KAISEIブログ - 201110のエントリ

中3で大学に行きました

カテゴリ : 
夢実現計画
 
2011/10/31 7:00
本校は中高一貫教育を行っています。

そのメリットの一つに、通常は高校生が体験するような行事を中学生も行うことが出来ること、が挙げられます。

中学生が大学と企業を見学しどのように感じたのか、ということを生徒の感想を読んでご想像ください。一人ひとり、感じたことは違うと思いますが、彼らの人生の大切なひとときになったと考えています。

今回見学にうかがったのは”岡山大学”と”ベネッセコーポレーション”です。


またまた可愛いバスで行きました。
【生徒の感想】
大学という雰囲気の中で見学させてもらい、いろいろな所があるのを知りました。大学はとても広く、大学内に信号があってビックリしました!!大学生はすごく楽しそうで私も早く大学にいきたいなぁと思いました。岡山大学の見学に行ったことで、とても良い経験が出来てよかったです。


岡山大学では現役の大学生に案内して頂けました。大学生活というものについて話を聴くこともできました。
【生徒の感想】
実際に行ってみて、広いなと思いました。大学では、テスト前やレポートを書くときに、真剣に勉強できるところが多いと分かりました。これから大学行くか決めて、勉強頑張りたいです。


積極的に質問もしてみました。
【生徒の感想】
一番印象に残ったことは、広かったことです。建物もたくさんあって、道路もあって驚きました。施設もかなりよくて、大学は楽しそうだと思いました。僕も将来はどこの大学かは決めていないけど、大学は行こうと思っています。それについては、今回のキャンパスツアーはいい体験ができてよかったです。


とにかく建物もでかい、敷地も広い。総合大学ということの意味を改めて知りました。
【生徒の感想】
初めて岡山大学に行ってみて、すごく広くて何個もの学科に分かれていて、勉強する環境が整っていたので、個人的にそのような面ではとても良かったです。大学の敷地内には、いろいろな銅像が置かれていて、歴史あるものだと聞いてびっくりもしました。


図書館ですごいと思うことは、蔵書の数もすごいですがその莫大な数の蔵書が整理分類されすぐに見つけられること。
【生徒の感想】
岡山大学の方々にいろんなところを案内してもらい、ビックリしたのが広さです。端から端まで1kmぐらいあるそうです。かなりビックリしました。大学に行ってイメージが少し変わりました。勉強以外の部活動を頑張ったり、勉強も大切ですが、他にも自分のやりたいことをできるということがとても良いと思いました。いま大学に行くか迷っていますが、これから3年間しっかり考えて将来の夢を見つけていきたいと思います。


昼食は学食で頂きました。アイスもたべました。
【生徒の感想】
学食のラーメンとうどんがおいしかったです。大学見学は初めてでした。色々な学部を見て楽しかったです。島根大学には行ったことはあるけど、岡山大学には行ったことがなくて、島大にはない魅力があってよかったです。



仲間。もし、同じ大学に進学したら10年間も同級生。すでに生涯の友。
【生徒の感想】
岡山大学を見学して、とても大きくてびっくりしました。雰囲気もすごく良くて楽しかったです。学部もたくさんあったので、大学は岡山大学に進学したいです。これから高校入試も頑張ってしっかり勉強していきたいです。岡山大学の見学は楽しかったです。また行きたいです。


ベネッセコーポレーション本社に到着。
【生徒の感想】
会社の印象がよくて、客や社員がリラックスできる環境が整っていて驚きました。会議室の設備がすごかったです。今まで見たことがないようなハイテクな機能がありました。模試がどのようにして届けられるかも分かってよかったです。今度のテストではいい点をとりたいです。


大きい、吹き抜け高い。ここが自分たちが受けている模試を作っている会社だと今頃気がつく生徒達。
【生徒の感想】
もっと堅苦しいイメージを持っていました。ですが、入るといろいろなアートがあったり、面白いことがたくさんありました。それに社内の雰囲気もとても良くて、仕事しやすそうだな!!と思いました。いろいろな本を出版していることを知って、本屋に言ったら見たり読んだりしてみたいと思いました。テストもがんばりたいと思いました。


イスもベネッセ色。
【生徒の感想】
仕事風景を見て、良い雰囲気だと思いました。テストを作ったりするのに、いろんな人が関わっていることが分かりました。テスト一つ作るにも、長い時間がかかると分かりました。人が良く生きるためにすごく考えているんだなと分かりました。テストがんばっていきたいです。


ベネッセの通信講座を受けていた生徒もいたでしょう。
【生徒の感想】
私たちが受けている模試を作っていると聞き、とても驚きました。その模試には、ベネッセの社員さんや学校の先生方の協力があってできていると知ったので、それに感謝の気持ちを忘れずに最後までしっかりとがんばってやりたいです。


いよいよ会社について説明を受けました。この夏、起業家スクールを体験し”働く”ということについて改めて考えることができました。
【生徒の感想】
こんなところで働いてみたいなあと思いました。食堂も素敵なところで、一度そこで食べてみたいです。それと、勉強法を教えてもらって、早速家でチャレンジしてみました。これから継続できたらいいです!!


生徒の心に火がついたら、良いなと思います。
【生徒の感想】
話の中で一番印象に残ったのは、「今自分のできる努力を一生懸命すること」ということです。私はこれを聞いて、今自分にできることは親孝行、そしてその親孝行とは、勉強を頑張ることだと思ったので、これからは、勉強を一生懸命頑張りたいです。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8228)

Farid from Brunei and Tyler from Australia.

カテゴリ : 
夢実現計画
 
2011/10/28 7:00
We have two foreign students now.
Farid from Brunei and Tyler from Australia.



They have many experiences everyday.
Oneday, they tried to make chopsticks.


