KAISEIブログ - 201205のエントリ

中3 中村ブレイスと石見銀山 2/2

カテゴリ : 
学校行事
 
2012/5/31 7:00
ブログ記事「中3 中村ブレイスと石見銀山 1/2」(Click!)


今は自然豊かな散歩道。
しかし、かつてはここで世界の銀の大部分を産出していました。


これを人が掘った、のですね。


いまは観光地となっていますが、
その昔、ここで働き、ここで亡くなった方も多くいたことでしょう。


豊かな自然も守っていかなくてはね。


「これ、銀ですか!?!?! 銀ですか?!?!?!」


佐毘売山神社(さひめやまじんじゃ)


「紫華鬘」(ムラサキケマン)
カワイイ、でも有毒。


もみじ。


影は隠せない。


良いお天気で良かったですね。

この遠足で、「世界で仕事をする会社」と「世界に誇れる遺産」と「自然」を見ることができました。


こういう学びを生かして、普段の勉強を頑張る理由を見つけて、将来社会の発展に役立つ有望な人材になってほしいなあと思っています。

終わり。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (14086)

中3 中村ブレイスと石見銀山 1/2

カテゴリ : 
学校行事
 
2012/5/30 7:00
中学3年生の遠足は、自分たちの住む島根県をよく知ることが目的です。

行き先は、島根県が誇る企業「中村ブレイス」さん(Click!)と、世界遺産「石見銀山」です。

この島根の地にも世界的に活躍する企業があること、世界に誇る文化歴史遺産があることを知ってもらうために。



良い天気になりました。


まずは中村ブレイスという企業の説明を聞きました。


そして、実際に商品である義肢装具を見させて頂きました。


この義肢装具を、誰かが使い、その方の人生がよりよいものとなることを願って作られている。


使ってくださる方の、幸せを願って商品開発を行なっておられます。


目的が「他人の幸せのため」ですから決して努力を怠ること無く、日々良い物を作ろうと努力をされていました。

学ぶことが多いお話でした。
自分たちは将来、何のためにはたらくのか、しっかり考えることができました。


さあ、次は石見銀山です。


景観保全のため、車の通行が制限された街道を、歩いていきます。
この街並み自体が貴重な遺産。


この景観を残すために、多くの努力がなされていることを知りました。


鬼瓦、にも歴史がある。


さあ、もうすぐ到着です。
まさに遠足。


中学3年生は、進路についてもいろいろ悩むことがあると思います。
開星中学校のドリカムプランで、自分自身の夢についてしっかりと考えて、自分自身で進路目標を決めて下さい。

続く。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (17146)
本校の「建学の精神」は「品性の向上をはかり、社会の発展に役立つ有望の人材を育成する」というものです。

この建学の精神を具現化するための教育プランを本校では「ドリカムプラン」と呼んでいます。

総合コース2年生のドリカムプランの一つが「ドリカム講話」です。

ドリカム講話について、こちらをご覧ください
ブログ記事「ドリカム講話 校長先生」(Click!)


第2回目に来ていただいたのは、大塾塾長の「川上 大」先生です。
先生は、本学園の常任理事もされています。


夢の実現 〜出会い・感動・挑戦〜 というお話をして頂きました。


これまで出会った人たち。
努力の大切さ。
人の夢を応援し、自分の夢も応援してもらう。


真剣。


「まだまだ自分は夢を叶える途中にいます。」
夢は叶えたら終わりではなく、いくつでも持つことができます。



次にお越しいただいたのは 日本で始めて”ストリンガー”という職業名を使われた「田中 貴史」先生。
米子市で「ストリングハウス ティー・スポット」を経営しておられます。


”ストリンガー”とは?
それまでなかったものを自分自身で作り出すことについて話されました。


全仏オープンテニスで一躍有名になったお話。
その後の経験。
ホンモノの仕事とは。
自分のするべき仕事とは。


生徒のメモもみるみるいっぱいになりました。


世界で通用する仕事をすることが、どれほどすごいことなのか知ることができました。



次にお越しいただいたのは、美容室たしろのマネージャー「進藤 佳織」先生。



とっても明るくて元気な先生で、生徒も楽しく過ごしました。


体を動かすところから始まりました。


人間力を上げるためには?
→第一印象力
→想い(志)の力
→コトバ


第一印象を上げるためには?
笑顔、姿勢、お辞儀を実践して頂きました。

そして、ご自身の人生のお話。


コトバの力を体験。
普段言えない感謝の気持を、表してみました。

3人の先生がた、本当にありがとうございました。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (18723)
5月25日(金)、本校中学生1年生の出身小学校の先生をお招きし、平成24年度出身小学校連絡会を開催いたしました。
詳しくはこちらもご覧ください
ニュース記事「出身小学校連絡会を開催いたしました」(Click!)

