ニュース&トピックス

 投稿日時: 2020/02/13 (754 ヒット)
2月10日(月)島根大学の学生にご来校頂き、授業大学を開講して頂きました。
この授業は、高校生が大学生と関わることによって、「高校生が進路について考えるきっかけ」を得て、「大学に関心を持ち、自分の卒業後に思いをはせる」ことが目的。年齢が離れすぎず、高校生より一歩先を生きる大学生だからこそ伝えられることや受け取ることができることを活かして作り上げる授業です。

高校生が大学生をロールモデルにして大学進学の経験や大学での研究とはどのようなものなのか話を聞きました。大学生からのプレゼンだけでなく、高校生からの質問もたくさんありとても有意義な活動となりました。








 投稿日時: 2019/10/28 (489 ヒット)
第52回高校書道展 結果報告

B部門 遠藤惇(松江二中出身) 最優秀賞 受賞
  

 投稿日時: 2019/09/11 (459 ヒット)
高校音楽コンクール 結果報告

9月10日(火)に島根県民会館にて、高校音楽コンクールが行われました。個人の演奏によるコンクールで、ピアノ・木管・金管・声楽・弦楽部門があります。
結果は以下の通りです。

松場 樂(松江三中出身)【木管・Sax】 銀賞
山根 優樹(八雲中出身)【金管・Tub】 金賞
安部 夏海(松江三中出身)【木管・Cl】  銀賞 
 ※伴奏 岩谷 陽奈(松江二中出身)【Pf】

 投稿日時: 2019/07/23 (511 ヒット)
7月17日(水)
2回戦 対大田高校 8−0で勝利

7月22日(月)
3回戦 対松江農林 9−2で勝利

準々決勝
24日(水)10時から 浜田高校と対戦

応援よろしくお願いします。

 投稿日時: 2019/06/05 (369 ヒット)
本校にて山陰中央新報社・公益財団法人一ツ橋文芸教育振興会主催、文部科学省・島根県教育委員会・集英社後援による「高校生のための文化講演会」が開催されました。
この講演会は昭和41年から始まり、今年で54年目。年間全国で約80カ所の高校で講演会を開催されるそうです。

今回は高校3年生キャリアデザインコースの生徒を対象に、作家・エッセイストの横森里香先生を講師に「自分を知る文章修行」と題してご講演頂きました。

最近はSNSで短い文章に慣れてしまい、長い文章を書くことがむずかしいのではないでしょうか。文章は自分を表現できるツール。また文章を書くことで心の整理をすることができる。文章修行は人生修行。どんどん文章を書いて自分を知り、本音で書ける文章をかけるようになってくださいとメッセージを頂きました。

また集英社様から図書の寄贈をして頂きました。
大切に活用させて頂きます。ありがとうございました。








 投稿日時: 2019/05/22 (428 ヒット)
21日(火)中高連絡会を行いました。
出身中学校の先生に本校にお越し頂き、高校1年生の近況報告を行いました。


学校生活や部活動・三瓶研修や中間試験など入学して1カ月の様子を報告。


約2か月ぶりの中学校の先生との再会で、話が盛り上がっていたようです。

 投稿日時: 2019/04/26 (596 ヒット)
4月23日(火)〜25日(木)、高校2年生中高一貫・特別進学コースが関東研修を、高校2年生キャリアデザインコースが関西研修を実施しました。

両研修とも進路探究活動の一環。
大学や専門学校や企業や施設などを訪問し、進路意識を高めました。


関東研修。麗澤大学を訪問。


東京国立博物館へ。


グループ別大学訪問研修。
このグループは早稲田大学を訪問。


都内企業訪問。
パナソニックセンター東京へ。


東京ディズニーリゾート。


関西研修。
宝塚大劇場宙組公演鑑賞。


大学・専門学校・企業見学。


上級学校や職業への理解を深めました。


関西在住の卒業生との交流会。


グループに分かれ万博公園とエキスポシティまたはUSJへ。


進路探究活動の一環ですが、団体行動での学びもあったと思います。とても有意義な研修となりました。

 投稿日時: 2019/04/26 (558 ヒット)
4月23日(火)〜24日(水)に高校1年生三瓶研修を実施しました。

この三瓶研修は、
1.集団生活を通じクラスや学年の連帯意識を高め、親睦を深める。
2.自主的な行動と自分の意見が発表でき、他人の意見も聞く習慣を身につける。
3.時間厳守の習慣を身に付ける。
以上のことを目的に毎年高校1年生4月に実施しています。


SAP(さんべアドベンチャープログラム)。


とても盛り上がりました。


カプラ。


熱中しちゃいました。


クラス対抗合唱コンクール。


各クラス創意工夫で楽しかったです。


野外炊飯でカレー作り。


つつも(つくる力・つながる力・もちこたえる力)で頑張りました。


おいしくいただきました。

開星高校に入学して2週間。まだまだ慣れない部分もあったとおもいますが、この研修でクラスメイトや学年の連帯感が出来たのはないでしょうか。

 投稿日時: 2019/03/18 (627 ヒット)
3月6日〜14日(8泊9日)、高校1・2年生の希望者を対象にアメリカ研修を実施しました。

アメリカ研修の目的と成果は、
本校の生活信条の一つに、「国民として国際人として信頼される人となります」とあります。その取り組みの1つとして、海外研修を行っています。
英語力が身につくことはもちろんですが、国際人としての素養を磨くこともできます。何よりも、一人一家庭でホームステイする経験により、自立心が育ち、新しい自分の可能性を見つけることができます。また海外から日本を見つめることにより、日本の良さを再発見することになります。

研修する地域はアメリカ西海岸のカリフォルニア州北部のグラスバレー地区。ホームスティと姉妹校のベアリバー高校で英語研修を行いました。

この様子はKAISEIブログでも後日紹介します。



















 投稿日時: 2019/03/01 (1169 ヒット)
本日平成30年度開星高等学校卒業証書授与式を行いました。


この学び舎ともお別れですね。


多くのご来賓・保護者の方々にご臨席頂き、ありがとうございました。


卒業証書授与 代表 頼田君


賞状授与 皆勤賞 代表 安部さん


特別皆勤賞(開星中学校から6カ年の皆勤) 竹本さん


特別皆勤賞 福田さん


校長式辞
「烈士の暮年、壮心已まず」
この言葉は、「志のある人は、年をとっても大志を持ち続けて努力する」という意味です。年を重ねても、志を持ち続けて努力する人生を歩んでください。志の中身は、一人ひとり違ってもかまいません。新しい時代をよりよい時代にしようと思いが根底にあれば、どれも立派な志です。
※式辞の全文はKAISEIブログに掲載。


在校生代表送辞 生徒会長 小田さん
卒業生へ贈るメッセージ「夢に向かって!輝け平成最後の卒業生!〜You can do it.〜」


卒業生代表答辞 代表 小草さん
在校生へ贈るメッセージ「開星 NEXT PAGE〜新時代を照らす光となれ〜」


仲間とも別れてしまいますが、それぞれの道で夢に向かって頑張ってください。


私たちはいつまでも応援しています。

(1) 2 3 4 ... 18 »