• カテゴリ ドリカム講話 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

KAISEIブログ - ドリカム講話カテゴリのエントリ

【ドリカム講話】について
開星高校のドリカムコース2年で週1時間行われる授業。社会で活躍されている方々を招聘(しょうへい)して講演をして頂いています。過去には、囲炉裏な企業の社長さん、落語家、医師、駅長、駐日ドイツ大使、等々様々な方にお出でいただきました。
今回のように、番外編として全校生徒や地域の方々にも来ていただけるドリカム講話を企画することもあります。
↓過去に行ったドリカム講話のようすはこちらから
KAISEIブログ「ドリカム講話まとめのページ」(Click!)

【梶谷隆幸選手】について
本校出身のプロ野球選手。横浜DeNAベイスターズ所属で、全日本代表選手(通称侍ジャパン)にも選ばれています。
今年の大活躍により、来年は背番号「3」。
詳しくはこちらもご覧ください。
Wikipedia「梶谷隆幸」(Click!)

12月28日(土)
天気:大雪

保護者の方や、多くのお客様が来られる予定。
野球部が頑張ってくれました。





ちゃくとちゃくとお迎えする準備が進行中。
(まだ早朝です)





横浜で小学校の先生をしている卒業生。
教え子のために、梶谷選手のサインをもらいにやってきました。





開星は緑山(りょくざん)という山の上にあります。
ちょっと雪が多めです。





松江市内、雪化粧。





もうすぐ始まります。
梶谷選手の活躍をビデオで復習。





そして、梶谷選手登場。
大きい。





対談形式でトークはすすみました。
高校時代の話、プロの厳しさ、今後の夢。





いろいろな質問に答えてくれました。





開星中学校野球部と、開星高校野球部は全員参加。
質問しているのは、中学校野球部顧問。





小学生も大勢聞きに来てくれました。
勇気を出して質問。





握手とサイン、良かったですね。
キミも野球がんばって。





教え子のためにサインをもらいました。
いいおみやげができましたね。
先生のお仕事がんばって。





こころよくサイン。
サインをする梶谷選手の腕と太ももの筋肉がすごい。





高校野球部も、今後の活躍を誓う。

梶谷選手、がんばってください。
開星中学校・高等学校の生徒と教職員一同、応援しています。

大雪の中、お越しいただいた皆さまも本当にありがとうございました。
楽しいひとときが過ごせました。

終わり。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5788)
「ドリカム講話(番外編)」〜駐日ドイツ大使をお迎えして〜

日時 H25.8.6(火)14:00〜15:00
場所 開星中学・高等学校ABCホール
講師 フォルカー・シュタンツェル駐日ドイツ大使
演題 「ドイツと日本」(

講師紹介
京都大学への留学経験があり、日本語にも堪能。
駐中国大使などを経て2009年12月、駐日ドイツ連邦共和国大使に着任。
京都大学に留学したときから合気道を続け、座右の銘は「知行浅薄」。
日本語によるブログ「大使日記」(ambassador @ young-germany.jp)も自ら執筆されるなど、積極的な情報発信を行っていらっしゃいます。


「国際人とは?」
日本とドイツは共通点がたくさんあります。
国際人とはどんな人材で、どうすればなれるのかお話してくださいました。





日本は島国ですね。ドイツは逆に国が密集しています。
どちらも資源が少ないので、外交がとても重要です。





日本とドイツで違う部分もあります。
ドイツは18歳で成人です。
高速道路は速度無制限。





ビールは16歳から(強いお酒は18歳)。
でも消費税は19%。





ドイツの偉人をどれくらい知っていますか。
ベートヴェン、グリム兄弟、ヨハネス・グーテンベルクを知っていますか。





日本にも素晴らしい文化がありますね。





国際人になる方法は、、、一生懸命に勉強をすることです。





後日に「生徒の皆さんに言い残したことがあるので、伝えて欲しい」ということで次のようなメッセージを頂きました。

「語学の勉強は、大切です。まず、1ヵ国語をしっかり勉強しましょう。あとは、語学の勉強より、興味や関心を持つ国を作ることです。そして、その国のことを知ろうとすれば、その国の言葉を勉強しなければ、深く知ることはできません。いろんな国の言葉を話せるようになることは、結果であって目的ではありません。まず一つの外国語をしっかりものにする。後は、関心のある国や地域を持つことです。」

フォルカー・シュタンツェル駐日ドイツ大使、本当にありがとうございました。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4874)
本年度の「ドリカム講話」のご紹介も今日が最終回です。

