KAISEIブログ - 202101のエントリ

勇気を出して行動を

カテゴリ : 
高校
 
2021/1/21 12:00

高校2年生保健体育の授業で、松江消防署の方にお世話になり心肺蘇生法とAEDの使い方について、講習会を行って頂きました。


講習会では、心停止から4・5分で脳に酸素が行かずダメージを受けてしまうこと、救急車の平均到着時間は約8分であることから、もし倒れていた人がいたら、自分たちができる事は、倒れていた人に声を掛け反応の確認をし、助けを呼ぶこと。そして呼吸を確認し、普段通りの呼吸をしていなければ胸骨圧迫を行うことだそうです。


胸骨圧迫の方法を教わりましたが、手本では簡単そうに見えていた生徒も実際やってみると「できない!音が鳴らない!」と苦戦。また1分間続けてやってみましたが、とても体力が持ちませんでした。救急車が来るまでの約8分間を一人で胸骨圧迫を行うのはとても無理なことで、2分で質の悪い胸骨圧迫になり、可能な限り人の助けを呼び、行うことが大事だと話しておられました。


AEDの使い方も学びました。「学校のどこにAEDが置いてあるか知っていますか」という問いに、全員が知っていない状況でした。これは生徒への周知不足でしたね。


いつ人命救助が必要な場面に合うが分かりませんが、この講習会で学んだことを忘れず、勇気を出して行動してほしいと思います。

(今回ご指導頂いた松江消防署から本校卒業生が来てくれました。卒業生の活躍を嬉しく思います。)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (141)

昨日は、恒例の中学生百人一首大会。以前、こちらでお伝えしたように、今年はコロナ対策のためにリモートによる開催です。ゲームソフトを使って、トーナメントを勝ち上がっての対抗戦。私が観戦に行った時には、ちょうど準決勝を行っている最中でした。「このソフトは、観戦する側としては、意外とエキサイティングなのです」というのは青木先生。確かに見ていると、札を引くのが「ゼロコンマ○○秒の差」といったところまで表示されるので、なかなかの迫力です。それにしてもこのソフト、コロナ禍の中で生まれたのではないでしょうが、よくできていますね。今の状況の中では貴重です。


そして決勝戦は大月さんと小村くんの2年生vs1年生対決。軍配は”一日の長”で、2年生の大月さんに上がりました。優勝者インタビューでは、来年の連覇に向けての力強い抱負も聞かれ、一方、しっかり覚えてきたという小村くんは、悔しさを押し殺しつつも、来年はリアルの大会で競い合いたいとの思い。すでに次の闘いが始まっている緊張感も漂い、今から楽しみです。また準決勝で敗退した井原くんに「あなたは柔道も強いけど、百人一首も強いんだね!」と声をかけると、以前にお母さまが全国大会で2位になったというエピソードを話してくれました。来年はさらに力をつけ、ベスト4の上山さん、エグジビションマッチにも登場した滝川さんも含め、白熱の勝負が見られそうですね。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (116)

昨日、松浦教頭より中学3年生「起業家スクール」の商品開発が佳境に入ったということで、実地見学の誘いを受けました。訪問するのは、出雲市の”坂根屋”という老舗和菓子屋さん。放課後、4人の生徒とともに季節のお菓子が並ぶ素敵なお店に伺い、商品企画の最終的な詰めの場面に立ち会えたのは幸運でした。

「起業家スクール」とは、中学3年生が数班に分かれ、企業の方々と相談をして商品を企画する試み。実際に販売するところまでがプログラムに入っていて、今年は2月24・25日に”展示即売会”?があるそうです。文房具やお弁当など、身近な題材が多いのですが、この班が取り組んでいたのは”坂根屋”のお力を借りた和風のジャムでした。


素材は出雲特産のブドウと、坂根屋さん秘伝の白あんをミックスした特製のジャム。そこに、ご近所にある島根ワイナリーの赤ワインを煮詰めて、濃厚な味に仕立てます。生徒諸君はご用意いただいたパンにジャムをつけ、感想を述べあいながら、販売商品の検討を重ねていました。「先生方の応援で、こうした取り組みができる今の中学生は幸せですね」とは、当店4代目の坂根社長のお言葉です。とはいえ、調合の割合を変えたサンプルを、何種類か作成していただけたのは、坂根社長のご厚意あればこそ。この後、学校で最終的な企画会議を行って決定するというので、完成を楽しみにしています。「これは爆発的に売れるかも!?」という松浦教頭の言葉が、現実になると良いですね。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (182)

昨日の午後から夕方にかけて、突然の大雪にはびっくりさせられました。あるいは、松江の人にとっては、どうということはないかもしれませんが。午後2時に外出した時には、ぱらぱら振る程度で、積もっていなかった私の車も、5時過ぎには写真を見ての通り。冬の稲妻が空を揺るがした直後から、空が真っ白に染まり、たちまち積もり始めましたのです。風雪注意報は出ていたようですが、一瞬でこれほど景色が一変するというのは、あまり経験がありません。自然の造形美に感じ入りつつ、当地の冬の厳しさが身に沁みました。明後日からは、しばらく10度以上の気温になるようですから、我慢の時ですね。今日は最高気温が2度との予報ですから、風邪をひかないよう気をつけましょう。


ところで昨日は、朝日新聞に中学校野球部・新監督である塚田先生の記事が掲載されました。「プロの技術、姿勢 伝えていく」「野球の疑問 生徒と探究を」と題された記事には、塚田先生の野球に対する思いと、その指導観が切り出されています。島根の英雄にして名監督だった梨田監督、そして故・野村監督、故・星野監督と、プロ野球の歴史に残る名監督のもとで、たくさんの学びを積んできた塚田先生。これまでの経験を、これから開星の生徒たちに伝えていくということで、その記事からも大きな注目と期待が伝わってきました。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (291)

再び寒気がやってきました

カテゴリ : 
学校行事
 
2021/1/18 14:15

今日は学校も一時雪で真っ白になりました。明日も降雪が予報されています。生徒の皆さんは登下校の安全に心がけてくださいね。


体育の授業の様子です。
3学期より感染症拡大防止のために、体育実技において以下のことを実施することにしました。
1.基本的にマスクを着用して実技を行う。(激しい運動を行う場合を除く)
2.体育館の窓を開けて授業を行う(換気の徹底を図る)
3.寒くなるので防寒着の着用を認める(運動しやすいものに限る)
4.気温が低い場合は、ジャンボヒーターをつける場合がある。
感染症拡大防止を行いながら、生徒の学びを出来る限り止めないように活動を考えています。


中学1年生探究の授業の様子です。
本校では恒例となっている中学1年生が行う強い箱の授業。竹串で箱を作り、上からの重さにどれだけ耐えることが出来るか探究する授業です。
作製は、竹串の数・テープの使用量など皆同じ条件。しかし、出来上がった箱は全て異なっています。そこから学べることが沢山あり、これが探究の授業です。
この前寮生が作っていたかまくらと一緒ですかね。
(※かまくらについては、副校長ブログをご覧ください。)

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (281)

ブログ カレンダー

« « 2021 1月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

カテゴリ一覧

アーカイブ