KAISEIブログ - 202111のエントリ


昨日の朝礼講話を掲載します。ヘルプマークについて、知っていた人は多いと思いますが、改めて確認して公共マナーの向上に努めてください。

●朝礼講話

おはようございます、校長の水野です。先日、生協病院に入院していた時、看護師さんから学園坂の駐車場に車を止めていて、ときどき本校の生徒から元気よく挨拶をされて、朝から気持ちがいいと感謝されました。髪の毛の特徴から野球部か柔道部の生徒さんですとのこと、嬉しい話題ですね。一方、こんな話も耳にしました。生協病院の前を通るバスの中でのこと。ある時込み合う時間帯に高校生が席を譲ってくれたとロビーで患者が話していました。「開星校生だと良いな」と思ったところ、話し相手の人が答えた内容に、こんどは「開星校生ではないように」という逆のことを感じました。それはヘルプマークをつけている人が立っているのに、譲らない若い人がいるとこぼしていたのです。


ヘルプマークは知っていますか? 見た目には障がいとわからない人がつけているプレートです。赤地にプラスとハートのマークが描かれ、支援を必要とするサインです。もちろんプレートがなくても、日ごろから公共の乗り物での振舞いには注意してください。今、高3生が就職や学校の試験に挑む日々ですが「開星校生は礼儀正しい」という評判は何よりの応援です。いつかあなた自身にも返ってくることでしょうから。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1165)

土曜日の部活動体験、サッカー部とともに多くの中学生が来てくれたのが野球部です。しかも遠く広島県からも数人が参加してくれていたというので、元野球部長の陶山先生とともに野球グラウンドに出かけました。時おりざっと降り出す不安定な天候の中、グラウンドに散った部員たちと中学生。元気にボールを追っていました。野々村監督の姿もあり、とても力のある中学生が参加をしてくれたと、身振り手振りで話してくれます。来年、ますますチームが充実するに違いない、そのような実感を覚えた光景でした。


そしてチームの充実と言えば中学校も。室内練習場で小学生を招いて練習をしたいました。当初予定していた人数から大幅に増え、ちょうど9人の参加があったそうです。今年、10名の部員で新たにスタートした硬式野球部ですから、これだけの参加は心強いですね。先日、今年最後の大会で惜しくも4−5で敗れたそうですが、着実に力をつけているのは間違いありません。元気よく挨拶してくれた部員もずいぶん体格が良くなっていたので、半年余りで心身ともに成長しているのでしょう。塚田監督と津森部長に「いつかノックに行きます」と言いながら約束が果たせていませんので、必ず来年は実現したいと思います。中学校野球部の飛躍を感じた時間となりました。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1273)

昨日、多くの小中学生の来校で校内に歓声が響きました。今年度、最後の部活動体験。大人数の野球部、サッカー部をはじめ、テニス部、吹奏楽部といった伝統ある部のほか、茶道部や弓道部、ボードゲーム同好会など、今年発足した部にも体験者が来てくれたのは何よりでした。


途中、雨交じりの天候だったにもかかわらず、コートやグラウンドでは高校生に交じり、小中学生が元気に活動する姿は頼もしかったです。事情があって今回は来られなかった人もいるかもしれませんが、また機会を見つけて開星の雰囲気を見てもらえればと思います。多くの部が、中学生と高校生が一緒に活動しているのも、開星の大きな特徴。それぞれにとって、とても良い刺激になっているのです。そうしたことも、ぜひ味わいに来てください。


この日、エントランスには大量のロッカーが運び込まれて、設置作業が進んでいました。鍵付きのロッカーが、来週から使えるようになるので、何かと便利になることでしょう。作業をしてくださった皆様には、お疲れさまでした。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1316)

今日で学期末テストも終了。中学生も高校生も、それぞれ1年の締めくくりができたことを願っています。今日から活動を再開できる部活動を待っていた生徒も多いことでしょう。先週はテスト期間で部活動は中止でしたが、一部の試合が行われましたので、結果をお伝えいたします。なお、写真は体験クラブの時のものです。


