KAISEIブログ - 最新エントリー

無事にプレゼンを終えた中学3年生たちの感想です。成長の様子が伺えます。2回に分けて掲載します。

前回までの復習はこちら
「起業家スクールはじまりました」(Click!)
「起業家スクール いよいよ起業編1」(Click!)
「起業家スクール いよいよ起業編2」(Click!)
「起業家スクール いよいよ起業編3」(Click!)
「起業家スクール いよいよ起業編4」(Click!)


緊張のプレゼン。


頑張って作ったパワーポイントが見えます。


この間のプレゼンは、私にとって初めての経験でした。プレゼンでは、緊張していてかんでばかりでした。リハーサルではかまずにできたけど、本番ではできなくて残念でした。自分たちのプレゼンが終わった後、正直「ヤバい!!!」と思いました。他のグループのプレゼンはとっても分かりやすく、ときにはおもしろさも入っていて楽しかったです。去年は先輩のプレゼンを見て投資するだけでした。でも、今年は自分たちで下級生に分かりやすく伝えないといけなかったので大変でした。プレゼンを作っているときは、軽い気持ちていました。だけど実際はとても大変なことでした。先輩たちのプレゼンはとても分かりやすく、スラスラとやっていたけど、私たちは少しグダグダなところもあり、先輩たちはさすがだなと思いました。投資の結果、私たちのグループは4人投資してくれていました。4人て聞いたときは「えっ!!!」と思いました。今はもっと練習しておけばよかったと少し後悔しています。またプレゼンする機会があればいいなと思いました。

今回は3年生ということで、今まで先輩がやってこられたようにパワーポイントを使って中学校全学年の前でプレゼンする立場でした。まず会社名を決めたり商品を開発したり…。商品の作り方を調べるときは大変でした。そしてプレゼン!! 佐藤さん(講師の先生)のようには話したりできなかったのですが、でも良い出来だったとは思います。私は、前日の打ち合わせやパワーポイント作りのときに役に立つことができませんでした。仲間にやってもらってばかりで…。でもそれが分かっているので、これからしっかりやって仲間に頼ってばかりいないようにしたいと思います。人生初のプレゼンが思い出に残ると思います。私たちにプレゼンの仕方などを教えて頂いてありがとうございました。

今回、初めてプレゼンをやることになって、初めはすごく緊張していました。準備する時間もあまりなくて、放課後もみんなで残ってプレゼンを考えたりしました。今年の起業家のテーマは、去年と同じ“エコ”にプラスして“復興”というテーマも新たに加わりました。今の日本にとってすごく大切な課題だったから、プレゼンでどう表現したらいいのかすごく悩みました。あと、今回のプレゼンを聞いてくれるのは、後輩のみんなだから、分かりやすく、丁寧に、みんなが注目してくれるようなデザインで作ることもこだわってみました。今までプレゼンは、こんなに大変なものではないと思っていました。でもこの機会を通して、プレゼンの大切さや、大変さがよくわかりました。それと、人に伝えることの難しさも分かって、とてもいい経験になりました。

僕達の会社のプレゼンに自信を持って迎えた発表当日は、わくわくしていました。僕は事前の講演を聞くことはできなかったけど、その分、自分で考えてプレゼンできたのでとても成長することができました。会社の中でいろいろな案を出しあって進めていくうちに、いつの間にか協力しあうことが出来ていました。僕達の会社の発表は2番目でした。何かプレゼンにインパクトが欲しかったので、エコクラフトを実際に作って発表の時に見せることにしました。結果は思ったより悪かったです。その時に、やっと起業をする大変さを知りました。これからはもっとその思いが強くなってくると思いますが、会社のチームと協力して頑張っていきたいです。


その2に続きます。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7471)
今年で3年目を迎える「チャレンジイングリッシュ」です。

いよいよ小学校でも英語の授業が始まりました。今年は多くの子供達に申し込みをいただき、急遽2組に分けての開催となりました。

全10回というこの企画の1回目は、開講式から始まりました。



校長先生のお話からスタートでした。子供達同士も初めて出会うわけで、緊張。


その緊張した様子。ガチガチでした。


開講式で言われた言葉は、子供達がもらったファイルの最初に書いてあります。
Let's Challenge English.
We can finish
what we start.