その場をお借りして、本年度より始まる「SMILEプログラム」について、校長より発表がありました。

この「SMILEプログラム」についての詳しい情報は、ホームページや学校説明会で詳しく説明して参ります。

開星の中高一貫教育への新たな取り組みにご期待ください。


「開星中学校 出身小学校連絡会 校長あいさつより(抜粋)」

本校では、「開星ドリカム・プラン」で、学習指導を体系化しています。この「開星ドリカム・プラン」は、開星高校では平成11年度の入学生から導入していましたが、開星中学校では、平成13年度より導入しています。この時期は、学習指導要領の改訂作業が行われていました。その時、議論されていた主な課題の一つが、「総合的な学習の時間」の新設でした。この時の改訂は、中学校の場合、平成14年度から実施するためのものでしたが、本校では、その改訂作業を注視しながら、先んじて新設される「総合的な学習の時間」を「開星ドリカム・プラン」として活用することを決定し、先ほど申しましたように、平成13年度から導入しました。

その時改訂された学習指導要領も10年が経ち、平成20年から21年にかけて、再度改訂作業が行われました。私が改めて申し上げるまでもないかもしれませんが、今回の改訂は、学習内容の大きな転換点だと思います。戦後、学習内容は、改訂の度に増えていきました。それが、昭和52年から53年にかけての改訂で、いわゆる「ゆとり教育」が導入されました。それ以降、約30年間に渡り2回の改訂においても学習内容が減らされ続けてきました。そして、今回の改訂で、再び小学校から高校まで、大きく方向転換が計られました。

本校の「開星ドリカム・プラン」も、これまでの取り組みの成果を活かしつつも、この学習指導要領の大改訂に対応して、進化・発展をさせなければいけないと考え、3年ほど前から見直しに入りました。その結果、「開星ドリカム・プラン」を本校の建学の精神としっかり関連づけるようにしました。

また、先ほど「開星ドリカム・プラン」を進化・発展させなければいけないと申しましたが、そのことは、本校の教育の質をさらに高めることであります。「学校の質」を追及していこうと考えています。

本校では、毎年度、建学の精神の具現化を図るため、年間テーマを掲げています。今年度のテーマは、「一事徹底 規律ある朝礼 完璧実践」です。このテーマを掲げた目的は、秩序と公共性を高めることで、学校の質を高めることです。それを、特色のある本校の朝礼において、まず徹底させることで、生活面や学習面によい影響が波及するように取り組んでいることころです。

そうした取り組みの一方で、今後の入学生に対した準備も、進めております。中学校の新学習指導要領は、今年度より実施されていますが、「開星ドリカム・プラン」を進化・発展させたものとして、「SMILEプログラム」を開発することにしました。

「中高一貫6ヵ年の学習計画 SMILEプログラム概念図」
(※)をご覧ください。これは、そこに掲げているような人材育成をめざすものですが、まさに本校の建学の精神の具現化につながるものです。先ほど参観していただいた「7つの習慣J 」の授業も、「英会話」の授業も、その一角を成すものです。SMILEとは、SCIENCE(科学)のS、MORALITY(道徳性)のM、INTERNATIONALITY(国際性)のI、LITERACY(読み書き能力)のL、ENTERPRISE(先進性)のEから取ったものです。「7つの習慣」は、MORALITY,道徳性の育成、「英会話」は、INTERNATIONALITY、国際性や、LITERACY、読み書き能力の育成を目的とした授業です。
(※)下に掲載しております画像をクリックしてください。PDFでご覧になれます。

そして、開星中学の教育は、中学時代の3年間でも教育の成果が出る内容を実践しておりますが、中高6ヵ年の一貫教育がより高い教育成果が出るように考えております。

残念ながら、まだ島根県では、本校を除いて中高一貫教育を行っている学校はありませんが、全国では、公立学校も含めて、中高一貫教育の成果は注目されています。

本校の入学生は、近年、小学校時代にスポーツに熱心に取り組まれていた人が、そのスポーツを本校で引き続き取り組もうと考えていただき、進学されるケースが多い状況にあります。本校は、そうしたスポーツの活動体制も充実させておりますが、前提としては、勉強と部活をしっかり両立させることです。今朝も、ある部活に属する1年生数人と階段のところですれ違いましたが、彼らは単元テストの話をしていました。部活の中で、部活の話は勿論するでしょうが、勉強の話題も当たり前のように取り上げられる学校文化をさらに醸成していこうと考えています。SMILEプログラムは、そのためのプログラムでもあります。

以上、本校の教育方針や取り組みについてお話させていただきましたが、小学校の先生方が、進路先として信頼して送っていただける学校として、今後とも努めてまいりますので、どうかよろしくお願い致します。


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (17781)

はじめようか天体観測

カテゴリ : 
SMILE × SSH
 
2012/5/28 7:00
5月21日(月)、日食観測会を行いました。

思っていたよりも「先生、見に行きますよ」との声が多数あり、観測用のシートを220人分まで増やしました。

こちらの記事も見て下さい。
ニュース記事「日食観測会を行いました」(Click!)

そして迎えた日食の日。

晴れるか、生徒は来るのか、喜んでくれるのか、、、。



AM6:10
晴れました! 誰もいない屋上。 もうすぐ日食が始まる。


AM6:18
はじまった。


最初にやってきたのは科学部の部長(さすが)。
少しずつ人が増え始めました。


握りこぶしで日食の説明をする数学教師。


朝練中の柔道部とバレー部が参加してくれました。
「うわーーーすごーーーい」
と言ってくれた。
こちらも嬉しい。


AM:7:30
食の最大をむかえました。
松江で完全な金環日食が見られるのは千年後。


校長先生も参加。
用意した観測用シートが足りなくなりそうでした。
200人以上は来てくれました。


随分と太陽が登りました。 
明るいんだけどちょっと寒い。


仮面舞踏会。


みんな楽しそうでした。


こんな実験も用意していました。
ピンホール。
↓動画でどうぞ。




いつもと違う場所で、いつもと違う人と集まって、おんなじ物を見る。


返して下さい。
先生用日食メガネ。
本当は溶接用メガネ(遮光度は充分です)。


影がおもしろかったです。


バイバイ。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (16595)

ブログ カレンダー

« « 2012 5月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

カテゴリ一覧

アーカイブ