ここまでドリカム講話にお越しいただいた方々の記事はこちらから
ドリカム講話 校長先生(Click!)
塾長 ストリンガー 美容室マネージャー のお話を聴きました(Click!)
スサノオマジック社長 松江駅長 そして真打登場 前半(Click!)
スサノオマジック社長 松江駅長 そして真打登場 後半(Click!)
教頭先生 期待の若手社員 船頭さん 前編(Click!)
教頭先生 期待の若手社員 船頭さん 後編(Click!)
日本を愛するアメリカ人高校教師(Click!)
さつまいも研究家 & オーナーシェフ(Click!)
内科医院院長 & 産婦人科医院院長(Click!)
演劇の好きな社長さん&おしゃれなカフェのオーナ(Click!)
かっこいい社長さん&サツマイモ研究家(再訪)(Click!)
『愛』&『紅葉』(Click!)
保険会社支社長代理 & 歌う広告代理店社長(Click!)
酒屋さんの社長 & 出雲bijin運営者(Click!)
アルフィーネ 代表 & 酒屋さんの社長再び(Click!)
藤忠専務取締役 & 癒しサロン優しい音代表(Click!)
アルパインツアーサービス ディレクター(Click!)

次に来ていただいた先生は…、
美容室 美想庵 Vie.Soie 〜ヴィソア〜のオーナー「石倉清乃」先生です


「高校の保健室の先生になるのが夢でした。あるとき、夢って叶えられるんだって思った瞬間がありました。それ以来、夢を一つ一つ叶えてきた。」


「(育休のときに)暇だったからお客さんのメイクをするお手伝いをした。そしたら楽しかった! エステの仕事をしたいなと思ったきっかけです。」


「どうせだったら自分の店が持ちたいと思って店長になる研修を受けました。でも、自分の好きな商品を使ってお客様をキレイにしたかった。」


「自分のお店を持つ、という夢を叶えるために6年かかりました。」


「でこ、今までの経験(6年間)があったから今の自分がいます。」


「好きなことを追い続けて下さい。」


「そしてボランティア大好き。人との出会いでボランティアの楽しさに気が付きました。ボランティア大好きになりました。」


「勉強して下さい。豊かな人生にしていくという願いを叶えるために。」


「いろんなことを経験して下さい。すごい人ほどいっぱい経験していっぱい失敗している。成功の反対は、何もしないこと。若いときにいろんなことにチャレンジしてみて下さい。」

生徒感想より
今回、石倉さんのご講話を聴いて感じたことは“夢は自分次第で叶えられるんだ”ということです。現在はご自身のエステサロンを経営されていますが、ここまでくるのに様々なことを経験され、乗り越えられてきたことを知りました。エステシャンになる前は看護の仕事をされていて、エステと出会い、そこからまた勉強してエステシャンの免許を取得されました。そしてさらに、自分のお店を持ちたいという想いから看護の仕事を続けながら勉強を続けられ、たくさんの苦労も乗り越え、夢がかなった今も次の大きな夢を持っておられる。本当に努力家だなと思いました。私も頑張ろうと勇気づけられました。将来どんなことが起こるか全く想像もつきましせんが、たとえつらいことがあっても、諦めない気持ちと努力する気持ちを決して忘れず、夢を追い続けていきたいです。


さあ、本年度ドリカム講話のラストに来ていただいた先生は、
日本航空山陰支店長「住吉裕」先生です。

【広報よりお詫び】今回お越しいただいた住吉先生の写真が1枚しか撮影できておらず、今回は写真一枚のみの掲載となります。申し訳ありません。


「学生時代、旅行パンフレットを配るアルバイトをでリーダー的存在。これなら俺たちでも旅行会社ができるかも。」

「そして、学生のときに会社をはじめました。みんな学生で、サークルのようなものでした。いいときもあったけど、上手くいくはずもなく・・・。」

「でも、運あって転職できました。どうしようという思いもあったけど、今となっては良い決断でした。」

「山陰が大好きです。どこが好きか。人が優しいし、あったかいし、多くの人がそんな人。景色と景観がキレイなんです。ゴミが落ちてない、拾っているう人がたくさんおられるから。食べるものも、お酒も美味しいし、名所や史跡がたくさんある。日本でも有数の住み良い町です。」

