KAISEIブログ - 201109のエントリ

長い間、お付き合いいただいたこの「中学校起業家スクール」も、今日の記事が本年度の最終回です(たぶん)。
記事を読み返していただき、ここまでの生徒の成長ぶりもご覧ください。

この「中学校起業家スクール」のここまでの記事はこちらから
「起業家スクールはじまりました」(Click!)
「起業家スクール いよいよ起業編1」(Click!)
「起業家スクール いよいよ起業編2」(Click!)
「起業家スクール いよいよ起業編3」(Click!)
「起業家スクール いよいよ起業編4」(Click!)
「中学校起業家スクール プレゼン感想その1」(Click!)
「中学校起業家スクール プレゼン感想その2」(Click!)
「文化祭パート3 中学校起業家スクール本番」(Click!)
「中学校起業家スクール 生徒の感想・来年への提言 前編」(Click!)

それでは、生徒の感想・来年度への提言です。

 最初は集まる日にも集まれず不安だったけど、商品も予定の量を生産できたしそれをすべて売ることができたので良かった。
 夏休みの起業活動に社員全員で出られると今年より更に良くなると思う。

 本当に、みんなで協力して、まず完売できたことが本当に嬉しかった。そしてエコに関心を持つきっかけになったと思う。
 来年、自分たちより、よりエコで、より実用的な商品を作ってもらいたい。お金の管理をもっとしっかりして計算が合うようにしよう。

 みんなが協力してくれたおかげで完売することができた。協力してくださった人に感謝したいです。
 社員全員が真剣に取り組めばより良いものができると思う。買ってくださる人の気持ちを考えて商品を作ってもらいたいです。

 1・2年生がさぼること無く働いてくれたのがほんとに嬉しかったです。そして、そのおかげで沢山の商品が売れました。また、役割を与えられるのを待つだけでなく、自分から行動する人が沢山いてくれてよかったし、嬉しかったです。あとは、経理がきちんとできればいいなと思いました。
 何がエコなのかを、お客様にしっかりわかるようにした方がいいと思います。

 沢山のお客様が来てくださり、自分たちの作った商品を見て、「これいい」「これかわいい」などと言ってくれました。他の会社には無い商品も作れ、お客様から沢山の褒め言葉をもらえて、とても良かったと思います。
 誰でも使えるもの、生活に役立つもの、使いやすいもの、商品を見て「欲しい」と思えるものなどを考えて商品を作るといいと思います。小さい子たちが喜ぶものなども売っていいと思います。

 みんなよく頑張ってくれて、本当に感謝しています。起業をする大変さがよくわかりました。起業をしていく中で得たものも沢山ありました。今回起業家スクールをすることができて、本当に良かったと思っています。
 何事も一生懸命取り組むこと。接客のとき、お客様目線を意識すること。資金は大切に使う。商品はきれいに、丁寧に作る。借りたものはこわさない!! みんなが一つになって協力すること。



どの班にも、下級生や保護者やお客様に対する「感謝」の言葉がありました。


『相手の立場になる』、このことを身を持って体験し考えた数カ月でした。


この経験が今後の人生にいかされるよう、まだまだ考えてください。

保護者の皆様
この企画を通して、生徒は大きく成長できたと思います。ご協力ありがとうございました。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6986)
前回までの記事はこちら
「文化祭パート1(パート5くらいまでの予定)」(Click!)
「文化祭パート2 クラス企画 前編」(Click!)
「文化祭パート3 中学起業家スクール本番」(Click!)
「文化祭パート4 クラス企画 後編」(Click!)
「文化祭パート5 文化部写真集」(Click!)

高校1年生が約1ヶ月に渡り準備してきた「松江文化歴史探訪のプレゼン」の発表当日となりました。
この企画は、本校の「ドリカムプラン」の一貫として行われます。
これからの日本を生きる国際人として、まず自分の住む町の、文化と歴史を自分の足で歩き調べる。という目的を持って行っています。



