KAISEIブログ - 201710のエントリ

公開教育研究会で行った探究型授業の紹介その2です。

今回は総合探究・数学・保健体育を紹介します。


総合探究
単元名 命について考える〜理科と社会の融合〜
単元の目標 
1.人間が食するすべてものが「命」のあるものであることを理解する。
2.ペット産業においてたくさんの「命」が毎年殺処分によって奪われていることを理解する。
3.出生前診断を受ける夫婦が増加している背景として、医療技術の進歩があることを理解する。
4.カンボジアのポルポト政界の大量虐殺など紛争等が第二次世界大戦後もなくなっていない現状があり、多くの「命」が今もなお世界各地で犠牲になっていることを理解する。
5、1から4の中に登場する「命」以外にも「命について考える」場面はたくさんあることに気付き、自分の設定した「課題」の関連図書を通してクラスメイトと共に学び深める。


単元目標の1から4についてビデオ、絵本、絵画などを用いて学び、その後生徒一人ひとりが選んだ書籍を読み込み、クラスメイトに書籍の紹介し学びを深めます。


書籍紹介の発表後、意見交換をします。
発表者は聞き手にわかりやすく伝わるように丁寧なプレゼンとなったのか。また聞き手は発表に耳を傾け、共感的に理解し、感想・意見等伝えることが出来たのか評価します。


数学
単元名 角の二等分線の作図法は本当に正しいのか
単元の目標 作図の方法が正しいことを三角形の合同条件を用いて論理的に説明する。


グループで話し合い、中学1年生で学んだ図形の学習内容を振り返りながら、基本的な作図の方法を「三角形の合同」を用いてその根拠を明らかにし、筋道を立て説明していきます。


この活動を通して、図形を与えられた条件を満たす点の集合としてとらえることを確認するとともに、論理的思考の基礎を学ぶことを目指します。


保健体育
単元名 薬物乱用・感染症について、図書館で調べて発表しよう
単元の目標 健康に関する情報収集ができ、その情報を的確に取捨選択できるようにする。
生徒が個人及び社会生活において、情報をもとに自らの健康を適切に管理し改善できるようにする。


インターネット等で情報が溢れている中、情報を正しく得て、必要な情報を取捨選択し個人の生活や社会に取り組み活用していくことである。


図書館の資料などを活用し自ら調べ、他者と共有しながらまとめることで情報を正しく活用し健康的な生活を送る技術を身に付けさせます。

以上、本校の探究型授業の紹介を終わります。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (417)
10月26日(木)、本校を主催に公開教育研究会を開催しました。
この研究会では、本校の探究型授業を公開しました。
簡単ではありますが、KAISEIブロクでも授業をご紹介します。


科学探究。
単元名 「ブラックボックスを用いて、科学の手法を獲得する授業の開発2」
単元の目標 未知なものを観察し、観察によって得られた疑問を解決するための仮説を立て、それを検証し、得られた情報から考察するという一連の科学の手法を身につけることができる。


箱の中には球体の物体が入っており、その物体の動きから内部を探ります。


ペアで議論し、予想した箱の中の様子をホワイトボードに書きます。
各班が発表し、科学的に証明できるか、科学的な考察では無い部分は指摘し、皆で考えます。
最後は箱を開けることが出来ないため現状で知り得る「確からしい」ことしかわからないこと、別の道具があれば、さらに確からしい情報が増えることを告げます。そして科学もブラックボックス同様、現代の技術で知り得る「確からしい」情報の集積であることを伝えまとめとなります。


コミュニケーション・メソッド。
単元名 Alibi〜What did you do?〜
単元目標 過去形の用法と、英語での論述の仕方を習得する。ロールプレイングを通して、英語でのコミュニケーション能力を高める。グループで協力して答えを導き出す。


殺人事件が起きたと想定し、その犯人を割り出すことを目指します。生徒達は、各自アリバイを作成し供述する役と、アリバイを述べる者に対して質問する役の両方演じます。


そうすることで、英語での論述の仕方と質疑応答の仕方を学ぶことができます。また、犯人を割り出すために、あらゆる情報から必要なものや正しいものを取捨選択して判断しなければならないため、多面的な思考力とグループの協力も必要になります。


