KAISEIブログ - 最新エントリー

堂々とした発表 校内ダンス発表会

カテゴリ : 
高校
 
2020/12/4 16:50
昨日・今日と高校女子の校内ダンス発表会を行いました。

テーマを決めて各クラスで創作。「赤ずきん」「シンデレラ」などの童話や、「津波」「原爆」などの実際に起きた出来事など、自分たちでイメージを浮かべ表現しました。


ダンス担当の教員が「今年は例年になくレベルがとても高く、発表もとても堂々としていました。毎年、短い期間で全クラス創りあげるにはとても大変ですが、舞台で踊る楽しさを少しでも知ってもらえるといいなと思います」と感想を述べていました。


発表会では体育教員と生徒による投票があり、1位は41・42・43R(くるみ割り人形)、2位は62R(津波)、3位は45R(サーカスのライオン)でした。


1位のクラスは島根県ダンス発表会へ、2位・3位は松江地区ダンス発表会へ出場します。それぞれの発表会でもきっと素晴らしい発表を見せてくれることでしょう。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (53)

高校球技大会と中学音楽祭練習

カテゴリ : 
学校行事
 
2020/12/3 9:30
昨日は高校が球技大会、中学校は音楽祭の練習・準備を行いました。高校球技大会は例年3学年全体での試合ですが、今年度は感染症対策をとり2会場に分け、高校1・2年生大会と高校3年生大会での実施となりました。


結果は3年生の優勝が男子が63R、女子が65R、1・2年生の優勝は、男子が52Rと女子56Rでした。


松江地区高体連バスケットボール大会は中止のため、学校代表での出場はありませんが、行事が少ない中での球技大会は、楽しい思い出になったことと思います。


中学生は、音楽祭の練習。最初は声が出ていませんでしたが、練習を重ねるうちに素敵な合唱が聞こえてくるようになりました。クラスの団結力が高まってきた証拠ですね。


音楽祭ではクラス紹介もあります。この写真はその準備中の様子。どんなクラス紹介になるのでしょうか。


中学3年生の和太鼓の練習中。この時期になると音楽室から太鼓を叩く音が聞こえてくるのが恒例になっています。中学2年生は琴・中学1年生はリコーダーの演奏です。各学年楽器は違いますが、表現の仕方・クラスの団結力によって、どの楽器も素晴らしい合奏になると思います。本番が楽しみです。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (144)

先週の土曜日、応接室で同窓会の井上会長と藤原さんから、野々村監督への謝礼贈呈式が行われました。創立100周年を前に、本当に素敵な贈り物。あれだけの大きな額に、歌の部分だけでも120文字を書き込んでいくわけですから、制作にはどれほどのご苦労をされたでしょうか。皆さんと、そのご様子をお聞きしました。


「絵画とは違って、一気に集中して書かないと、字の勢いが変わってしまうのです」ということで、一晩で書き上げられたそうです。ただ特別な半紙を使っているので、野球部の監督室に紙を持ち込まれました。10枚ほどの紙が用意されたところに、実際に使用したのは3枚ほど。最初に書いた作品に手を加え、その紙を敷くことで、上から見当をつけて書かれたと言われます。本格的に学んだ美術とは違い、書道は本格的に学ばれたことはなかったそうですが、実に味わいのある文字に仕上げられるのは、やはり才能なのでしょうか。これからまた半世紀、あるいは1世紀にわたって、親しまれることになるかもしれませんね。本当にありがとうございました。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (306)

2学期末テストが終わり、校内に生徒諸君の元気な声が響きました。放課後、久しぶりにコーラス部に立ち寄った時に「テストが終わった後の解放感について、気持ちを表現してください」と依頼。直ちに猫のように伸びたのは、最近取り組んでいた歌が『猫』という曲だからでしょうか。さすがはアーティスト? の表現力といってよいのかどうか。まだまだ、聴衆を集めて思い切り歌う環境は作れないと思いますが、次のステージに向けてしっかりと力を蓄えてください。


ところで事務の大多和さんから、花の再生についての話を聞かされました。それは、昨年のドラフトでDeNAに入団した、田部選手からいただいた胡蝶蘭のこと。記念すべき貴重なお花を、養護教諭の宇野先生がお世話をしているというのです。今、1本は大輪の花をつけて応接室へ。残る4本は、大多和さん曰(いわ)く「保健室の集中治療室でケアされています」というのです。さっそく見に行ったところ、丁寧に分けられた子株が、しっかりと花芽をつけていました。「宇野先生は、人間だけでなく花の元気も回復させるのですね」といったところ「生きる力を授けるのが私のポリシーです」ということでした。ちなみに宇野先生は長年、看護師として医療の世界でご活躍されたキャリアがあります。ですから、もう一人の養護教諭である大谷教諭にとって、これほど頼りになる存在はありませんね。野球部の顧問を務める大谷先生については、改めてご紹介いたします。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (204)

昨日はいよいよ期末テストの最終日でした。校内に開放感が漂う放課後、生徒の様子を見ようと向かったのは部活動。どこから見て回ろうとか思って最初に足が向いたのは、ABCホールで活動している吹奏楽部でした。校長室を出たところで、遠くから楽器の音色が聞こえてきたのです。さっそく練習をしていたのは、12月のアンサンブルコンクールの演奏曲でしょうか。「無観客ではない会場で演奏できると良いね」と言ったら、部員は小さくうなずいていました。1日も早く、練習の成果を披露できる日が来ることを願っています!


ところで一足早くテストが終わった中学校では授業が行われていて、歓声が響く理科室に行ってみると…。伊藤先生が何やらぐつぐつ煮詰めている鍋の周りに、生徒が集まっています。調理実習ではないと思いましたが、煮ているのは型に流し込む古代化石標本の原料でした。授業の科目は地学で、自ら作った標本を触って手触りなどを確かめつつ、理解を定着させていく狙いだそうです。何度か、1年生のクラスを訪ねてはきましたが、生徒と話をしたことはありません。理科の授業や、中学校生活について尋ねると、いずれも答えは上々。何より、周りの生徒との人間関係が絶妙で「本当にバランスが取れているんです!」と笑顔を浮かべていました。帰り際にはアンモナイトもプレゼントしてもらい、印象に残る時間となりました。


※先日ご紹介した卒業生画家・細田崇之さんの個展について、ご本人からのメッセージです。会期は月曜日まで。都合のつく方はぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか?

累計観覧者数"800人"突破!!!!💥💥💥(846人)
TV、新聞、口コミによりお陰様で大盛況!!
東京や大阪、名古屋や福岡からも足を運んでくれたり、お花や差し入れも沢山頂いて毎日本当に幸せです!✨🍀(*´∀`)♪
900人目、1000人目、1100人目、1200人目、1300人目、1400人目、1500人目の方にはハガキサイズの絵をプレゼント致します!🎨(100人ごと)
お誘い合わせのうえ、ぜひ島根県民会館にお越しください😆

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (234)

ブログ カレンダー

« « 2020 12月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

カテゴリ一覧

アーカイブ