●テニス部 by 三島先生

11/19〜11/21に行われた『全国選抜高校テニス大会中国地区大会』の結果をお知らせします。
【男子団体】
<登録選手(登録順)>
角 陽太、松浦 諄成、ケンジ ラバスティダ、佐々木 悠真、嘉藤 未紘、野津 龍之介、内田 優真
<結果> 6位
〇本戦トーナメント
 2回戦 開星3−2修道高校(広島県)
 準決勝 開星2−3西京高校(山口県)
〇3〜6位決定トーナメント
 3回戦 開星2−3誠英高校(山口県)
 5・6位決定戦 開星1−3関西高校(岡山県)

あと1勝が届かず,残念ながら全国選抜大会の出場権を獲得することはできませんでしたが、4月からテニスを始めた1年生5人を含むチームでの6位入賞はよくがんばったと思います。女子シングルスでは上山夕貴さんが、2回戦で山口県の選手に惜敗してベスト32でした。応援していただいた皆様、ありがとうございました。




●柔道部 by 下田先生

中国新人柔道大会 広島県広島市東区スポーツセンター
11月19日〜21日
<団体戦>  3位   
予選リーグ  開星5−0尾道(広島6位)    

       開星5−0津山工業(岡山5位)
       開星5−0早鞆(山口2位)
決勝トーナメント
       開星4−0広島国際学院(広島3位)
準決勝
       開星0−3崇徳(広島1位)

優秀選手:畝本伊吹


●陸上部 by 武冨先生

11月21日 岡山県井原市にて行われた、第63回中国高等学校駅伝競走大会に出場しました。
結果は以下の通りです。

総合21位 記録2時間19分40秒
1区10km 松崎寧生 31分44秒 区間17位
2区 3km 森田那生 9分47秒 区間28位 通過19位
3区8.1km 若竹葵礼 26分30秒区間19位 通過18位
4区8.09km 勝部陽貴 27分40秒区間24位 通過20位
5区3km  稲村太陽 10分19秒区間31位 通過22位
6区5km  出川育夢 16分53秒区間25位 通過22位
7区5km  仲佐太陽 16分47秒区間22位

県駅伝のメンバーに入っていなかった1年生2人を起用し、県駅伝と同タイムでのゴールででした。県駅伝よりも高低のあるコースにもかかわらず、このメンバーで走り、よく頑張ったと思います。来年は、エースの松崎が抜けますが、県駅伝・中国高校駅伝の経験をあるものが6名残りますので、また次に繋げたいと思います。応援ありがとうございました。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1382)

学校の玄関を入ったところに立った白板に掲示された、山陰中央新報の切り抜き。島根県 小・中学生「第50回交通安全ポスター」「第42回 書道」コンクール入賞作品というタイトルの横に「銀賞・銅賞おめでとう! 石橋愛梨さん」という手書きの文字が躍っています。石橋さんは、昨日ご紹介した受験生応援プラカードつくりに携わった、美術部で活躍する中学2年生です。山陰中央新報に名前も掲載されて、本当に素晴らしい名誉ですね。


※11月15日 山陰中央新報デジタル【朝刊先読み!】「山陰のジャイアン」白根さん、子どもたちを指導

そしてもう一つの山陰中央新報の記事。「野球部OB白根尚貴さんの 野球教室が開かれました」という案内で示された記事によると「プロ野球ソフトバンクとDeNAで2018年までプレーした松江市出身の白根尚貴さん(28)=広島県福山市=が14日、雲南市木次町であった野球教室で、地元の小中学生25人に打撃や投球方法などを教えた」として、白根さんが子どもたちに野球を指導する様子が掲載されていました。「高校時代は投手だった白根さんは、開星のエースとして甲子園に出場。186センチ、100キロの体格や投球スタイルから『山陰のジャイアン』の愛称で親しまれた。打撃を買われ、プロでは野手としてプレーした」とありますが、こちらでも以前ご紹介した安田諒平さんとバッテリーを組んで甲子園のマウンドに立った白根さん。子どもたちに、さぞかしあこがれの目で見つめられたことでしょう。記事の内容は下記サイトへ。また、開星高校にもぜひいらしてください!

【朝刊読み】「山陰のジャイアン」白根さん、子供たちを指導|山陰中央新報デジタル(sanin-chuo.co.jp)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1268)

ブログ カレンダー

« « 2021 11月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4

カテゴリ一覧

アーカイブ