ニュース&トピックス

 投稿日時: 2019/01/15 (211 ヒット)
Acappe Live! vol.6 出演者募集中!

本校コーラス部主催「アカペライブin島根」を今年もやります!

日時 2019年3月15日(土) 
   11:30〜 14:00〜(予定)

場所 イオン松江ショッピングセンター
   1階 吹き抜け広場 にて

ただいま参加者募集中です。
応募方法は「アカペライブin島根」ホームページにあります実施要項を確認の上、電子メールにて主催者までご連絡ください。

アカペライブin島根ホームページ(click!)

<連絡先>
開星中学・高等学校コーラス部 (山下・大月)
TEL 0852−21−4915
FAX 0852−21−9118
E-mail acappelive30@yahoo.co.jp(山下)
HP https://acappelive.wixsite.com/mysite-2

 投稿日時: 2018/11/26 (152 ヒット)
SSH(スーパーサイエンスハイスクール)事業として、小学生対象のロケット教室を開催しました。

このロケット教室は、ものづくりの楽しさを体験してもらうことを目的に行っています。
モデルロケットは、火薬エンジンを使用して時速180kmまで加速し、約40mの高さまで上昇します。自分の力でロケットを作製し、自分で打ち上げることを体験し、ものづくりの楽しさを感じていただけたようです。
















 投稿日時: 2018/11/06 (180 ヒット)
SSH(スーパーサイエンスハイスクール)事業の地域支援活動として小学6年生を対象にRubyプログラミング教室を開催しました。
プログラミングソフトSmalrubyにより、楽しくプログラミングの仕組みを知ってもらうことを目的に、今年度2回目の開催となりました。プログラミングについて講義をした後、実習でゲーム作りに挑戦してもらいました。

11月23日(金・祝)には、ロケット教室を開催します。モデルロケットを作って打ち上げます。只今参加者募集中。詳しくはロケット教室チラシをご覧ください
ロケット教室チラシ(click!)




 投稿日時: 2018/10/23 (835 ヒット)
対話を生む授業づくり〜多面的な思考と安心安全な場づくり〜をテーマに公開教育研究会を開催しました。本校はこのテーマを今年度の研究テーマに設定し、授業開発に取り組んでいます。公開授業では、他校の先生方・本校 SSH 運営指導委員方々にお越しいただき、貴重なご意見を頂戴しました。
記念講演では京都大学高等教育研究開発推進センター・准教授の山田剛史先生に、「主体的・対話的で深い学び(アクティブラーニング)をいかに実現するか」と題しご講演頂きました。


科学探究
「あなたならどうする?〜ロールプレイングで学ぶ科学技術者倫理〜」
「セブン・ステップ・ガイド」を用いることで、倫理的な判断が可能であることを、具体的な事例を基にロールプレイングにより体験する。


中学英語
「Critical Thinking(音読を中心とした4技能育成を意識した授業)」
意見・主張に対して、理由を述べることができるようになる。


中学道徳
「WIN‐WINとは〜認め合い学びあう心を〜」
お互いの個性や立場を尊重し、相手との違いを認め、謙虚に学ぶことで、より良い解決方法を見つける。


日本史
「国風文化を考える〜雅な文化を味わう〜」
国風文化について、2つの建築美術から学び、それぞれの特徴的な魅力を発見する。発見した魅力について発見し、議論していく中で、どちらが魅力的であるかを選出する。


研究協議。


山田剛史先生による講演会。


はじめに、研究授業の講評を頂きました。


講演では教育の質的転換が求められる背景・教育改革の方向性について・アクティブラーニングの定義と特徴・主体的学びの重要性と授業づくりのポイントなどとても分かりやすくご講演頂きました。


山田先生の問いに、グループワークで意見を出し合い、全体で意見を共有。様々な意見があり、とても活気のある講演会となりました。

研究授業・講演会での学びを、対話を生む授業づくり〜多面的な思考と安心安全な場づくり〜の実現に活かして行こうと思います。

 投稿日時: 2018/10/02 (714 ヒット)
Rubyプログラミング教室・ロケット教室のご案内




チラシをクリックするとPDFデータがダウンロード出来ます↑

小学生のみなさん、ものづくりで楽しい時間を過ごしませんか。
Smalruby(スモウルビー)を使い、自分だけのゲーム作りに挑戦。
もう一つは、モデルロケットを作って打ち上げよう。
参加者を募集中!

