• カテゴリ SMILE × SSH の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

KAISEIブログ - SMILE × SSHカテゴリのエントリ

男子の編み物

カテゴリ : 
SMILE × SSH
 
2012/8/20 7:00
開星中学高等学校の中高一貫コースでは「起業家スクール」を行なっています。

本年度のここまでのようすはこちらから
ブログ記事「起業家スクールのはじまりに、プレゼンを学ぶ」(Click!)
ブログ記事「起業家スクール、いよいよプレゼン」(Click!)

夏休み中は商品開発と商品制作を行なっています。

ある夏の日、

男子だらけの編み物大会。


男子女子関係なくきちんと仕事分担をして、その責任を果たす。


祈りを込めて、ミサンガ。


今年もテーマの一つは「復興」です。
願いを込めて。


まだまだ足りません。


「ただいま全力で商品製作中。ぜひ天籟祭にお越し下さい。」


「ここをな、こうするだろ、そしたら、こうなるだろ、で、こうするんだよ」


他にもたくさんの商品を鋭意製作中。

天籟祭は9月1日土曜日です。(体育祭は8月30日です)

今年は中高一貫コースの高校1年生もお店を開きます。
是非お越しください。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (11751)
こちらもご覧下さい
ブログ記事「起業家スクールのはじまりに、プレゼンを学ぶ」(Click!)

本校の「建学の精神」は、「品性の向上をはかり、社会の発展に役立つ有望な人材を育成する」です。

この建学の精神を具現化するための教育プログラムを「ドリカムプラン」と読んでいます。

そして、このドリカムプランを中高一貫教育のために、新たに進化精選した教育プログラムを「SMILEプログラム」と名付けました。

この起業家スクールも、SMILEのI(インターナショナリティ)やE(エンタープライズ)を表すプログラムです。


今年の新たな挑戦は、「高校1年生による出店」です。
中学時代の3年間の起業家スクールの経験をもとに、自分たちの力で出店をします。


高校1年生も、中学生の模範となるために「プレゼン」を行います。
もちろん、このプレゼンの結果により資本金も決まります。


本番。
中学3年生。
初めてのプレゼン。


自分たちの企業名や、理念、そしてなにより商品と、目標を下級生に伝えます。


「プレゼン」を審査するのは中学1・2年生。
自分たちもどこかの企業に所属して、商品作りと販売を担います。


高校1年生が販売する商品は、東北地方の商品。


中学生が販売するのは、自分たちで作った商品。
このグループは、ブックカバー。


以前教えていただいたプレゼンの極意をしっかりと実践できています。


これは高校1年生。


さすがの高校生でした。


さあ、結果は?

新しい情報が入り次第お伝えしていきます。
今日はここまで。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (11722)
今年も中高一貫コースの一大イベント「起業家スクール(Click!)がはじまりました。

この起業家スクールの目的は、
1、開星中学生に「起業家精神」を体験的に学んでもらい、21世紀の社会を生き抜くために必要な基礎力を身につけてもらう。

2、働くことの目的と意味を考えてもらう。そして、仕事の分担の必要性と重要性を学んでもらう。

3、本校の「建学の精神」のより深い理解と実現をめざす。

4、1年生には「勤労の大切さ」、2年生には「創造力」「商品開発力」、3年生には「リーダーシップ」「経営力」を学んでもらう。

の4点です。

今年は、「SMILEプログラム(Click!)として更に新しいことに挑戦しています。

まずは、中学3年生が「プレゼン」を学びました。

お越しいただいた先生は「特定非営利活動法人Gassho(Click!)」の代表理事である佐藤大典さん。


佐藤さんは、島根県のために社会起業家の育成に尽力されています。


その佐藤さんも、「プレゼン」と出会ったことが人生の転機の一つだったというお話。


なぜ「プレゼン」が大切なのか?
「起業する」ということはどういうことなのか?