We seldom have the opprtunity to make chopsticks・・・


They tried their best!!








They belog to the school activities.
Farid belongs to the tea ceremony club and flower arrangement club.





This is his work. It is very beacutiful, isn't it?


Tyler belongs to the cooking club.


He makes Japanese traditional dishes.


They were very delicious!

Both of them are enjoying Janaese life!
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7772)
中高一貫の学校だからこそ出来る活動をご紹介しています。

2回目の今回は、調理部と華道部と留学について少し。

まずは調理部。

毎週金曜日に調理室にて活動中。
毎回1品、料理に挑戦します。


中学生と高校生が一緒に料理を作ります。


これは上手に出来ました。
先生の作品ですから。


最後は高校生と中学生一緒に食べます。


男子もいます。
留学生もいます。
開星では毎年交換留学生を受け入れています。
もちろんこちらから海外へも留学生を送っています。
中学時代に留学を決心し、高校生になったらすぐに留学ということが出来るのも中高一貫の魅力です。


茶道部。
実はこの日は中学生だけが活動。
この部活も、中学生と高校生が一緒に学べます。


おすまし。


真剣。


そしてここでも留学生が参加してくれています。
日本の伝統文化を学ぶ部活ですが、インターナショナルな会話も楽しめます。


華道部にも留学生が参加中。

この他にも、中学生と高校生が一緒に活動する部活動や行事があります。中学生にとっても、大学受験を目指す高校生を身近に感じたりできます。高校生にとっても、最大で5歳も年の離れた弟や妹がいるみたいなものです。

ここでしか体験できないことがあります。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7923)

小学生対象の体験クラブのようす

カテゴリ : 
広報より
 
2011/10/27 7:00
10月16日(日)、第2回目の開星中学校学校説明会と体験クラブを実施しました。

この日は、特に野球部とバレー部の体験に多数参加いただき、にぎやかな説明会になりました。

この地(松江)で中学受験をするというとき、そう選択肢が多いわけではありません。人生の中でもひときわ大切な大切な思春期である中学時代をすごす学校を選ぶ際に、最も大切なことは「相性」ではないでしょうか。

このあとも学校説明会を何度も企画しています。本校の在校生による学校紹介もあります。本校の雰囲気、教育方針、教員、在校生それら全てを納得のいくまでご覧下さい。何度でもお越し下さい。

お待ちしています。


多くの方にお越しいただきました。ありがとうございます


この日の校長先生の挨拶は、右手と左手を別々に動かすことについてのお話。


最初は難しいですね。
でも、何度も何度も練習すると誰でも上手になります。
ただ、必要な時間が人それぞれ違うだけ。
本校はその一人ひとりの時間の違いを、理解し、待ちたいと思います。


在校生の様子も見ることができます。
この中には高校生も混じっています。
本校独特の雰囲気を感じて下さい。


コーラス部も中学生と高校生が一緒に活動する部活です。
中学1年生にとっては5歳も年上の先輩に接することが出来ます。
大学受験で成長する先輩の姿も見ることができる学校。


この日、科学部は「宇宙科学部」になっていました。
このケースの中に宇宙があります。


体操部。
近年、優秀な成績を残し続けています。


モットーは「技は心」


この日2番人気のバレー部。
在校生にとっても、大人数で練習できて楽しいひとときでした。


モットーは「一路邁進」


この日、一番参加者の多かった野球部。


高校生とグラウンドを共有しているため、いつもグラウンドで練習しているわけではありません。


でも、工夫と努力で練習し、優秀な結果を残しています。


このあとも、最後は2月まで学校説明会を予定しています。
教員、在校生一同心よりお待ちしています。
本当です。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8456)
開星には十数年前から「カントリーデー」という日があります。

カントリーデー → 缶取りデー → 空き缶をとる日 → 地域のゴミ拾いをする日、ということでこの日は全校生徒で地域のゴミ拾いをしてきました。

しかし、近年では学校周辺のゴミが激減(良いことですね)したため、昨年からは校内の大掃除等も行っています。

ちなみに、カントリーでの目的は
①環境教育のひとつとして、学校と地域の環境整備・美化のための奉仕活動をし、地域に感謝をあらわすと同時に、本校教育の姿を地域の人々に知ってもらう。
②環境問題解決の基本である「Think globally, act locally」を実践する。特に、限りある資源を大切にする(物を大切にする)心を育てる。
③奉仕活動中の積極的なあいさつによって、地域の人々との交流を深める。
④カントリーデーの行動をきっかけとして、毎日の清掃・美化への取り組みを強化する。

の4つでございます。


校長先生の掃除についてのお話からスタート。
「ひとつ 拾えば ひとつだけ きれいになる」。
ゴミを拾う人は、ゴミを捨てない人になります。


しっかりと話を聴きました。


全力で校内清掃。これ(教壇)かなり重いです。


イスの下に引っ付いたゴミを、取っているところ。
徹底的に。


ロッカーは常にきれいにしておくべき。
常に。


普段拭けない窓も、この日は拭きます。


掃除しましょう。


開星は全室エアコン完備(自慢)。
きちんと掃除をして、大事に使います。


先生、掃除して下さい。


先生、掃除して下さい。


君も。


中学生は、学校周辺のゴミ拾いにいきました。
いつもお世話になっている、地域の方々へのお礼の気持ちを込めて。


天気がよかったです。


前方を歩く男子が拾わなかったゴミを拾う女子。
こら男子!


おかえり。


踏んづける。
しょうがないですね、たくさん拾ったからですもんね。

校舎の中も外も、周囲の町中も、きれいになりました。

ゴミを拾う人は、ゴミを捨てない人になれます。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7587)

ブログ カレンダー

« « 2011 10月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

カテゴリ一覧

アーカイブ