【お申込み方法】
下記のいずれかの方法でお申込みください。

1.チラシ裏面のFAX用紙にご記入いただき送信してください。
FAX番号 0852-21-9118

2.チラシ裏面のFAX用紙にある記入事項をメールにて送信してください。
mail:k-tanaka@kaisei.matsue.shimane.jp

3.申し込みフォームに記入してください。
申し込みフォーム(click)

担当:田中 薫

 投稿日時: 2018/09/18 (1511 ヒット)
第8回目を迎える「開尚スターカップ」の大会参加者を募集致します。

参加希望者は下記の要項・その他をダウンロードしてお申し込みください。
大会要項(click)
申し込み用紙(click)
各種ご案内(click)

【第8回 開尚スターカップ 大会要項】

〈主催〉 
学校法人大多和学園 開星中学・高等学校
  
〈主管〉 
開尚会 
開星高校柔道部保護者会 
開星中学校柔道部保護者会 
開星柔道クラブ保護者会  
  
〈後援〉 
島根県柔道連盟 

〈協賛〉
大塚製薬株式会社
LINDSPORTS
早川繊維工業株式会社
  
〈期日〉 
(1)平成30年12月1日(土) 開尚スターカップ柔道大会
開場       7:30
受付       7:30
監督・審判会議  8:30
開会式      9:00
試合開始     9:15
閉会式・表彰式   試合終了後 
  
(2)平成30年12月2日(日) 開尚スターカップ柔道練成会
開場       8:00
錬成会      8:30〜12:00

〈場所〉 
島根県立武道館 
〒690-0873 
島根県松江市内中原町52番地 TEL0852-22-5711

〈参加資格〉
(1)原則、所属チームの選手を出場させる。ただし、選手が不足する場合は合同チームを認める。
(2)スポーツ保険に加入している者。

〈チーム編成〉
(1)参加区分は次の通りとする。 
低学年(1,2年生)の部、中学年(3,4年生)の部、高学年(5,6年生)の部、中学生(男子1,2年生)の部
(2)それぞれ監督1名、選手4名(選手3名、補欠1名)で編成する。
(3)下位学年からの繰り上げは認める。
(4)配列は学年の低い順および体重の軽い者から先鋒に配置する。中学生は学年に関係なく体重の軽い者から先鋒に配置する。

〈試合方法・メンバー変更〉
要項をご確認ください

〈申込方法〉
(1) 申込方法は「学校法人大多和学園 開星中学校・高等学校」のホームページ( http://www.kaisei.matsue.shimane.jp/ )から大会関係書類をダウンロードし、必要事項を入力し下記の大会事務局宛に申し込むこと。

(2) 申込期限 平成30年11月16日(金)必着(e-mail、郵送、FAXのいずれかにて申し込む)
※e-mailでの申し込みにご協力をお願いします。

(3) 申込先及び問合せ先
≪大会事務局≫
〒690-0017 島根県松江市西津田9-11-1 
開星中学校・高等学校内 開尚スターカップ事務局
砂流 潤一(すながれ じゅんいち)
TEL 0852-21-4915 
FAX 0852-21-9118  
e-mail kaisei.judo@gmail.com

〈参加費〉
参加者1名につき500円 (参加費については、試合当日の受付にて支払うこと)

