KAISEIブログ - 201810のエントリ

開星SSHつくば研修 2日目 part1

カテゴリ : 
SMILE × SSH
 
2018/10/31 8:30
開星SSHつくば研修2日目。
この日は、KEK(高エネルギー加速器研究機構)、NIED(防災科学技術研究所)、JAXA(日本宇宙航空研究開発機構)を訪問しました。


最初にKEKでの施設訪問。
この施設は、加速器と呼ばれる装置を使って基礎科学を推進する研究所です。
まずは施設の概要について学びます。


2008年ノーベル物理学賞を受賞した小林博士と益川博士の紹介がされています。


ノーベル賞のメダルの複製です。複製と表記がしてありますが、実際は同じ鋳型で作られてた兄弟メダルだそうです。


興味津々です。


放射光科学研究施設「フォトンファクトリー」を見学。
フォトンファクトリーは、加速器から発生する明るく波長の短い光「放射光」で、物質や生命を原子のスケールで観察するそうです。


広い分野の物質・生命科学研究に貢献しているそうです。


この施設は筑波実験棟の「Bファクトリー実験施設」です。
宇宙創成の謎や、未知の物理を探索する研究を行っているそうです。


世界各国の国旗が掲げてあります。
この研究施設の研究員の出身国だそうです。
国際的な協力関係の下行われていることを表していますね。
最先端研究のすごさを感じました。

続きは次回へ
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (315)

開星SSHつくば研修 1日目

カテゴリ : 
SMILE × SSH
 
2018/10/30 8:30
10月2日〜4日に実施した開星SSHつくば研修についてご紹介します。
この研修は高校2年生中高一貫コース・特別進学コースの理系選択者を対象に、つくば市周辺の研修施設等を訪問。理系生徒の更なる向学心の向上を目的として研修を行いました。

1日目の研修先はつくば実験植物園・食と農の科学館です。


ここは国立科学博物館が植物の研究を推進するために設置した植物園。


園内は世界の生態区と生命を支える多様性区に分かれていて、日本の代表的な植物、世界のいろいろな環境に生育する植物、世界に利用する植物など、3千種類の植物を見ることが出来ます。


研究に訪れたときは、きのこ展〜みんなでさぐるきのこのふしぎ〜と題し、たくさんのきのこが展示してありました。


実際に植物に触れることのできるコーナーもありました。


何の植物を触っているのかな?


オジギソウ。
さわるとおじぎをするように動きます。
植物ってふしぎ。


自然の中って気持ちいいね。


次に訪れたのが、農研機構の食と農の科学館。


日本の農業と食に関連した新しい研究成果や技術を説明したパネルや模型などが展示してあります。


農家さんを悩ますイネの害虫、アカスジカスミカメのキャラクター「スジヲ」がお出迎えしてくれました。


職員の方から説明を受けながら館内を見て回りました。
生徒はとても熱心にメモを取っています。


農研機構とホシザキ電機株式会社の共同で開発された、給茶機(リッチプラス)が設置されています。カテキンなどの茶葉に含まれる健康機能成分を短時間に最適な条件で抽出することが出来るそうです。


最後に研究者による講義を受けました。
科学の技術の発展が人間の生活を豊かに安全なものにしてきたのか学びました。

2日目に続きます。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (361)

開星SSH最先端研究体験研修 2日目

カテゴリ : 
SMILE × SSH
 
2018/10/15 8:30
開星SSH最先端研究体験研修2日目。
国立研究開発法人理化学研究所 放射光科学研究センターSPring-8/SACLAを訪問しました。

放射線に関する最先端の研究について見識を深め、科学技術に関する興味関心を高めることを目的としています。


SACLAについて勉強。


SACLAはX線自由電子レーザー(XFEL)という新しい仕組みで、化学反応など今まで速すぎて捉えることが出来なかった原子や分子の一瞬の動きがくっきり見える施設です(パンフレットより)。


