KAISEIブログ - 最新エントリー

11月6日(水)に中学校音楽祭を行いました。

音楽祭を「学習発表」と位置づけ、器楽(課題曲)と合唱(自由曲)を発表する形となり、3カ年目となりました。限られた時間の中で盛りだくさんな内容でしたが、3年生と生徒会を中心に、音楽祭の質を向上させてくれたと思います。



司会は10月からスタートした新生徒会メンバー。


はじめに全体合唱「翼をください」


中学1年合唱


合唱曲は「想い出がいっぱい」


中学2年生21・22R合唱


合唱曲「道」


中学2年生23R合唱


合唱曲「愛をこめて花束を」


中学3年生合唱


合唱曲「YELL」


今年は「クラスPRタイム」を設けましたが、特に2,3年生は自分たちで動画を作成するなど、秘かに時間をかけて準備してくれました。


内容も、笑いを交えながらも知性の光る、まさにユーモアに富んだものとなりました。


教員・保護者有志による合唱「変わらないもの」
歌う前の気合です。


器楽の部
1年 アルトリコーダー合奏「 Edelweiss (The Sound Of Music から)」


2年 筝曲合奏


「夕やけ小やけ変奏曲」


3年 和太鼓合奏「龍神太鼓」


コンクールの後は、コンサートの部。
個人発表として中学1年生の大月さんが素敵な歌声を披露。
独唱「恋とはどんなものかしら(オペラ「フィガロの結婚」第2幕から)」


そして特別演奏。
サックス奏者の宮本美香さんの演奏。
生徒がノリノリです。
音楽って素敵ですね。


優勝は31R・準優勝は23Rでした。
練習時間が思うように取れない中での本番の演奏でしたが、クラスで力を合わせ頑張りました。また生徒会も積極的に運営に関わり、会場の県民会館の方に積極的な生徒の姿にお褒めの言葉を頂きました。音楽祭での経験を今後の学校生活にも活かしてほしいと思います。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (333)

高校3年生課題研究発表会

カテゴリ : 
高校
 
2019/11/6 12:00
高校3年生中高一貫・特別進学コースが取り組んでいる課題研究の研究発表会を行いました。
課題研究は探究活動として、「自ら課題を見付け、自ら学び、自ら考え、判断して行動する」ことを目標に取り組んでいます。「生きる力」を育むための学びの一つです。


研究は高校2年生から2年間取り組み、この発表会は成果発表。


授業は文系理系と別々に取り組んでいますが、発表会は合同で実施。
外部指導者として島根県立大学の古賀先生・松江市立大庭小学校学校司書の門脇先生・松江南高等学校学校司書の漆谷先生にお越しいただき、意見交換・指導者によるコメントを頂きました。


「問い」を具体化する方法、事実の収集と記述の仕方、筋道の立て方、得られた「答え」が正しいかどうか確認する方法、そしてそれを発信することが出来ているか評価します。


様々な意見が出ました。


それを大学で活かして取り組んでほしいと思います。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (363)
10月11日に中学3年生を対象に「命の大切さを学ぶ教室」を行いました。

公益社団法人島根被害者サポートセンターの取り組みで、講演者が、犯罪被害者等が受けた様々な「痛み」、子どもを亡くした親の思い、生命の大切さ等を生徒に直接語りかけることによって、
・犯罪被害者等への理解、共感する心犯罪被害者等への配慮や協力への意識の涵養
・犯罪を犯してはならないという規範意識の醸成
・自分や他人の命を大切にすること、いじめや暴力をなくすなどの規範意識の醸成等
を目的に取り組んでいる事業です。


講師の江角由利子さんは、当時大学生だった二女真理子さんを飲酒運転の暴走車により交通事故に合い亡くしてしまいました。
講演では、事故当時の状況・突然家族を亡くした寂しさ・この活動に取り組む思いなどお話頂き、命の大切さ対して深く考える良いきっかけとなりました。