詳しくは要項をご覧ください。

 投稿日時: 2018/09/05 (1511 ヒット)
9月29日(土)10:30〜12:00、本校を会場に親学講演会を開催いたします。
講師に佐古利南氏(元岩国市教育委員会教育委員長)をお迎えし、子供に伝えたい「苦難」の意味〜明治人の気骨に学ぶ成長への道〜と題してご講演頂きます。
保護者の方のみならず一般の方のご参加も可能です。
ぜひご参加ください。

申し込み方法
・FAX 0852-21-9118(氏名とFAX番号をお書きください)
・Mail kaisei@kaisei.matsue.shimane.jp(氏名をお書きください)

画像をクリックするとチラシ(PDF)がダウンロードできます↓


 投稿日時: 2018/08/21 (1063 ヒット)
公開研究授業のご案内

本校は今年度「対話を生む授業づくり〜多面的な思考と安心安全な場づくり〜」という研究テーマを設定し、生徒の主体的な学びを促す授業開発を目指しているところです。その取組みを公開し更なる研鑚を積むために「開星中学校・高等学校公開教育研究会」を開催いたします。つきましては、ご多用中のことと存じますが、多様の先生方にご参会頂きますようご案内申し上げます。

詳細はパンフレットをご覧ください。
パンフレット(PDF)は画像をクリックするとご覧いただけます




【テーマ】
対話を生む授業づくり〜多面的な思考と安心安全な場づくり〜

【会場】
開星中学校・高等学校
〒690-0017 松江市西津田9−11−1
TEL 0852-21-4915

【開催日時】
2018年10月22日(月)
10:20〜10:50 受付
11:00〜11:50 研究授業
11:50〜12:40 昼食休憩
12:40〜13:40 研究協議
14:00〜15:30 講演会

【記念講演】
講師 山田剛史(京都大学高等教育研究開発推進センター・准教授)
演題 「主体的・対話的で深い学び(アクティブラーニング)をいかに実現するか」

【お申込み方法】
次のいずれかの方法でお申込みください。

1.参加申込書にご記入頂き、FAXかメールにて送信していただく。
参加申込書(word)
FAX:0852-21-9118
mail:katsube@kaisei.matsue.shimane.jp

2.申し込みフォームに記入していただく。
申込フォーム  

担当:研究開発部長 勝部希望子

 投稿日時: 2018/07/28 (298 ヒット)
小学生対象開星サマーチャレンジ3日目はRubyプログラミング教室を開催しました。


小学生でも簡単にできるプログラミングのスモウルビーを使ってゲーム作りです。


Rubyとは松江市出身のまつもとゆきひろ氏により開発されたプログラミングです。


本校自然科学部員も手伝ってくれました。


基礎から学びます。


そしてゲーム作り。


自分だけのオリジナルゲームを作りました。


プログラミングの仕組みを学ぶとともに、ものづくりの楽しさも学んでいただけたようです。
参加してくれた小学生のみなさん、ありがとうございました。

 投稿日時: 2018/07/27 (290 ヒット)
昨日に引き続き小学生対象の開星サマーチャレンジを開催しました。


チャレンジイングリッシュビレッジ。


ミッションを達成してアイテムをゲット!


今日も島根大学の留学生にご協力頂きました。


チャレンジサイエンス。エッグドロップ大会。
本校の自然科学部員も参加しました。


小学生と自然科学部員とペアで作製。
どんな作品にするか考え中。


順調に作業が進んでいます。
息ぴったり。


高校生チーム。
小学生には負けないぞ。


協力して作業を進めます。
大会が楽しみ。


中学生チーム。
落下のお試し中。
タマゴが割れてる、、、。


エッグドロップ大会とは、高い場所から落としても中に入れた生タマゴが割れない紙の工作物を作り競い合う大会です。
この工作物の中に卵が入ってます。


きれいにまっすぐ落ちることも大切なことです。
この作品ではタマゴが割れませんでした。すごい!!


タマゴが転がってる...
科学的な学びがある活動に加え、小学生と本校生徒の交流の場となり、とても楽しい活動となりました。
小学生のみなさん、ご参加ありがとうございました。

(1) 2 3 4 ... 12 »