• カテゴリ SMILE × SSH の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

KAISEIブログ - SMILE × SSHカテゴリのエントリ

生徒たちが研究発表をがんばりました。


高校2年生は、今年度から研究を始めました。




中学2年生も、一人一研究。




持っているのは実験ノート。




発表練習も繰り返して来ました。




アメリカのテキサスに行った高校2年生はその報告を、英語で。




アメリカ研修に行った生徒は、日本との比較についてポスターにしました。




みんな初めてのポスター発表でしたが、頑張りました。




その他にも、開星の行っているさまざまな研修のポスターも展示されました。





あっちもこっちも楽しいポスター。
この「ポスター発表」というスタイルは、これからどんどん普及していきます。




最後を飾るのは、広島大学教授の西堀正英氏の講演。
とっても楽しく、そしてためになる講演でした。

終わり。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2656)

いろいろと開星が行っていることのアピールコーナー。




そして受付。




そしてついに生徒発表開始。
昨年の8月に全国大会に出場した研究です。




土の色によって、植物の成長が変化する可能性があるのかも。




開星の生徒の発表は、かなり身近な疑問を題材にしたものが多く、楽しい。




そして、開星高校で行っている「科学探究」の授業紹介。




そして、共にSSH指定校として頑張っている出雲高校と、益田高校の発表。




さすが、研究レベル高いです。




その後はいよいよポスター発表。
今年も約100本揃いました。




「僕の作った音楽を聞いて下さい、タイトルは『素数』」
何と素数を音楽にする研究。

続く。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2421)
開星がSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されてから3年が過ぎます。
この山陰地区成果共有会という行事もすでぶ3回目です。

我々が住む松江を中心にして、この山陰の地に新しい教育の風を吹かせていきます。


今年の会場は、今までで最大。
後ろの大きなスペースは、これから先生たちが準備します。




早朝、先生、集合。




中心線、気になる。




パネルの数、ざっと100枚。




そしてこのパネルに、生徒たちのポスターが貼られていきます。




生徒、集合、貼り付け。




そして10:00.
多くのお客様と来賓をお迎えしてスタート。




開星でSSHの授業を受けている生徒たちもほぼ集合。




ここに座っているのは、この後発表をする生徒たち。
緊張している、のかな。




全員のポスターも、その時を静かに待つ。

続く。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2246)
アメリカテキサス州ダラスを流れるトリニティリバーでのフィールドワーク。


ころんだ。
大陸の川は、中流域でも泥。




かなり過酷なフィールドワークでした。




やっと折り返し地点。
お昼ごはんは、コンビニのサンドイッチ。
でもそのサンドイッチも大きい。




見つけたのは「ヘビ」。
このとき撮影者は見事に噛まれました「アリ」に。




「先生、泥しか見えません」
「泥を見てるんです」




さあ、ここからは帰り道。
反対側を歩く。




…道無いし。
土手は泥で歩けない。




ホテルに帰ってきました。
エレベーターの中、透明な靴を履いた日本人7人。

最後の夜は、解団式。


翌朝、日の出とともに出国。
地平線からの朝日を初めて見た。




グランドキャニオンを超えて、




ロッキー山脈を超えて、

太平洋を超えて(夜なので写真無いです)。
帰ってまいりました。

終わり。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2371)
今日のブログは、テキサス州フォートワースと、ダラスを流れるトリニティリバーです。


古いものが残っていると、科学技術の進歩のようすもよく分かる。




「白馬だ、白馬!」
テンション上がる女子。




テキサスロングホーン。
いや、本当に長いんですね。

そして翌日。


天気はいいけどちょっと寒かった。




フィールドワーク、スタート。




島根大学の松本一郎教授。
ちょっと歩いたら「あ、これすごい!みてみて」
数メートルごとに講義が始まる。




目の前の川から、アメリカ大陸全体の話しまで。




竜の鱗。




川の中流域は、教科書では小石が多いはず。
ここはずっと泥。




ドロドロの泥です。
靴重い。




数日間晴れていたのに、全く乾いていない。




こりゃかなり過酷な課外活動。

次回で最終回。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2535)

ブログ カレンダー

« « 2017 3月 » »
26 27 28 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

カテゴリ一覧

アーカイブ