この日のプレゼンは、各クラスの選ばれた代表の班だけが行います。
その他の生徒は、このようにレポートにまとめ文化祭の来客者に見て頂きました。


見てもらっているところ。


そして、この日(文化祭の日)の午後からABCホールで発表です。
一般のお客様にも見て頂きました。


司会3人組。


各班とも、パワーポイントを用いて発表します。
授業中に使い方は習うのですが、生徒たちの吸収する速さはすごい。
すぐに使いこなします。


各クラスの代表によるプレゼン。
発表する、声や態度も採点されます。


探訪の日に食べたおやつも発表。
確かに、松江の文化です。


突然のクイズ。
ノリのいい生徒と教師とお客さん。


お昼ご飯に何を食べたか、という発表。


なぜか担任。


と、まあこんな感じで各班とも所々にユーモアを交えながら楽しく発表をしてくれました。


審査員の、校長、副校長、教頭。 ありがとうございました。

この「松江文化歴史探訪」の企画で、自分の住む地域への理解が深まることで、将来君たちが真の国際人として活躍されることを祈ります。

次回、文化祭編は最終回(予定)。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (9055)
9月27日(木)、本校のABCホールにおいて「高校入試説明会」が行われました。

近隣の中学校の進学担当の先生にお越しいただき、本校の教育と入試制度について説明させて頂きました。

その際、本校校長によりお話させていただいた「開星高校の教育」というタイトルのお話です。


「開星高校の教育」

北極星は、少しくらい立ち位置が変化しても見える方角や見え方が変わらない星です。
北極星は、「人生の理想」に例えられます。
北極星には、手が届きません。
理想も、手に届かないかもしれません。
しかし、理想とは、届かないからといって、あきらめるために存在するのではないと思います。
人間は、日によって気持ちや考え方が揺れ動く存在です。
昨日決意したことが、今日は他人事のように思えたりします。
そんな揺れ動く人間が、意味のある人生を歩むためには、人生の北極星、理想が必要です。

ところで、なぜ赤ちゃんは歩きたくなるのでしょうか?
必ず転んで痛い目にあうのに…
なぜ赤ちゃんは話したくなるのでしょうか?
してもらえるままに黙っておいた方が楽かもしれないのに…
なぜ歩こうと、なぜ話そうと、努力をするのか?
それは、知らない世界を知りたいから!
できないことをできるようになりたいから!
人間は、本来そんな意欲や願望をもっているのです。

知りたいものがなく、
できることがなく、
あこがれるものがない世界は
何の輝きもありません
人間は本来、輝きのある人生を求めています。

人生に輝きを持たせよう!
人生の北極星を持とう!

本校の「北極星」は、
品性です。
品性とは、人間性(人間らしさ)の中心にあるもの

品性を向上させれば、「よりよく生きるための力」が身に付きます

「よりよく生きるための力」とは、
1「つくる力」、創造力
2「つながる力」、共生力
3「もちこたえる力」、忍耐力

この3つの力がある人が、社会の発展に貢献します。

「開星」とは、
「社会の発展に役立つ有望な人材を育成する」
という意味です。

「開星ドリカム・プラン」は、
夢(目標)の実現をテーマとして、
品性を向上させ、社会の発展に役立つ有望な人材を育成します。

詳しくは、
「スクールガイド(学校案内)」の1ページ
「学校要覧」の4ページ
それぞれ参照ください。


「スクールガイド(学校案内)」のダウンロードはこちらから(Click!)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (9239)

体育祭その6 最終回

カテゴリ : 
学校行事
 
2011/9/28 7:00
体育祭の前回までの記事はこちら
「体育祭その1(その5までの予定)(Click!)
「体育祭その2 競技開始」(Click!)
「体育祭その3 競技とデコ」(Click!)
「体育祭その4 今度こそデコ」(Click!)
「体育祭その5 応援合戦写真集」(Click!)

いよいよ、いよいよ(やっと)体育祭の最終回です。

中1から高3までいる本校の体育祭。
その生徒をまとめる高校3年生は大変だったことでしょう。
でもこの大変だった思い出が、君たちを支えてくれる自信になります。



いきなり最初に戻って「選手宣誓」。
東日本大震災のことに触れ、感動的な選手宣誓でした。


う、う、う、うしろ!   笑顔の校長先生。


走れ!


行け!


あきらめるな!