「JALでは『一人ひとりがJAL』という想いで働いています。みなさんも一人ひとりが開星という想いでがんばってください。」

「常に明るく前向きに、昨日よりは今日、今日よりは明日。そして感謝の気持を持って。」

「学びながら頑張っていこう。そすると、人間は日々進化します。」

「大変だなと思っていても、通り過ぎたら大変じゃなくなっていますよ。」

生徒感想より
今回は「日々進化」というテーマで日本航空山陰支店長の住吉さんのお話を聴かせていただきました。その中で心に残っているのは『人生・仕事の結果=考え方×能力×熱意』というお話です。成功する人とそうでない人が何で決まるか、というもので、いくら能力があってもやる気がなかったら結果は低く。能力が低くても、やる気・熱意で結果も変わってくることをお話されました。しかし、それだけではなく、物事をプラスに考えるのかマイナスに考えるのかで能力・熱意と掛け合わさった結果が全く違ってくると知り、なるほどなぁと思いました。たとえ能力が優れていなかったとしても、今回住吉さんに言われたことを思い出し、きっと夢は叶うと信じ頑張っていこうと思いました。ありがとうございました。

以上でドリカム講話の紹介を終わります。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6731)
ここまでドリカム講話にお越しいただいた方々の記事はこちらから
ドリカム講話 校長先生(Click!)
塾長 ストリンガー 美容室マネージャー のお話を聴きました(Click!)
スサノオマジック社長 松江駅長 そして真打登場 前半(Click!)
スサノオマジック社長 松江駅長 そして真打登場 後半(Click!)
教頭先生 期待の若手社員 船頭さん 前編(Click!)
教頭先生 期待の若手社員 船頭さん 後編(Click!)
日本を愛するアメリカ人高校教師(Click!)
さつまいも研究家 & オーナーシェフ(Click!)
内科医院院長 & 産婦人科医院院長(Click!)
演劇の好きな社長さん&おしゃれなカフェのオーナ(Click!)
かっこいい社長さん&サツマイモ研究家(再訪)(Click!)
『愛』&『紅葉』(Click!)
保険会社支社長代理 & 歌う広告代理店社長(Click!)
酒屋さんの社長 & 出雲bijin運営者(Click!)
アルフィーネ 代表 & 酒屋さんの社長再び(Click!)
藤忠専務取締役 & 癒しサロン優しい音代表(Click!)


次に来ていただいた先生は…、
アルパインツアーサービス ディレクター「渡部秀樹」先生です


「人生に、無駄なことは一つもない。好きなことを仕事にするとはどういうことか。後からすべてつながってくる。そんなお話をしようと思います。」


「私は、海外登山やトレッキング、辺境の旅のプロデューサーをしています。」


「高3の夏休み、(勉強のために)お寺に閉じ込められました。全然勉強しなかった。次々に日本中からやってくる若者と仲良くなって楽しかった。大学で山岳部に入ろうと決めました。」


「ちゃんと就職しろと親に言われやめさせられた。『妥協』ということについて考えました。そして、日本を飛び出しました。」


「ヒマラヤに行かないと本当の登山家ではない!と思い、大学を1年間休学してヒマラヤをトレッキングした。これで仕事が出来るかも!と思ってその会社に飛び込んで、今に至ります。」


「人が行かないところに、行ってみたいんです。」


「地図にも名前の無い山がある。でも名前が無いはずはない。見る山は同じでも名前が違う山もある。」


「人生の分岐点では、どんな選択をしても必ず縁があり、繋がってくる。縁というのは不思議なものです。自分の環境に近づいてくる縁をつなぎとめ、流れに乗りながら縁を大事にする。するとどんなことでも繋がってくるんです。」


「死と向き合っています。死は人生の一部です。死なない人間はいないのだから。死を見つめることが大事です。いかに心安らかに死ねるか、これが一番の幸せ、だと思います。」


