KAISEIブログ - 201811のエントリ

SSHの成果を発表します

カテゴリ : 
SMILE × SSH
 
2018/11/28 8:30
12月15日(土)に山陰地区SSH成果共有会を開催します。
本校は25年度から文部科学省から指定頂いているスーパーサイエンスハイスクール(SSH)校です。
SSHとは(click!)

山陰地区SSH成果共有会ではSSH事業として本校が取り組んでいる事業の成果を公開します。

【個人研究口頭発表】
理系課題研究 2本
文系課題研究 1本
自然科学部  1本

【個人研究・授業成果などのポスター発表】
文系理系課題研究、応用科学探究、中2科学探究、総合探究、自然科学部
※一部掲示のみ

山陰地区の皆様に本校のSSHの取組みをご覧頂き、ご指導・ご助言を頂きたいと考えております。なお今年度は本校のみの発表とさせて頂きます。

今回のブログは、SSHの取組みの一部を紹介します。

中高一貫・特別進学コース高校2年生文系課題研究。個人研究に取り組んでいます。
こちらは11月に行った中間発表会の様子。これまでの取組みと今後の展望を発表しました。


アドバイザーには、県立大学の古賀先生と大庭小学校の門脇司書にご協力頂き、今後の研究を進めるうえで、とても貴重なご意見を頂きました。
また理系の生徒にも参加してもらい、様々な意見が飛び交う充実した発表会となりました。


高校2・3年生キャリアデザインコースは総合探究の授業を行っています。
教科融合型として教科の違う教員がペアとなり、授業を進めていきます。
こちらの写真は体育と数学の教員による授業の様子。球技大会で勝つためにはどうしたらいいのか研究しました。
研究の成果としてなんとこのクラスが見事優勝しました。


こちらは国語と保健の教員による授業。メディカルサイエンスとして癌について調べ、自分たちでパンフレットを作成しました。
わかりやすいパンフレットとは?欲しいと思ってもらえるようなパンフレットとはどんなもの?情報収集の仕方や伝え方など学び作り上げました。


中学2年生科学探究。一人一研究に取り組んでいます。


高校2年生理系課題研究。こちらも一人一研究に取り組んでいます。
とにかくやってみなくちゃ進まない。


糸電話で研究中。


高校3年生理系課題研究。
こちらは校内研究成果発表会。2年間取り組んできた研究成果を発表。
JST(科学技術振興機構)・本校運営指導委員の方にもお越しいただき、ご助言を頂きました。

探究型学習を積極的に行い、自ら学び自ら考える力をつけ、社会の発展に役立つ有望な人材になってほしいと思っています。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (409)

中3ニュージーランド研修 事前発表会

カテゴリ : 
中学
 
2018/11/22 8:30
ただいま中学3年生はニュージーランド研修を行っています。
その研修のプログラムの中に、自分たちが住んでいる松江についてプレゼンを行うことになっています。そのプレゼンを事前発表会として在校生や保護者の皆様へ披露しました。


中学2年生の時に行った松江探訪で調べたことを基にプレゼンを作成をしました。
中2歴史探訪(click!)


これは昔と今の松江駅。


英語でのプレゼン。
現地の人に伝わるように、練習を重ねました。


中学1・2年生はプレゼンを聞いて疑問に思ったことは、英語で質問。
思ったことを英語で言葉にする特訓ですね。


約2週間の研修で現地の文化にたくさん触れて、松江の文化をたくさん紹介して、たくさんの学び・気づきをしてきてくださいね。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (609)
11月2日(金)に中学校音楽祭が行われました。
中学校音楽祭本番の様子(click!)

音楽祭の本番前にリハーサルが行われ、生徒は真剣に取り組んでいました。
今回のブログはその一生懸命な姿をご覧ください。


中学3年生の和太鼓。


毎年3年生が太鼓を叩きます。
今度は君たちの番ですね。


太鼓を叩くと言っても、みんなで息を合わせることは結構大変なことでした。


でも楽しかったです。


中学2年生。
ゴミ一つないように。


初めて琴を演奏した生徒がほとんどの中、頑張って練習しました。


本番さながらの緊張感。


本番もこの調子で。


中学1年生。
音楽祭初参加。


心を一つにして。


ステージでのリハーサル。


入学から半年が過ぎ、クラスの団結力が高まってきましたね。


3年生がロビーで合唱の練習。
3年生にもなれば、気持ちに余裕がありますね。


今年度音楽祭のテーマは、


「絆〜1つの歌で心を繋ぐ〜」


音楽祭を通して、クラスの仲間との絆が深まりましたね。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (511)
開星高校は個人の目標に合わせて、キャリアデザインコース・特別進学コース・中高一貫コースの3つのコースがあります。

キャリアデザインコースは自分の進路について、じっくり考え自分の可能性を大きくしたい生徒を対象とするコースです。

このコースの特色ある授業として生活教養、CD講話・モラロジー学習、各種検定取得への取組みをしています。
今回のブログはその一部を紹介します。


CD講話・モラロジー学習。
社会で活躍されている方々に講話をして頂いたり、本校教員がモラロジー講話をしています。働く意義や仕事の選び方、社会で活躍する人材とは、さらに道徳心を育みよりよく生きるためにはどうしたらよいのか、自分の夢を見つけ、夢を実現のための参考に行っています。
この写真は、本校校長がモラロジー講話をしているところです。


本校教員による科学リテラシー向上講話。
人間生活にとって科学技術は無くてはならない存在であるが、疑似科学とよばれる科学的に説明されていないものが存在し、その判断を自ら科学的・論理的に判断が必要であることを教わりました。


生活教養の授業。
日本の文化や生活の基礎を学びます。


浴衣の着付け教室。


茶道実習。


茶室での作法を学びました。
生活教養の授業ではその他に、テーブルマナーやスーツなどの着こなし講座、フラワーアレンジメント講座などを行っています。


進路探究の授業では、専門学校訪問や小論文講座、道徳の授業を行なっています。


先日は専門学校を訪問し、専門学校ではどんな事を行なっているのか、高校でしておいた方が良いことなど、進路決定の参考となる様々なお話や体験をさせて頂きました。

キャリアデザインコースの卒業生は、国公立大学、私立大学、短期大学、専門学校、就職と様々な進路に進んでいます。開星では夢の実現のためにしっかりサポートを行っています。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (742)

開星SSHつくば研修 3日目

カテゴリ : 
SMILE × SSH
 
2018/11/6 8:50
開星SSHつくば研修3日目。
訪問先は、NIMS(物質・材料研究機構)。
物質・材料科学技術に関する基礎・基盤的研究開発を行っている施設です。


NIMSの概要説明を受けたのち、「金属の不思議」と題し体験学習をしました。


金属にも様々な特徴があります。


その特徴を実験を通して違いを学びました。


金属もいろんな個性があるんですね。


体験学習の後は、施設見学。
研究者からお話を伺いました。


物質の特性を調べる施設、次世代太陽電池を開発している研究室、超伝導の研究施設、溶射を行う施設を見学しました。


どこもとても難しい内容でしたが、本物を見て、触れて、話を聞いて、とても貴重な経験になったのではないでしょうか。


3日間の研修で、科学技術の素晴らしさを実感するとともに、科学者の研究に対する姿勢を学ぶことが出来ました。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (588)

ブログ カレンダー

« « 2018 11月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

カテゴリ一覧

アーカイブ