このチャレンジが終わる頃、この意味がわかるようになっている(と思うよ)。


そして、2組に別れてチャレンジ開始。
こちらは最初にダスティン先生の講義を受けるクラス。
最初からテンション高めのダスティン先生に子供達はすこし緊張。
でもすぐに元気が出てきて、大きな声で自己紹介の練習が恥じまりました。


一方、もう1つのクラスは、パソコンを使った授業のやり方を習っていました。
これをマスターすれば、家にあるパソコンで自分の好きなときに英語学習できるようになります。


一人ひとりにていねいに指導していきました。


そして、そのころ保護者の方々は? 開星中学校の「7つの習慣J」の体験授業を受けていただきました。


ダスティンは「まずは真似をすればいい、大きな声で、恥ずかしがれずにしゃべってください」と。


みんな、そのダスティンの言葉に応えて大きな声でしゃべれるようになりました。

これから、あと9回。長いかもしれませんが、一緒に頑張って、最後には英検5級にみんなで挑戦しましよう。

みんな頑張ろう!
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7942)
以前ご紹介した高2と中3の進路情報会、後半のご紹介です。
前半のブログはこちら「高2と中3の進路情報会 前編」(Click!)

後半は、いよいよ各人の進路希望に合わせた大学や専門学校のお話を聞きます。


ここは…医療技術系の学部です。今回はスポーツに関する講義をしていただきました。本校は部活生も多いので、真剣です。


ここは将来公務員を考えている生徒。専門学校の先生に、公務員試験の事について聞きました。


こちらもスポーツ系。こちらは怪我とリハビリについてのより専門的な話。医療系に近い進路希望の集まりです。


ここは、福祉保育系。実際に体験をさせて頂き、どうして福祉を学ぶことが必要なのか教えていただきました。


デザイン系ですね。実際に作成をしました。


うお! ちょっとびっくり。 理美容系です。この後体験をさせていただきました。


これは、地元の国公立大学に来ていただき、地域について学ばれている学部のお話を聞きました。地方の大学では、その地域に根ざした学問が必要になります。


これは、机の上にヒントがあります。 医療・看護系です。ここも、このあと実際に体験学習をさせていただきました。


ここは? 人数が少ないですが? 「声優」希望の場所です。なるべく多くの生徒達の進路希望に対応できるように、と考えています。

この他にも、「教育系」「理工系」「保育系」「文学」「経済」「自動車」「フード」等々、生徒各人の進路希望に合わせて講座が用意されました。

この進路情報会で、自分自身の将来に向けて何かが得られたでしょうか? 少しでもやる気のスイッチが入ったら、嬉しいです。中学3年生も、もうすぐ高校生です、自分の将来についてしっかり考えはじめましょう。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6510)

おもしろすぎる実験

カテゴリ : 
地域貢献活動
 
2011/8/2 7:00
小学生を対象とした「サマーチャレンジ at KAISEI」の1つ「チャレンジサイエンス」が行われました。
本年度でまだ2年目の行事です。

名前は難しそうですが、ようするに、科学と名のつくことで遊んでしまおう! という企画です。

今年はタイトルを「見えないものを見てみよう」と題して実施しました。今回は「空気編」。空気、見えますか?


まずは定番のこれ。このタンクの中には何が? どうしてこの子の頭の上に手を?


こうなります。 飛び出してきたのは窒素(液体)。空気中の80%を占めています。(今日は少しお勉強)


液体窒素、冷たいので、これを入れると…


こうなります。


授業中にもかかわらず、マシュマロを食べる子ども達。実験の1つです。


満面の笑みでお花をバラバラに。お花さん、ゴメンね。科学の実験です。


空気の残りの20%は酸素。酸素を冷やして液体にしました。そして…これは何をしたのでしょう?


空気中にほんのわずかふくまれている二酸化炭素。集めるとドライアイスになります。特製ジュース(麦茶ですが)で休憩。


もう、最後は何が何だか。楽しいので大騒ぎ。

楽しんでいただけましたでしょうか?
来年も実施します。是非お越しください。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7647)

全校で応援する、ということ

カテゴリ : 
高校
 
2011/8/1 7:00
本校では、夏の野球の応援は準決勝から全校応援になります。

今年も全校応援、してきました。今日は応援席の様子を少しだけご紹介します。


これは準決勝の日のようす。日差しは強くなかったのですが、ひどく蒸し暑い日でした。吹奏楽部は1試合目から応援してくださいます。楽器をいたわりながら演奏していることがわかります。


タオルがおそろいで無いのはご愛嬌(誤用?)。甲子園では揃えます。


決勝戦の日。インターハイに出る部活も多く、全校応援と言ってもそんなに多くの生徒は集まれません。でも、これだけ集まってくれました。外野から見た様子。


楽しそうでしょ? 楽しいんですよ、応援。


優勝が決まって、大はしゃぎのあと、校歌を歌っているとき。


そして、その日の夕方。さっそく学校に戻って「優勝報告会」を開きました。

選手、応援団、すべての応援していただいた皆様、ありがとうございました。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8489)

ブログ カレンダー

« « 2018 5月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

カテゴリ一覧

アーカイブ