施設見学。


すごい施設なんですね。


研究者の方に普段どんな研究を行っているのかご講義頂きました。


記念撮影。


次はSpring-8へ。
展示物にて説明して頂きました。


この施設は大きな加速器で作り出す強いX線で、今までにみえなかった小さなものを観察する施設です(パンフレットより)。


どうやって強いX線を発生させるのか、技術のすごいところを教えて頂きました。


Spring-8では、様々な研究がされているそうです。


発生させた放射光を使って実験出来る場所(ビームライン)が57ヶ所あり、そ
れぞれのビームラインで多様な研究が進められているそうです。
例えば、はやぶさが持ち帰った微粒子を調べ小惑星イトカワの歴史が判明したり、細胞内の3ⅮイメージングできるX線顕微鏡を開発したり、低燃費タイヤの開発など生活に欠かせないものがここから生まれているそうです。


この研修を行い生徒たちは研究者の偉大さを感じることが出来たのではないでしょうか。私たちが豊かな生活ができているのは、研修者のお陰でもあるのです。そのことが分かっただけでも、物の見方が変わってくるのではないでしょうか。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (584)

開星SSH最先端研究体験研修 1日目

カテゴリ : 
SMILE × SSH
 
2018/10/12 8:30
10月2日・3日に中高一貫・特別進学コースの高校1年生対象に開星SSH最先端研究体験研修を行いました。
この研修は最先端の研究施設,また自然災害に対する科学的な取組について知ることで,向学心を高めることを目的としています。


最初に訪れたのは、甲南大学フロンティアサイエンス学部(FIRST)ポートアイランドキャンパス。最先端の生命化学を学ぶことが出来る大学です。


まず最初は模擬講義。
次に行う実験講座の事前説明です。


学内の食堂にて昼食。


生命科学科にて実験講座。
酵素を使った医療診断・食品分析の化学について。


糖尿病の診断や肝機能の検査などに欠かせない、血液中や尿中のグルコース(血糖値や尿糖値)の定量。
今回は市販の血液値センサーの原理を体験。


みんな緊張した様子で取り組んでいます。


丁寧な作業が求められます。


この実験講座では実験の方法を学ぶことはもちろんですが、化学と生物は医療・創薬・環境など社会で活かされていることを学びました。


実験後は、施設見学をさせて頂きました。
「大学の施設・設備ってすごいな〜」


甲南大学のみなさま、ありがとうございました。


次は阪神・淡路大震災記念、人と防災未来センターへ。


ここは、阪神・淡路大震災の経験と教訓、防災・減災・縮災の大切さを発信する施設。震災について学び・体験ができます。


地震破壊のすさまじさを映像や音響で体感したり、展示物を観覧したり、語り部による震災の体験談や心がけることなどの講話を聴き、震災について学びました。


大地震を体験したことない生徒たちは、この施設を訪れ大震災の脅威を感じ、また普段から防災・減災に対する意識を持つことの必要性を学ぶことが出来たようです。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (612)

文化祭 文化部・PTA・卒業生

カテゴリ : 
学校行事
 
2018/10/9 8:30
文化祭の続き。
今回のブログは、文化部の展示・PTA企画・卒業生の参加の様子を紹介します。


華道部の展示。
毎週コツコツと活動をしています。少しずつ腕を上げているようです。


写真部の作品展。
とても楽しい写真が並びました。


本校美術部が主催した月山アートフェスで描いた作品を展示。


美術部はもう一つ。
トリックアートに挑戦しました。


トリックアートの前で記念写真。


服飾手芸部のアクセサリー作り体験。


手作りするって楽しいね。


茶道部のお茶会。


浴衣を着て夏らしい雰囲気です。


PTA保護者によるかき氷販売。


PTA主催のバサー。
ご協力ありがとうございました。


PTA保護者による食品の販売。
文化祭を盛り上げて頂きありがとうございます。


地域貢献として献血の協力。


積極的に協力してくれました。


もちろん教員も献血に参加。
目標数を達成することが出来ました。


卒業生も参加。


今年は様々な企画でにぎやかな文化祭となりました。


外部からもたくさんお越し頂き、ありがとうございました。

これで文化祭のブログは終わります。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (794)

ブログ カレンダー

« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

カテゴリ一覧

アーカイブ