「死にかけたことは3回あります。山を下りるときが危険です。余力を残しておかないといけない。登山より下山が大切です。」


「(山登りで)生きることの尊さを実感することができるんです。」


生徒感想より
今回、海外のさまざまな山に登った経験がある渡部さんが、福岡から来てくださりお話をして頂きました。講話の中で、たくさんの写真を見せてくださり、そのすべてがテレビで見るような絶景ばかりでとてもキレイでした。これらをすべて自分の目で見て、体で感じて来られたなんて本当にすごいなと思いました。山に登ったときの体験の中で死にかけたこともあると知り、怖くはないのか不思議でしたが、登山を通して生きることの尊さを実感することができると言われて、ただ危険に挑んでいるのではなく、自分が好きな事をすることによって人生を心から楽しんでおられるんだなと感じました。今回の講話では知らないことばかりで、たくさんのことを発見することができとても勉強になりました。私も渡部さんのように、心から楽しめるものを見つけたいです。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6442)
ここまでドリカム講話にお越しいただいた方々の記事はこちらから
ドリカム講話 校長先生(Click!)
塾長 ストリンガー 美容室マネージャー のお話を聴きました(Click!)
スサノオマジック社長 松江駅長 そして真打登場 前半(Click!)
スサノオマジック社長 松江駅長 そして真打登場 後半(Click!)
教頭先生 期待の若手社員 船頭さん 前編(Click!)
教頭先生 期待の若手社員 船頭さん 後編(Click!)
日本を愛するアメリカ人高校教師(Click!)
さつまいも研究家 & オーナーシェフ(Click!)
内科医院院長 & 産婦人科医院院長(Click!)
演劇の好きな社長さん&おしゃれなカフェのオーナ(Click!)
かっこいい社長さん&サツマイモ研究家(再訪)(Click!)
『愛』&『紅葉』(Click!)
保険会社支社長代理 & 歌う広告代理店社長(Click!)
酒屋さんの社長 & 出雲bijin運営者(Click!)
アルフィーネ 代表 & 酒屋さんの社長再び(Click!)


次に来ていただいた先生は…、
(株)藤忠専務取締役「藤原勝」先生です


「やりたいこととできることはちがう。プロは真剣さ、本気さが素人とは全く違いました。」


「新入社員の頃、掃除を徹底的にさせられました。厳しい世界でした。」


「掃除をさせるとその人がよくわかります。人が見ていなくてもてを抜かずにできるか。気を利かすことができるか。嫌なことを率先してできるか。」


「表面を取り繕うことはできるが、上の人には見抜かれます。だから徹底的に掃除しました。」


「成功している人は、みんな謙虚でした。常に感謝の気持ちを持ち、自分にも厳しい。信頼関係とは、約束を守ることです。」


「信頼関係ができると、お客さんの方から仕事を持ってきてくれるようになりました。」


「失敗もしました。みんなが離れていってしまうとき、そんなときでも応援してくれた人がいた。本当に困ったとき声をかけてくれる人は本当の友達。」


「人生は、いつどこで何があるか分からないです。いろいろな可能性があるのでこれから楽しみにしていて。」


「いろんなことに挑戦して欲しい。真正面から。」


「何事にも感謝する気持ちを持って。自分一人では生きていけないですから。」

生徒感想より
今回、藤原さんの講演を聴いて感じたことは『掃除の大切さ』です。人が見ていないからといって手を抜かずにできるか。見えない所まで気を利かすことができるか。嫌なことを率先してできるか。などなど、掃除をするとその人がよくわかる、と言われ、なるほどと思いました。そして仕事の中で、相手の立場になって物事を考えたとき、掃除をしてきた意味が分かったと聴き、掃除の大切さを改めて感じることができました。誰も見ていないからと言って手を抜くのではなく、誰かのためにしようと心がけることで掃除に対する姿勢も変わってくると思うので、これからは意識してがんばりたいです。



次に来ていただいた先生は…、
癒しサロン 優しい音 代表「川島愛子」先生です


「この先、苦しいなと思ったりしたときに今日のお話を試して欲しい。」


「けんかするほど仲が良いので、どこで怒っているのか、何が嫌なのかきちんと伝えましょう。」


「感情というのは人間のとても大きなエネルギー。はらの底から感情を楽しみましょう。」


「感情をきちんと伝え合いましょう。基本感情を交わし合うと信頼関係が深まります。」


「自分の感性は自分でしか理解できないと思います。」


「自分の感性を大切に。」


「自分のどこを適切に育ててあげるか、見つめ続けてください。」


生徒感想より
今回、川島さんのお話を聴いて、感情について学ぶことができました。人間にとって感情とはとても大きなエネルギーであり、感情をきちんと伝え合うことで信頼関係が深まると言われ、自分の感情をふさぎ込むのではなく、相手と交わし合うことの大切さを感じました。また、感性は一人ひとり違い、繊細さも人それぞれで、人から何気なく言われたことで本当の自分を出せなくなることもあると知り、発言には注意しないといけないなと思いました。自分の感性は自分でしか理解することができないものなので、人に言われたからと言って流されるのではなく、本当の自分を見失わないように自分の感性を大切にしていきたいです。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6559)

ブログ カレンダー

« « 2017 6月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

カテゴリ一覧

アーカイブ