KAISEIブログ - 201206のエントリ

夏井いつきの句会ライブ! 2/2

カテゴリ : 
中学
 
2012/6/29 7:00
まずはこちらを読んでから
ブログ記事「夏井いつきの句会ライブ! 1/2」(Click!)

本当に「5分」で俳句ができました。
夏井いつき先生に優秀な句を選んでいただき、

作者にお褒めの言葉を頂きました。


入選作品はたくさんありました。


嬉しそう。


そして最終選考に残った優秀な七句。


その場で挙手による投票が行われ、最優秀作品が決まります。
まさに「句会ライブ」。

↓最優秀作品が決まるようす、ライブ!

1位と2位は1票差。


にんじんなぞ
消えてなくなれ
夏空に



夏の朝
窓から見える
のどかな村



夏終わる
コインのバケツ
何もない



妹が
ねこと乱闘
夏の夜



さくらんぼ
走れメロスを
読み返す



君と会い
生き方変わる
五月晴



古い友
話がはずんで
ソーダ水



夏井いつき先生、ありがとうございました。
夏休みの宿題、少し楽になりました。

終り。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (17021)

夏井いつきの句会ライブ! 1/2

カテゴリ : 
中学
 
2012/6/28 7:00
まずはこちらをご覧下さい
ニュース記事『夏井いつきさんによる「句会ライブ」開催』(Click!)

開星中学校では、夏休みの宿題として俳句の創作があります。そこで今回、俳人の夏井いつき氏に実作指導を伴う「句会ライブ」をしていただくことになりました。

この句会ライブによって、生徒の創作意欲が高まり、俳句への理解が深まることを目指しました。

夏井いつき氏の登場。

中学校の先生をされていたこともあり、巧みな話術で生徒の心を引きつけてくださいました。


そして、生徒の俳句にたいする「心の壁」を取り払ってくださいました。


なんと「俳句は一瞬でできる」のだそうです。
そして実演してくださいました。

↓俳句が一瞬で出来上がるようすを動画で

生徒からは、創作への自信が湧いてくるようすが感じられました。


そして、ライブの始まりです。


制限時間はなんと「5分」。
夏休みの宿題が「5分」で終わるのか。


「季語」意外の12文字、これが「俳句の種」になる。


寝ているのではありません。


あきらめてふてくされているのでもありません。


「俳句の種」を盗まれないようにしています。


そして、その俳句の種に「季語」を添えてあげる。
それが俳句。


・・・・・・・・・・・・・・・・・できねえ。


できた!

続く
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (18585)
今年も中高一貫コースの一大イベント「起業家スクール(Click!)がはじまりました。

この起業家スクールの目的は、
1、開星中学生に「起業家精神」を体験的に学んでもらい、21世紀の社会を生き抜くために必要な基礎力を身につけてもらう。

2、働くことの目的と意味を考えてもらう。そして、仕事の分担の必要性と重要性を学んでもらう。

3、本校の「建学の精神」のより深い理解と実現をめざす。

4、1年生には「勤労の大切さ」、2年生には「創造力」「商品開発力」、3年生には「リーダーシップ」「経営力」を学んでもらう。

の4点です。

今年は、「SMILEプログラム(Click!)として更に新しいことに挑戦しています。

まずは、中学3年生が「プレゼン」を学びました。

お越しいただいた先生は「特定非営利活動法人Gassho(Click!)」の代表理事である佐藤大典さん。


佐藤さんは、島根県のために社会起業家の育成に尽力されています。


その佐藤さんも、「プレゼン」と出会ったことが人生の転機の一つだったというお話。


なぜ「プレゼン」が大切なのか?
「起業する」ということはどういうことなのか?


ご自身の人生を語ってくださいながら、わかりやすく説明してくださいました。


起業家とは
時代背景や状況・環境に関係なく、
自ら考え行動し、社会に貢献する人。


「プレゼン」でもっとも大切なこと。


大切な言葉が多く、ノートはこの状態。


佐藤さん「四角の上に、同じ大きさの丸三つ」
同じ言葉を聞いても、出来上がる図はみんな違う。だから、


だから「プレゼン」では映像も大切。
さあ、この画面に書いてあることをグループ毎にプレゼンしてください。


教わったばかりのことを活かすために。


下級生へのプレゼンで、多くの生徒に支持してもらうために。


起業家スクールでは、プレゼンへの投票で資本金が決まるから。


学んだことを、使ってみる。
使えるようになると、学ぶことの意味も分かってくる。
それがドリカムプラン。
そしてSMILEプログラム。


体験に基づく学習と、


学習に基づく体験。
どちらも大切。
そして、どちらが欠けてもダメ。


佐藤さん自身も起業家です。
「POINTerior(ポインテリア)」というペイント屋さんを経営されています。


最後に、佐藤さん御自身の「プレゼン」を見させていただきました。
さすがのプレゼンでした。

さあ、次はいよいよ下級生へのプレゼンです。
自分たちのグループの商品や、お店のコンセプトを発表します。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (19460)

