KAISEIブログ - オーロラ写真家 中垣先生 講演によせて

オーロラ写真家 中垣先生 講演によせて

カテゴリ : 
学校行事
 
2010/4/16 10:58


旅とは良いものです。
日常生活を送っていると、何かについて思い悩んだり、迷ったり、時には数日間気分が深く沈みこんだままなかなか浮き上がれない日々が続いてしまうことがあります(私だけ?)。
そんな時、旅に出ることで明日からの生きる活力を得られる事があります。
一人旅ならなお良いです。
自分で選んだ道をたどり、自分の日常には存在しなかった体験をし、そして再び自分の住む場所に帰り着く。
そうすると、普段の何気ない生活の中にも小さな物語がちゃんと存在していて、自分がその中の主人公であると気づく・・・。
さて、本日の開校記念講演では、極北のオーロラを追いかけて旅を続ける、星景写真家・中垣 哲也先生をお招き致しました。
様々な色・形・動きをもったオーロラの映像に圧倒されながら、その場に居ながらにして遠くの地を旅している気分で、楽しく、興味深く先生のお話に聞き入っていました。

自分の真上で、神秘的な光の群れがゆらゆらと揺らめき、形を変えてゆく。繊細な曲線を描きながら優雅に舞っているかと思えば、その輝きを四方に押し広げ、時として大胆に振る舞う。
「自分がオーロラの真下にいる・・・」そのときの中垣先生の感動を僕はずっと追体験していました。

オーロラの存在は圧倒的です。でも、今日見ているオーロラと同じものは二度と現れない、たった一度きりの出会い。オーロラとは、そんな儚い存在でもあります。


オーロラという現象ををつくり出した地球と太陽の歴史に比べれば、自分の人生なんてほんの瞬きみたいなものかも知れないけど、でもだからこそ、その一瞬を輝いていたい。
ほんのささやかでちょっぴり前向きな気分に浸りながら、お帰りになる中垣先生の後ろ姿を見送っていたのでした。

願わくば、時に繊細に、時に圧倒的に、生徒たちを包み込む、そんな存在感ある教師になれたなら・・・。  (blog:高校 理科教員 / photo:Tetsuya Nakagaki)

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (22999)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.kaisei.matsue.shimane.jp/modules/d3blog/tb.php/11

ブログ カレンダー

« « 2010 4月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

カテゴリ一覧

アーカイブ