KAISEIブログ - 20110620のエントリ

今回の生活教養は卵について 実験第2弾。

希釈卵液の凝固について、濃度や合わせる調味料などによって凝固状態が異なることを学びました。




配合材料(卵・水・牛乳・塩・砂糖)・加熱状況(蒸し温度・時間)が違うものを8種類用意しました。




見た目、食感で比較しました。




生徒はどうしても、「卵の味しかしない!」「しょっぱい!」「これはおいしい」という言葉しか出てこず・・・。味ではなくて、食感ですよ!




「固いね〜」「滑らかだね」「水っぽい」「プリンみたい」


わざと『す』をたたせた卵液に対し、「これに酢が入っているんですか?」と一言。
いやいや違いますよ(笑)





前回調理実習で茶碗蒸しを作りましたが、なぜおいしい茶碗蒸しが出来たのかこの実験で理解出来たと思います。調味料は味を調えるだけではないこと、また材料にあった加熱温度・時間でないといけないこと。
料理って奥が深いですね〜。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (18377)

ブログ カレンダー

« « 2011 6月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

カテゴリ一覧

アーカイブ