ポスターとパンフレットの秘密

カテゴリ : 
広報より
 
2012/6/26 7:00
こんにちは。
開星中学高等学校の広報担当です。
今日のブログは、開星のポスターとパンフレットの秘密を公開します。

こちらもご覧ください。
ニュース記事「高校 学校案内パンフレット完成です。」(Click!)
ニュース記事「ポスター完成しました。 貼ってくださる場所募集中。」(Click!)

ということで(どういう?)、今年の開星中学高等学校ポスターと開星高等学校の学校案内パンフレットが完成しています。


ポスター。
三角がたくさんあります。
よく見ると、それぞれに何かが書いてあります。


こちらは学校案内パンフレット(高校用)。
この表紙にも何かが隠されています。


中を見ると、
△の中に「芸能マネージャーに・・・」、「フォトグラファーに・・・」。


ここにも△▷△◁。




再現ドラマ『夢を描く』

生徒「それは、ポスターとパンフレットの完成の約一ヶ月前の出来事でした。」








生徒「突然、先生が僕たちを会議室に集めたんです。」


生徒「そして先生はこう言ったんです『君たちの夢を、書いて欲しい』とね。」


生徒「僕たちは、この開星高校のドリカムプランで日頃から自分の将来の夢や目標についてよく考えます。」


生徒「だから、みんな自分の夢をすぐに書き始めました。」


生徒「先生達はそんな僕たちの夢をみて、だれも笑ったり、無理だって言ったりしません。」


生徒「このポスターとパンフレットには、写真に写っている友達だけでじゃなく、僕たちの夢も載っています。だから登場人物は100人くらいかな。」
生徒全員「見てくださいね。」

※このドラマはフィクションです。
※でも、しゃべっている内容はノンフィクションです。それがドリカムプラン。


数日後、写真撮影も行いました。
右側の生徒、テンション上がりすぎです。


ポスターは本校のサービスセンターにあります。貼ってくださる場所を募集しています。
パンフレットは、このホームページからPDFがダウンロードできます(もうちょっとお待ちください)。←できるようになりました!

以上、広報からのお知らせでした。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (20119)
まずはこちらからご覧下さい
ブログ記事「だんだんコンサート link〜ここからはじめる〜1/4」(Click!)
ブログ記事「だんだんコンサート link〜ここからはじめる〜2/4」(Click!)
ブログ記事「だんだんコンサート link〜ここからはじめる〜3/4」(Click!)

ついに第13回だんだんコンサートが始まりました。
第1部を無事に終え、いよいよコーラス部の劇と吹奏楽部の演奏です。


日本昔話のテーマ曲から始まる劇。


お婆さんが川の真ん中で(なんでやねん)洗濯をしていると、川上から桃が飛んで(なんでやねん)きましたとさ。


家に持って帰る間にちょっと大きくなった桃を切る。


鬼と仲良くなる桃太郎。


鬼の正座。


悩む裏方3人娘。


見事に友達の鬼を救った桃太郎。
フィナーレ。

そして最後の第3部へ。


まずは小学生のステージから。
大庭ブルースターズさん。


そして中央キッズバンドクラブのみなさん。

どちらの団体も本当にありがとうございました。


そして開星中学高等学校のステージが始まる。


これまでの、すべてに感謝を込めて。


このコンサートのために集まってくれた人すべてとlink、つながることができたフィナーレ。
全員による「上を向いて歩こう」。

これでコンサートは無事に終了です。


お越しいただいた方々へ感謝の気持ちを込めてご挨拶。


感謝の気持ちを込めて歌いました。


まだ終りではないですね。


プラバホールのスタッフの皆さんありがとうございました。
荷物の運搬をしていただいた運送会社の方へも感謝。


そしてこのホールにも。




まさにテーマの通り、さまざまな方々とのつながり“link”を再確認することができました。

そして “ここからはじめる” です。

この気持ちが私達開星の生徒の原点であることを忘れないように。

これで全部終りです。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (15058)

ブログ カレンダー

« « 2012 6月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ一覧

アーカイブ