ニュース&トピックス

全般 : 一学期終業式と留学生激励会
 投稿日時: 2012/07/20 (1287 ヒット)
7月20日金曜日、一学期の終業式が行われました。
(本年度より、本校は三学期制になりました。)

校長講話の中で本年度のテーマ
「一事徹底 規律ある朝礼 完璧実践」
についてお話していただきました。

※本校では「建学の精神」を具現化するために、年度ごとにテーマを決めて具体的な行動の指針にしています。


一つのことを徹底して行うことで質を高めることができます。一日の始まりである朝礼の質を高めることで、本校の質を高めてきました。

明日からは夏休みに入り、今までのような朝礼はできません。ぜひ、この夏休みに徹底して取り組める何かを見つけて下さい。

そして規律のある夏休みを作り上げて下さい。規律ある状態は、公共性を育てます。公共性を身につけた人となれるように、一日一日を大切に過ごしましょう。



そしてこの夏から留学をする4名の生徒の激励会を行いました。
(4名の生徒を一度に送り出すのは初めてのことです)

現在3名の生徒が留学中です。これで合計7名の生徒が留学することになります。


校長先生に紹介していただいた後、力強く決意表明を行なってくれました。

高校1年生の若林さんは、AFS年間派遣プログラムにより8月から10ヶ月間、フィンランドに留学します。フィンランド語とフィンランド文化に対する熱意を語ってくれました。

同じく高校1年生の福田さんは8月から来年の7月まで、ロシアへバレエ留学を行います。ロシアへのバレエ留学は全国から3名ということです。

高校2年生の土江さんは、AFS年間派遣プログラムにより1年間アメリカに留学します。アメリカで、英語を身につけることはもちろん、様々な国の人と交流したいという決意を語ってくれました。

同じく高校2年生の藤原さんも、AFS年間派遣プログラムにより1年間のアメリカ留学に行きます。アメリカの文化を学ぶことはもちろん、自分自身を成長させるためにいろいろなことに挑戦してきますと話してくれました。

4人の健闘を祈ります。
がんばって。

全校生徒のみなさんもこの夏、部活動に勉強に、頑張ってください。