芸術 
単元名 和太鼓におけるダイナミズムの探究
単元の目標 
〇和楽器の持つ音色と伝統音楽の特色を理解し、楽曲を味わいながら表現する。
〇音高やリズムの変化と、それに伴う音楽の雰囲気やイメージの変化に関心を持ち、思いや意図を持って独自のリズムを創作する。
〇より楽曲にふさわしい音色や表現を追求し、主体的に取り組む。
〇一つの要素を取り上げて考察し、自分たちの求める表現について追及する姿勢を養う。


龍神太鼓を演奏し、ビデオ撮影をします。そのビデオを鑑賞し気づいたことを各楽器セクションでまとめ発表。発表で出た意見を踏まえその上で自分たちの演奏が考察したイメージを体現できているか、そのためにはどのような点を深めればよいのか問いかけます。


さらに音楽の要素のうち強弱に着目し、自分たちで考えたダイナミズムをホワイトボードにまとめ、共通認識をもって演奏できるようにします。自分たちの思い思いや意図を表現するためにどのようなダイナミズム表現をすべきか、自分たちで考え深めることがポイントです。

次回のKAISEIブログも公開教育研究会で行った授業を紹介します。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (468)

エネルギー研修 原子力発電所にて

カテゴリ : 
SMILE × SSH
 
2017/10/20 8:30
SSH研修として、中学2年生・高校2年生中高一貫コース・特別進学コースの生徒を対象にエネルギー研修を行いました。

島根原子力発電所・原子力館を見学し、島根大学の松本一郎教授による特別講義を行い、エネルギーについて学びました。さらに、高校生と中学生の混成グループ活動を行い、協調性の育成を図りました。


原子力発電について学びます。




島根大学松本教授には、放射線について講義して頂きました。




放射線ってどんなもの?


放射線測定器です。


ウラン鉱石を測定。


エネルギーの知識のみならず、大事なことですね。


松本教授、ありがとうございました。


次は、グループ活動。


エネルギーについてお題が出ました。エネルギ−とは何か。


さらに各班異なるお題も。
核分裂の仕組み・放射線の種類と特徴・放射線発見の歴史などなど。






そしてプレゼンです。


エネルギーについてしっかり学ぶことが出来ました。また研修を受けてエネルギーに対する考え方が変わったのではないでしょうか。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (588)

留学生 ようこそ松江へ

カテゴリ : 
学校行事
 
2017/10/18 12:00
8月下旬から本校に来てくれているリヒテンシュタインからの留学生ロンニャさん。留学生活が約1か月過ぎ、少し日本の生活に慣れて来た頃でしょうか。
せっかく松江に来てくれたので、松江観光&体験です。


最初に訪れたのは、国宝松江城を囲む堀を小舟でめぐる「堀川めぐり」。
船からみる水辺の景色を楽しみました。


次は出雲かんべの里で和紙てまりづくり。






とても上手に仕上げていますね。


最後はかげやま呉服店さんで、着物の着付け体験。

[


すてきです。


そして街歩き。


日本の文化を体験し良い思い出づくりが出来ましたね。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (578)

開星SSH金沢工大研修 3日目

カテゴリ : 
SMILE × SSH
 
2017/10/16 8:30
開星SSH金沢工大研修3日目はキャンパス見学と開星高校OBとの懇談会。


扇が丘キャンパスにお邪魔しました。


授業・学習サポートとして、個別指導など学生の学習支援を行っている施設です。




高い建物はライブラリーセンター。


豊富な資料と情報がある図書館です。








これは?


こちらの図書館はレコードも所蔵されていて、Bodysonic(体感音響装置)で音楽を聴くことができます。


続いては夢考房を見学。ものづくり活動を行う場所。


夢考房で活動した学生の方々の素晴らしい栄光です。


学生が思いっきりものづくりに打つ込めるように、設備や材料・工具・技術指導者など様々な機能を備えているそうです。













最後に開星高校OBの学生との懇談会です。


OBの方々の話は身近な存在で聞くことができ、自分の進路選択の参考となりました。


金沢工大では2日間お世話になりました。
研修では様々な方々のお話を聞き、進路意識を高める良いきっかけとなりました。ありがとうございました。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (531)

ブログ カレンダー

« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

カテゴリ一覧

アーカイブ