ご自身の人生を語ってくださいながら、わかりやすく説明してくださいました。


起業家とは
時代背景や状況・環境に関係なく、
自ら考え行動し、社会に貢献する人。


「プレゼン」でもっとも大切なこと。


大切な言葉が多く、ノートはこの状態。


佐藤さん「四角の上に、同じ大きさの丸三つ」
同じ言葉を聞いても、出来上がる図はみんな違う。だから、


だから「プレゼン」では映像も大切。
さあ、この画面に書いてあることをグループ毎にプレゼンしてください。


教わったばかりのことを活かすために。


下級生へのプレゼンで、多くの生徒に支持してもらうために。


起業家スクールでは、プレゼンへの投票で資本金が決まるから。


学んだことを、使ってみる。
使えるようになると、学ぶことの意味も分かってくる。
それがドリカムプラン。
そしてSMILEプログラム。


体験に基づく学習と、


学習に基づく体験。
どちらも大切。
そして、どちらが欠けてもダメ。


佐藤さん自身も起業家です。
「POINTerior(ポインテリア)」というペイント屋さんを経営されています。


最後に、佐藤さん御自身の「プレゼン」を見させていただきました。
さすがのプレゼンでした。

さあ、次はいよいよ下級生へのプレゼンです。
自分たちのグループの商品や、お店のコンセプトを発表します。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (13539)

見えないモノを見ようとして

カテゴリ : 
SMILE × SSH
 
2012/6/21 7:00
こちらの記事もどうぞ
ニュース記事「金星の日面通過を観察しました」(Click!)

6月6日水曜日の午前中のできごとでした。

昼間には決して見ることができないある惑星が、見えた日でした。
(金星は公転軌道が地球より内側なので昼間には見えない惑星です)

「金星の日面通過」と呼ばれる現象です。前回はあまり騒がれませんでしたが、今年は「金環日食」のおかげでちょっとだけ話題になりました。

開星中学高等学校でも朝から昼休みまで屋上を開放し、観測会を行いました。

中学生が喜んでくれている動画から。



AM10:30ごろ。
太陽と金星と地球が並んだとき。


AM7:30
生徒一番乗り。


先生達も参加。
教育実習生もきてくれました。


小さな黒い点にしか見えません。


見えた瞬間、「見えたー」と感動する生徒と、「小さー」とがっかりする生徒。
どちらかというと太陽が大きすぎなのです。


昼近くなると、さらに太陽が昇り首が痛い。


休み時間に来てくれたり、授業時間を利用して来てくれたクラスもありました。


休み時間のたびに来る生徒も。


手がだるいので。その1


手がだるいので。その2


昼休みになると見上げるのも大変になる、そこで、


おすすめの観察法。


「先生、太陽無いですよ」


次に同じ現象が観察できるのは105年後です。
次回も見ることができる人、そんなにいないでしょうね。


でもきっと105年後の開星の屋上もこんな感じ。





















おまけ。

↑これの、動画がこれ↓。

きっと105年後もこんな生徒がいます。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (10905)

はじめようか天体観測

カテゴリ : 
SMILE × SSH
 
2012/5/28 7:00
5月21日(月)、日食観測会を行いました。

思っていたよりも「先生、見に行きますよ」との声が多数あり、観測用のシートを220人分まで増やしました。

こちらの記事も見て下さい。
ニュース記事「日食観測会を行いました」(Click!)

そして迎えた日食の日。

晴れるか、生徒は来るのか、喜んでくれるのか、、、。



AM6:10
晴れました! 誰もいない屋上。 もうすぐ日食が始まる。


AM6:18
はじまった。


最初にやってきたのは科学部の部長(さすが)。
少しずつ人が増え始めました。


握りこぶしで日食の説明をする数学教師。


朝練中の柔道部とバレー部が参加してくれました。
「うわーーーすごーーーい」
と言ってくれた。
こちらも嬉しい。


AM:7:30
食の最大をむかえました。
松江で完全な金環日食が見られるのは千年後。


校長先生も参加。
用意した観測用シートが足りなくなりそうでした。
200人以上は来てくれました。


随分と太陽が登りました。 
明るいんだけどちょっと寒い。


仮面舞踏会。


みんな楽しそうでした。


こんな実験も用意していました。
ピンホール。
↓動画でどうぞ。




いつもと違う場所で、いつもと違う人と集まって、おんなじ物を見る。


返して下さい。
先生用日食メガネ。
本当は溶接用メガネ(遮光度は充分です)。


影がおもしろかったです。


バイバイ。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (12126)

ブログ カレンダー

« « 2020 8月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

カテゴリ一覧

アーカイブ