KAISEIブログ - 最新エントリー

本年度の学校案内のパンフをつくっています。そこで、その中に登場してくれる、生徒モデルの写真撮影を行いました。今年のパンフは、かなりイメージが変わるようですよ。

みんな、慣れているのか、積極的にポーズをとってくれてとても楽しい撮影になりました。










協力してくれた生徒の皆さん、その保護者の皆さん、そして入学を考えている児童、生徒の皆さんもうしばらくお待ち下さい。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8605)
先日の、新入生オリエンテーションでの、各部の部活紹介の様子です。各部とも、特徴を活かした、面白い部活紹介でしたので、写真付きで紹介します。でも、全部は載せきれませんでした。載せられなかった部活の人、ごめんなさい。



まずは生徒会の学校紹介ビデオ。
卒業生にも手伝ってもらい、かなりレベルの高いビデオでした。
動画が掲載できず残念です。


これは吹奏楽部です。
ステージ衣装で登場してくれました。


これは、科学部。
実験をしてくれました。
くっついたボール(台所にある方の)が離れなくなりました。


写真部です。
昨年度は全国総合文化祭に出展されました。


これは・・・出番を待つようすです。
各部ともユニフォーム着用で来てくれました。
この日は寒かったのですが。


この写真のあと、バク宙をしてくれました。
突然のことで、写せませんでした。


これは、チア部。
新入生のために踊ってくれました。


これは一体何をしているかというと、野球の応援を披露してくれているようすです。


この行事は、毎年、生徒会が中心になって企画・運営をしてくれます。
新入生が、少しでも楽しく、そして元気に学校生活がスタートできるように、前日も、夜遅くまでリハーサルを行ってくれました。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7529)
鬼丸昌也氏講演の生徒の感想は今回で終了します。
また、いろいろな行事の際の生徒の感想を掲載していきます。

高校1年生 男子
今回、僕が最も印象に残り、かつ、嬉しかったことは、子ども兵だった人たちと日本の子
供たちが、互いに理解し合えるということであった。
非常に悲しい状況の中、必死に生きている子供たちが、異国の子供たちと分かり合えると
いう事実にただただ感動した。
そして、だからこそ、戦地の現状、戦争の悲惨さを強く感じた。
また、今回たくさんの良い言葉があった。自分の夢を諦める必要はないのだなと感じた。
これからのやる気につなげていきたい。

高校2年生 女子
私は今、悩んだり迷ったりして毎日を過ごしていて、そんな私に今日のお話は、とても心
に残り、為になるもでした。
今日のお話では、感じることが多すぎて、きちんと言葉に表すことはできませんが、戦争
が今もある場所と、私たちが生活している場所の違いや、つながり。人と人、心と心のつ
ながりを強く感じる講演でした。
心に残った言葉は、「問題は、みんなが問題だと思わないと問題にはならない」、「強くなれ
ることは優しくなれること」という言葉です。これからの、私の生きる糧、にしたいです。
ありがとうございました。

高校3年生 女子
今日の講演会で、自分の生活についてや自分の生き方など、自分自身について考えること
ができました。
豊かな生活の裏には、子ども兵の姿があることを知り、とてもショックでした。住む場所
が違うだけで、こんなにも違うんだと思いました。
自分を見つめ直すいい機会になりました。
鬼丸さんにたくさんの言葉を頂いたので、これからの糧にしていきたいです。
自分の家族や友達、目の前にあるものを大切にしたいです。


今後も、『ドリカムプラン』の一環として、このような素晴らしい講演を企画していきたいと
考えています。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7438)

本校では『地域支援』の一環として、小学生を対象にした英語教育にも取り組んでいます。


今まで実施していた『チャレンジイングリッシュ』に加え、本年度より『ダスティンの一日英語塾』を準備いたしました。

詳しくは下記をクリックしてください
http://www.kaisei.matsue.shimane.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=248

これは、本年度より実施される小学校での英語教育に、少しでもお役に立てればと思い企画されました。

より、申し込みしやすいように、一日だけの企画です。
(もちろん、何回来てくださってもOKです)

ご都合のつく日に、お気軽にお越しください。まだまだ、申し込み受付中です。

写真は昨年行った『チャレンジイングリッシュ』のようすです。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6990)
引き続き、生徒の感想を掲載します。
同じ話を聞いても、生徒の受け取り方はそれぞれです。
その、『それぞれ違う』ということを、本校では大切にしています。

高校2年生 男子
僕は、今日の講演を聞いて正直、反対意見というかなんというか…すべてを受け入れたく
ないと思いました。
鬼丸さんは、「ただ人が人を簡単」、「人はムードに従う」と言われました。この言葉の
意味があまり理解できなかった僕が悪いのかもしれませんが、僕は「人」
はもっと言葉で説明できないくらい難しいと思います。
子ども兵が、血も涙もない大人のせいで人を殺したかもしれません。ですが、本当にその
大人は、血も涙もないのでしょうか。僕には分かるはずもないです…でも、大人は殺させ
たくて殺させている、なんてたとえそうであっても僕は認めたくないです。
僕の考えが子供すぎるかもしれませんが、僕は人はそんなに単純じゃないと信じたいです。
今日の講演では、たくさん難しいことを教わりました。本当に難しいことでした。ですが、
今日の講演の本当の意味が、理解できる日が来ると思います。
僕は僕らしく生きて、幸せな未来にしていこうと思うことができました。

高校3年生 女子
まず冒頭で、アフリカの現状を正確な数字で聞き、とにかくショックでした。また、現場
の写真を見たことで、その衝撃はさらに強まりました。
このような種類の講演は、どこかで聞いたことがあるような言葉や話になりがちだと思い
ますが、鬼丸さんは違いました。
きれいごとだけでは解決にならない、と私は受け取りました。
最後に言われた「私たち」ではなく「私自身」が変わる、という言葉が印象的でした。
アフリカで起きていることは、私自身に関係の無いことではなく、私自身に直結している
ことなのだという現実を真摯に受け止めて、出来る限りのことをアクションしていきたい
と感じました。
一人の人間として、生命を持っていることを改めて自覚しました。


生徒の感想 その3 に続きます。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6880)

ブログ カレンダー

« « 2017 9月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ一覧

アーカイブ