KAISEIブログ - 201902のエントリ

先輩に教わろう 中学2年生

カテゴリ : 
中学
 
2019/2/22 14:40
本校には中高一貫コースがあります。
様々な場面で中学生と高校生が合同で活動を行うことがありますが、今回は「先輩と語る」と題し、中学2年生が高校2・3年生と大学進学に向けて語り合いました。


最初に中高一貫6年生から、経験談を語ってもらいました。


勉強と部活の両立は大変ですよね。


すごく参考になることです。


次は中高一貫5年生と語りました。


中学生で何をしておくといいですか?


確かに。


先輩に教えて頂いたことを発表し、全員で共有します。
現6年生・5年生とは大学入試の形は変わりますが、将来の夢の実現のために、先輩たちが頑張ってきたことはとても参考になったことと思います。
頑張れ中学2年生。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (971)
もうすぐ高校卒業式。
先輩へ感謝の気持ちを込めて生徒会企画による予餞会が行われました。


高校3年生入場。


生徒会長挨拶。
3年生のみなさんいろいろお世話になりました。
今日は楽しんでください。


はじめにコーラス部から歌のプレゼント。


先輩たちのおかげで成長できました。


チアダンス部。
卒業しても輝き続けてくださいね。


野球部。
先輩たちに負けないくらい頑張ります。


初めての司会進行。


吹奏楽。
先輩たちが築いたものは引き継いで行きます。


高校3年部の先生からの歌のプレゼント。


新体操部。華麗な舞の披露。


有志ダンス。


3年間の思い出のスライド。


各部活動からビデオレター。


高校3年部の先生からビデオレター。


留学生オヌル君と教員による演奏。
素敵な演奏でした。


少し早いですが、卒業おめでとうございます。


ほんの気持ちですが、飴のプレゼント。
3年生の皆さん、大変お世話になりました。
これからも頑張ってください。そして私たちのことを温かく見守ってください。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1471)

中学サッカー部 大走力

カテゴリ : 
部活
 
2019/2/13 8:30
2月10日(日)毎年恒例の中学サッカー部 走力を実施しました。


 この大走力は、10年ぐらい前の真夏にサンレイクで合宿をした際に、顧問の思いつきで、最終日に「サンレイクから学校まで全員で走って帰ろう(20KM)」と言ったことから始まりました。
 その後、「キララ多岐から〜島根ワイナリーに寄って〜出雲大社まで走って初詣(約20KM)」に変わった時期もありましたが、今回で10回目ぐらいのチャレンジです。
今年は、一畑薬師の階段(1000段以上)をまず登ってから、一畑薬師駐車場→宍道湖→秋鹿なぎさ公園(休憩)→松江市内→学校というルートにしました。(約25KM)


今回も多くの保護者の皆様に、協力していただきました。一緒に走ってくださった方、自転車で伴走してくださった方、要所で選手の観察や声をかけていただいた方、顧問も今回初めてすべての区間をトライしたのですが、顧問に声をかけてくださり、給水してくださった方、すべての保護者の皆様に感謝しています。
選手は、ほぼ全員が完走しました。さすがです。自チームの選手ながら、あっぱれです。一緒に走ってみましたが、中学生はやはり速いです。


 自分で走ってみて、前半の秋鹿なぎさ公園までは、余裕でした。前半は、走りながら「来年度のリーグ戦の戦い方」「今年の夏のA級U-15の指導実践」「春休みの練習試合相手をどうするか」などを楽しく考えながら走っていました。後半の、運転免許センター裏ぐらいから、余裕がなくなり、その後は、道路沿いに見える「ラーメン屋」「うなぎや」「喫茶店」「回転ずし」の味を妄想しながら、完走できたらすべて食べてやるという食欲で小刻みにモチベーションを上げてなんとか完走できました。(3時間)肉体的には苦しいところもありましたが、楽しい3時間でした。


 今回体験してみて、感じたことが2つあります。
・しんどい時に、声をかけていただくと元気が出る。「先生 大丈夫ですか?」と声をかけられると、「余裕です!」と言ってしまい、頑張ることができる。
・苦しい時には、わかりやすい小刻みな目標がいい。



 保護者の皆様、選手のみなさん本当にお疲れ様でした。そしてご協力ありがとうございました。来年も2月の3連休のどこかで実施しようと思いますので、
ご参加をお待ちしています。(卒業生やその保護者さんも大歓迎です。)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1177)

インドからの留学生

カテゴリ : 
国際交流
 
2019/2/12 10:30
1月22日から2週間インドから4名の留学生がやってきました。
彼らは日本の大学で学ぶことを希望していて、日本の文化を体験し理解することを目的に本校で短期留学を行いました。


全校生徒による歓迎式。


みんなのためにインドのダンスを披露してくれました。


授業は主に英語の授業に参加。


本校生徒が日本の食文化を英語で紹介。


開星英語村。
気軽に英会話を楽しんでもらいました。


部活動にも参加してもらいました。
これは調理部で巻き寿司作りに挑戦。


上手にできましたね。


こちらの英語の授業では、日本の食べ物を実際に食べてもらって食文化の紹介をしました。お好み焼き、インスタント焼きそば、だんご、まんじゅう、駄菓子など紹介。甘いものは苦手だったようです。


留学最終日。
記念品を頂きました。


2週間の短い期間でしたが、日本の文化について知って頂けたようです。


インドに帰国後、留学生達は地方紙の取材を受け、開星高校のことを熱く語ったそうです。皆とても優しく、親切であること。全てがシステマティックで時間に無駄もズレもないこと。環境が清潔で綺麗であること。特に生徒、先生、校長先生までが学校の掃除に参加するということ。ヒンドゥー教ベースではとても考えられないことだそうです。
本校は1986年から留学生の受け入れを行っています。留学生との活動を通して、日本の良き文化を再認識することができる良いきっかけとなります。今後も留学生の受け入れを続けて行きます。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1076)

ブログ カレンダー

« « 2019 2月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 1 2

カテゴリ一覧

アーカイブ