KAISEIブログ - 息を呑む演技〜新体操初観賞【水野副校長ブログ】

息を呑む演技〜新体操初観賞【水野副校長ブログ】

カテゴリ : 
水野副校長ブログ
 
2020/11/2 8:53
水野副校長ブログ「神々の国しまね」の『スクール・ライフ』(Click!)


先週土曜日、11月3日に行われる中高合同新人戦に臨む、新体操部の試技会の鑑賞をいたしました。私にとって、新体操の競技を鑑賞するのは初めての体験。本校に来て、これまで練習風景を垣間見たことはあるものの、本番さながらの演技を目の当たりにしたことはありません。最初に団体演技が披露されたのですが、個々が磨いてきた技術はもとより、全体の調和がとれた流れるような演技は、息を飲むほどの美しさです。洗練された動きもさることながら、時にはアクロバティックな技を見せられては、ただただ感嘆するばかり。試技会が終わった後、部員の皆さんに対して思わず口をついたのは「私がこれまで見たスポーツの中で、最も難易度が高い競技ではないでしょうか」という率直な感想です。


団体の後は、個人それぞれの演技に移ります。「しっかりー!」という仲間の声援を受け、一人ひとり緊張した面持ちで登場しました。アップ・テンポだったり、しっとりしたメロディーだったり、異なる曲調の音楽に合わせて魅せる多彩な演技。技の難易度は素人の私にはわかりませんが、フープやリボンを命ある生き物のように操り、目を楽しませてくれます。団体で宙に投げ合う時など、一瞬でも手放すタイミングを誤るとミスにつながるわけですから、油断できませんね。より完成度の高い演技を披露するためには、技術と体力、そして集中力などすべてが高度なものを要求されることでしょう。中学生、高校生が、これほど高い水準の演技を見せてくれることに、心から感動いたしました。仮に自分自身が演技をするとしたら「ミスをしてはいけない」という緊張と「萎縮しないで、ダイナミックに演技しよう」という気負いのはざまで、心が揺らぐことでしょう。どうか部員の皆さんは、持ち前の素敵な笑顔で伸び伸びと演技をして、それぞれの目標を達成してください。


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (431)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.kaisei.matsue.shimane.jp/modules/d3blog/tb.php/1543

ブログ カレンダー

« « 2020 11月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5

カテゴリ一覧

アーカイブ