おめでとう。


競技を支えてくれた体育委員や運動部の皆さん、ありがとうございました。


最後の最後、「万歳三唱」。
天気もなんとか大丈夫でした。


高校3年生の皆さん、ありがとうございました。


この天籟祭が終われば、高校3年生の皆さんはいよいよ受験です。


高校3年生は、自分の進路希望(夢)を叶えるために頑張らないといけませんね。


高校3年生の皆さん。受験や、就職試験に立ち向かうとき、もの凄く不安になると思います。


そんなとき、この天籟祭だけでなく、ここまでの高校生活の苦労を共に乗り越えた「仲間」がとても大きな存在になるはずです。


このクラスなんて6年間のクラスメイトです。
最後の最後までみんなで支え合ってください。

高校3年生の皆さん(その他の学年の皆さんも)、最後まであきらめずに、
がんばれ。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8809)
この「中学校起業家スクール」のここまでの記事はこちらから
「起業家スクールはじまりました」(Click!)
「起業家スクール いよいよ起業編1」(Click!)
「起業家スクール いよいよ起業編2」(Click!)
「起業家スクール いよいよ起業編3」(Click!)
「起業家スクール いよいよ起業編4」(Click!)
「中学校起業家スクール プレゼン感想その1」(Click!)
「中学校起業家スクール プレゼン感想その2」(Click!)
「文化祭パート3 中学校起業家スクール本番」(Click!)

文化祭当日の本番を終え、いよいよ最後の総会に臨みました。

総会では、決算報告や下級生への感謝の言葉などが発表されました。
そして、総会終了後に中学3年生はこの「起業家スクール」への感想文と来年度への提言を書いてくれました。
2回にわたり、その一部をご紹介します。

 みんなが生産段階から協力してくれて、誰一人妥協すること無く、販売できました。私達3年生から動き、1・2年生もだんだんと自ら動くようになり、結果的に予想よりも良い結果になってすごく嬉しかったです。
 3年生だけが働くのではなく、1・2年生も3年生を見習って自ら行動することが大切だと思います。また、完売させるためには、より質の良い商品を作っていくことが大切だと思いました。

 みんなで協力してできた。わからないことがあれば聞いたり、手伝いながら楽しくできたと思う。全学年のみんなが集まり、年齢関係無く協力できたのが一番良かった。笑ったり、考えたり、怒ったりしたが、最後はみんなで力を合わせて全てを売ることができた。
 今も電力が足りなくて、節電をしているが、来年も大変そうなので電気を使わずに涼しくなれるもの(うちわなど)。暑くなるとイライラしてストレスがたまりやすくなるので、リラックスできるものなど。周りに迷惑をかけずに楽しく遊べるものを発案、販売できればとても良いと思います。

 アクシデントがあって思うように計画が進みませんでしたが、みんなが協力してくれてそれをカバーすることができました。そして、優秀賞をもらうことができ、やって良かった、と思いました。とてもいい経験でした。
 商品を沢山作る前に、一度作ってみて、良かったら材料を沢山集めて作った方が良い。商品はなるべくみんなで協力して作ったらより社員のチームワークが良くなる。机などの設置は早くやったほうがよい。自分がお客様になったときに「買おうかな」と思うものを作る。。



下級生への感謝の気持ちを込めます。

 商品が完売できたし、賞をもらうことができたので良かった。どこの班も毎年作っているようなものを売っていたけど、僕たちは、たぶん初めて手作りはし、はし袋、保冷カイロを作ったと思う。
 どこの班も作らないような、珍しいものを作れば売れると思う。

 最終的には完売することができて良かった。でも、店番をする人が勝手にいなくなって、それは良くなかった。
 商品を作るうえで、低価格で作れるもので、品質が良く、お客様が家とかで使えそうなものを作ると良いと思う。ものの管理を徹底した方が良い。



自分たちの成長も感じられたでしょうか。

 自分たちは頑張って作っていたけど、売れ残りが出てしまって残念。エコたわしは、途中から作ることになりましたが、しっかりみんなで作ることができ、お客様にも買って頂けたので良かったと思います。
 石けんなど、いろいろな会社が作っているものを売るのではなく、珍しいものを作った方が良いと思います。

 後輩が働いてくれないときがあったけど、最後はほとんどの人が協力して、商品を完売することができた。
 後輩には、お金を大切に扱って欲しいと思います。会社で団結してやることが必要になってくるので、先輩が後輩の手本にならないといけないと思います。



保護者の皆様、ご協力ありがとうございました。
企画は終わってしまいましたが、この経験が彼らの今後の人生に役立つように今後も頑張ります。


後編に続く
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7576)

ブログ カレンダー

« « 2011 9月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

カテゴリ一覧

アーカイブ