日の「地震を想定した防災訓練」ですが、教員にとっても初めての試みでした。

訓練の前日、教員が放課後に集まって、密かに勉強をしました。


まずは「緊急地震速報」に関するビデオを見て勉強をしました。次の日には,生徒に説明をしなくてはいけませんし,生徒の命に関わることですので,皆さん真剣でした。



その後、訓練の段取りを確認しました。実際に地震があったときどうするべきなのか、考えながら、訓練の段取りを決めました。




当日、生徒もしっかりと訓練できましたが、教員にも良い訓練となりました。


もし、このような災害が起こったときに、生徒に指示を出し、安全を確保することも教員の使命です。この訓練を忘れず、また、より安全安心に学校生活を送ってもらえるよう、先生たちも勉強していきます。


以下は、この訓練の生徒の感想です。

私は生まれてきてから、地震を感じた記憶がありません。それに、今年の3月11日の東日本大震災が起こっても、あんまり危機感がありませんでした。でも、今日の防災訓練を行ったことによって、実感がわきました。これからも、「まさか」のときに備えて、常に緊張感を持って行動したいです。

今日は、地震を想定しての避難訓練でした。地震速報が来てからの行動をしっかりとすることができました。東日本大震災があって、地震の危険性を学びました。西日本にも、いつ大きな地震が来るかは分からないので、このような訓練にしっかりと取り組むことが出来て良かったと思いました。本当に、地震が起きたとしても、落ち着いて行動できるようにしたいです。

実際に緊急地震速報(訓練用です)が鳴ると、けっこう怖かった。防災訓練だったから落ち着いてできたと思うけど、本当に起こったら、すごく怖いと思った。島根県は、地震とか津波とかあまり関係ないと思っていたけど、年間にたくさんの地震が起こっているので、こういう訓練はとても大切な事だと、思いました。

事前指導で言われたことは、すべてできたと思います。今回の防災訓練は、東日本大震災のこともあって、色々と考えることが多かったです。大きい地震に備え、いつでも冷静に行動するようにしたいです。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7756)

地震を想定した防災訓練

カテゴリ : 
学校行事
 
2011/5/19 6:00
松江気象台の方に指導を頂き、地震発生時の対応として、防災訓練を行いました。

訓練では、まず各教室で地震に対する対応と避難場所・安全確保等の説明を受けました。
大切なのは、落ち着いて行動すること。窓側の生徒はガラス飛散防止のためにカーテンを閉める。入り口に近い生徒は避難経路の確保のため、ドアを開ける。そして机の下に隠れ、身の安全を確保することなど。

その後、緊急地震速報を校内放送で流し、震度4以上の本震が発生した想定で、一次避難をしました。



「緊急地震速報です。強い揺れに警戒して下さい」
さあ、頭を保護して机の下に隠れて〜!!




そして二次避難。
揺れがおさまり避難するよう放送が流れると、体育館へ避難をしました。
(本来は校舎外への避難となります)





学級委員長がクラスの人数を確認し、報告。


松江気象台の方に評価を頂き、迅速に避難が出来ていたと高評価を頂きました。


その後出前講座を行って頂き、地震と津波のメカニズムについてお話を頂きました。
また、もしも震災した場合に困らないように、家庭の方と次のことを確認してくださいとのことでした。
?避難場所はどこか 
?3日分の食料を備蓄してあるか
?家具が固定されているか


地震はいつ起きてもおかしくありません。自分の身は自分で守るという意味でも普段から防災意識を高め、冷静に対応して行かなければいけませんね。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8931)

ブログ カレンダー

« « 2018 7月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

カテゴリ一覧

アーカイブ