生徒の感想を一部紹介します。

私は今回の講演を聴いて、人一人の命は何よりも重たいということが改めて分かりました。今というのは簡単に壊れてしまうもので、いつ自分や周りの人の命がなくなるかはわからないので命というたった一つのものを大切にしなければいけないと思います。今回の講演に出てきた5人の若い人たちは大切な命を理不尽な理由で失ってしまいました。被害を受けたのは5人だけでなくその家族にまで深い傷を残してしまうので、今を生きることが出来ている人たちは命について今一度考える必要があると思います。

「もし自分の身内が事故あるいは事件で死んだら」ということを世界の人達が一人一人考え、事故や事件を少なくとも自分からは起こさないようにすることで、悲しんだり命を失うという人がいなくなると思います。命を全力で守っていきたいと思いました。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (510)

文化祭 各企画 part3

カテゴリ : 
学校行事
 
2019/10/4 16:30
今回のブログは、文化祭の様子最終回です。


文化祭に来て頂いた方々へ感謝の気持ちを込めて案内しました。


献血。助け合いの心ありがとう。


図書委員会によるビブリオバトル。


おすすめの本を紹介し、読んでみたいと思った本を紹介した人に投票。


高校3年生文系課題研究発表。


クラス企画。


今年はお化け屋敷が大人気。小道具がばれてる。


光のない世界を体験。


高1キャリアデザインコースは松江探訪ポスター発表。


行列ができるほど人気。


クラス企画表彰式。


文化祭無事終了。
実行委員お疲れ様でした。立派に務めあげましたね。
また保護者・地域のみなさまには、沢山の方にお越しいただきありがとうございました。
仲間と力を合わせてやり遂げたこと、沢山の方の協力があってこそ成功できたこと、人とのつながりが大切であることを学んだ文化祭でした。

終わり。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1100)

文化祭 各企画 part2

カテゴリ : 
学校行事
 
2019/10/2 10:00
今回のブログは、文化祭各企画part2です。
中学校の催し物の様子を紹介します。


11Rは「昔話法廷〜ジャックと豆の木」
昔話ジャックと豆の木の英語劇を撮影しました。


英語劇を上映し、その内容についてクイズを出題。
正解が多かった人は、景品をプレゼントされました。


12Rは「junior high school students in the world」
一人1つの国について調べました。


そして英語でプレゼンを行いました。


21Rは、「しほちゃんにしかられる〜23世紀の人が今を何時代と呼ぶか〜」
元号が令和になり「今」が将来何時代って呼ばれるんだろう?と疑問に思い、自分たちで4つ(情報・高度技術・国民・自由)を予想。


そして校内で調査を行い結果をチコちゃん風に発表。


22R・23Rは「見わたせ松江」
松江探訪を行い、観光スポットや松江の文化について調べ新聞にまとめました。


発表会。


グループ毎にパンフレットも作りました。


31Rは「起業家スクール」
4企業に分かれ、商品を販売。今年のテーマは「イノベーション」
地元企業にご協力いただきコラボ商品を製作。デザインの考案や商品の製造などを行いました。
この企業はキーホルダーを販売。
ご協力頂いた企業は、glass house pase'様。


ひとつとして同じにならないガラスの特徴をいかしたキーホルダー。


この企業は、扇子とうちわを販売。
和田翠雲堂様にご協力いただきました。


商品を買って頂けるととてもうれしいですね。


この企業は、開運福だるまを販売。
だるま作家の山口さくらさんに製作して頂きました。


開星の制服だるま・部活だるま・合格だるまなど開星オリジナルだるまです。


この企業は、タオル・ハンカチタオル・ボディウォッシュタオルを販売しました。
KBツヅキ株式会社様にご協力いただきました。


出雲ブランドである出雲タオルに校章を入れていただきました。

起業家スクールでは、商品開発・製造・販売まで学ぶことができました。
そしてなによりご協力頂きましたそれぞれの企業が、商品に対し熱い思いを持ち誇りをもって仕事をしておられ、その姿は自分たちの将来につながる学びとなりました。


中学校生徒会企画ビンゴゲーム。
数字が揃うと結構うれしいですよね。

次回ブログへ続きます。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1017)

ブログ カレンダー

« « 2019 11月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ一覧

アーカイブ